もう失敗しらず!「温度加減」で調理するテンプパンがビタクラフトから新発売

もう失敗しらず!「温度加減」で調理するテンプパンがビタクラフトから新発売

おいしい料理を作るための火加減って難しいですよね。多くの人が経験したことがあるであろう火加減の失敗を防ぎ、「温度加減」による新しい調理を提案する新商品『テンプパン』が、ビタクラフトジャパン株式会社より発売されました。今回は、調理を劇的に変化させる『テンプパン』のすごさと魅力をたっぷりとご紹介します。

おいしい料理には、理由がある

ハンバーグの肉汁が逃げない、ベストな温度って知っていますか?
卵は何度で固まり始めるか、知っていますか?

食材や料理には、それぞれ調理に適した理想的な温度があります。シンプルな調理ほど、「調理温度の管理」が重要になりますが、料理や素材による「おいしくなる温度」を知っているという人は意外と少ないのではないでしょうか。
長年の経験でおいしく仕上げるタイミングやコツがわかる人もいますが、火加減によって加熱調理で失敗してしまったという経験を持つ方も多いはず。私も、肉を焼きすぎて固くなってしまったり、野菜を炒めすぎてしんなりさせてしまった経験があります……。

温度が見えるフライパン『ビタクラフト テンプパン』が新登場

火加減から「温度加減」へ。

「火加減」は、「強火」「中火」「弱火」の感覚が調理する人ひとりひとりによって違います。だからこそ、レシピに「中火で」と書いてあっても、仕上がりが理想と違ってしまうというような結果になってしまうこともありますよね。

ビタクラフトが行った調査では、ベテランの主婦が多いと推測される40~50代の女性ですら、7割以上が火加減による失敗経験があると回答したそう。それもそのはず、料理や食材によって「おいしくなる温度」は80℃~210℃までと100℃以上の幅があるんだそうです。

そこで、今回発売された「ビタクラフト テンプパン」では、誰でも簡単に温度調理ができるようになりました。
感覚と経験に頼っていた火加減ではなく、素材や調理にあった温度を見ながら確認できる「温度加減」を採用。「温度の見える化」が調理を劇的に変化させ、料理初心者はもちろん、料理上級者も調理スキルのレベルアップが図れます。

ここがすごいぞ、テンプパン

「温度の見える化」って何?! 
どうやって温度を加減するの?

そんなみなさんの疑問にお答えすべく、テンプパンの特長をご紹介します!

【1】調理温度が目でみてわかる!

フライパンのハンドル部分の表示パネルに、調理面に内蔵された温度センサーで計測した1℃刻みの調理温度がリアルタイムで表示されます。こちらはなんと特許技術! 調理の失敗が防げるほか、不要な高温調理によるフライパンの痛みを軽減します。

【2】感覚論の「火加減」から絶対的な「温度加減」へ。失敗の心配なし。

家庭料理での失敗の原因は約70%が失敗している火加減。テンプパンなら温度で管理できるから、失敗を防げて安心です!

【3】「食感」も思いのまま! 適材適温の法則!

食材に合った適温で調理することで、「サクッ」「ふわっ」と理想の食感に仕上げ、あの日のおいしさを何度も再現できます。

【4】温度が見えるから、コーティングが長持ち! 高温警告表示(240℃以上)もついて安心。

実はフライパンのフッ素樹脂コーティングの劣化原因は、高温での調理。一般的なフッ素樹脂コーティングの耐熱温度は260℃前後のため、それ以上の高温調理やうっかりの空だきを繰り返すことで劣化してしまいます。テンプパンなら調理温度を数字で確認できるから、調理に不必要な高温を使用しなければコーティングが長持ちします。

【5】「焼く」「炒める」だけでなく「煮る」「ゆでる」もテンプパンで。

テンプパンが得意なのは、温度を必要とする調理。つまり「焼く」「炒める」はもちろん、「煮る」「ゆでる」まで、毎日・毎食の調理にテンプパンが大活躍します。

【6】耐摩耗テスト200万回をクリアした高い耐摩耗性。

耐久性の高いマジックコート加工を採用。焦げつきにくく、お手入れも簡単です。

おいしさの秘密は、温度にありました

こんがりおいしく焼けたステーキやとろとろのオムレツ……。おいしさは調理温度によって引き出されるからこそ、フライパンひとつでできるシンプルな料理ほど仕上がりに差があらわれます。
絶対的な指標の温度で調理できるテンプパンを使って「おいしい温度」がわかれば、あなたの料理のレパートリーもどんどん広がるかもしれませんね。

商品に関する詳細は、ぜひテンプパンの公式サイトにてチェックしてみてください!
テンプパンを使ったおすすめ料理のレシピや動画も公開中です。

テンプパン公式サイト|ビタクラフト
ビタクラフトオンラインショップ 公式通販サイト
フライパン 新商品 キッチンアイテム
記事に関するお問い合わせ