秋刀魚、きのこ、根菜たっぷり秋ごはん…食欲の秋を楽しみましょう

秋刀魚、きのこ、根菜たっぷり秋ごはん…食欲の秋を楽しみましょう

こんにちは。まだまだ暑い日が続いていますが、スーパーにはもう秋の食材がたくさん並んでいますね。我が家の食卓も少しずつ秋めいてきました。今回はいも類やきのこ類、根菜類など秋の食材を使った簡単に出来るおすすめの秋ごはんをご紹介します。

旬の食材は美味しいだけではなく、栄養もたっぷり

夏の疲れを取ってくれる野菜だったり冬に向けて体を温めてくれる根菜類などそれぞれ旬の食材にはその季節に合った役割があります。積極的に旬を取り入れたいですね。
簡単にできて家族が喜ぶごはんを紹介します。

秋刀魚の竜田揚げ

秋の食材と言えばまず最初に思い浮かぶ秋刀魚。秋刀魚を使って竜田揚げにしました。旬の秋刀魚は脂がのって美味しいですね。
竜田揚げにすると子ども達も食べやすかったいみたいでたくさん食べてくれました。

作り方

1.秋刀魚3尾を3枚下ろしにして食べやすい大きさにカットする。
2.バットに秋刀魚と醤油大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1、おろし生姜適量を入れ、20分程置く。
3.水気を拭き、片栗粉をまぶして揚げたらすだちを添えて完成!

舞茸の炊き込みご飯

やはり秋と言ったら、きのこも忘れてはいけませんね!舞茸には、カリウム、亜鉛、ビタミンD、ナイアシン、食物繊維、多糖類(β-グルカン)など多種にわたる栄養成分が含まれています。ダイエット、免疫力アップに効果的です。

作り方

1.お米3合を水500㏄に1時間浸す。
2.醤油大さじ3、酒大さじ2、だし小さじ1を入れて軽く混ぜる。
3.舞茸1パック、適当な大きさに切ったにんじん1本と油揚げ2枚をのせる。
4.中火で火にかけ沸騰したら蓋をして弱火で10分、火を消して10分蒸らして完成!
(ストウブ22㎝を使用)

さつまいもとれんこんとかぼちゃのグラタン

根菜をたっぷり使ったメニュー。さつまいもとれんこんとかぼちゃのグラタンは琺瑯バットを使いました。バットに具材を入れたら直火で炒めてそのままオーブンへ。食卓にもそのまま出します。

作り方

1.さつまいも、れんこん、かぼちゃは一口大に切る。
2.かぼちゃは2分、さつまいもとれんこんは水に浸してから3分レンジでチンする。
3.琺瑯バットにバター30グラム、カットした玉ねぎを入れて弱火で焦がさないように炒める。
4.軽く火が通ったら小麦粉大さじ3をいれて粉っぽさがなくなったら牛乳400cc、コンソメ小さじ1を入れとろみがつくまでよく混ぜる。
5.チーズを乗せて230℃に余熱したオーブンで20分焼いて完成!
マカロニやベーコンを入れても美味しいです。

(おまけ)いちじくの天ぷら

デザートにはいちじくの天ぷらを。
初めて作ってみましたが、サクッと中はとろとろで癖になる美味しさでした。
子ども達はそのままがよかったみたいです…

秋がたっぷり詰まった食卓の完成です。
このほかにも、栗ご飯や、さつまいものスイーツ、秋鮭や贅沢に松茸を使った料理もいいですね。恐るべし食欲の秋・・・
毎日一品でも秋の食材を取り入れていきたいです。
最後に、にんじんで作ったもみじの飾り切りの工程を画像にまとめてみました。

にんじんのもみじをひとつ添えるだけでもグッと秋らしくなりますよ。
是非試してみてください。

インスタグラム @hitomi_kawakami
いちじく かぼちゃ さつまいも 秋刀魚 きのこ れんこん
内容を編集部に報告する