まるで、飲む桜餅。春限定のクラフトビール「サンクトガーレン さくら」で乾杯!

まるで、飲む桜餅。春限定のクラフトビール「サンクトガーレン さくら」で乾杯!

サンクトガーレンから2018年2月22日(木)に"天下第一の桜"と称される長野県伊那市高遠の桜の花と葉を副原料に使ったビール「サンクトガーレン さくら」4月初旬までの季節限定で発売されます。ほんのり桜餅風味で、ホワイトデーギフトや、お花見シーズンにぴったりのビールですよ。

長野県伊那市高遠の桜の花と葉を使ったビール「サンクトガーレン さくら」

神奈川県厚木市の地ビールメーカー、サンクトガーレン有限会社は2018年2月22日(木)より、"天下第一の桜"と称される長野県伊那市高遠の桜の花と葉を使ったビール「サンクトガーレン さくら」を4月初旬までの季節限定で発売します。

通常、ビールは大麦麦芽でつくりますが、このビールは小麦麦芽を併せて使用。そのため柔らかい口当たり。ビールの苦味のもとになるホップの量は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付けをしました。桜茶などにも使われる食用の八重桜を1回の仕込み(2340L)に60kg使用しています。

商品概要

【商品名】サンクトガーレン さくら
【アルコール】5%
【容量】330ml
【価格】463円(税込)
【原材料】麦芽、ホップ、桜
※香料は一切使用しておりません

※2018年2月22日の発売時点では日本の酒税法で花がビールの副原料として認められていないため、発泡酒表記となります。
2018年4月の酒税法改正で花がビールの副原料として追加されるため、以降はビール表記へと変更になります。

桜の花よりも葉の使い方にポイント

サンクトガーレンが秋冬限定で販売している焼リンゴビール「アップルシナモンエール」は、長野県伊那市のりんごを使用しています。
その縁で、同市のもう1つの名物である高遠の桜を使ったビールを開発してほしい、と伊那市長の要望があり2011年より工場で試作を開始。
高遠の桜は「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれるなど全国的にも有名です。

手探り状態で試作を続ける中、ヒントになったのは桜の飲むお酢だったのだそう。しっかりお酢なのに、しっかり桜風味。
これは面白いと思い、開発者の方にお会いして桜の使い方のアドバイスを頂く中で、桜特有の香り成分は花よりも葉のほうが多く含まれていると伺い、そこからヒントを得て納得の味の実現に成功しました。

サンクトガーレン

サンクトガーレン さくら【春限定】

内容量 330ml×3

2,040円

購入はこちら

お花見ビールは「サンクトガーレン さくら」で決まり

お花見シーズンの乾杯ビールにはもちろん、桜の花が描かれた華やかなパッケージは、ホワイトデーギフトにもぴったり!
ココロが踊るこのシーズン、サンクトガーレン さくらが楽しいひとときに華を添えます。
ぜひ味わってみてくださいね。

元祖地ビール「サンクトガーレン」公式ホームページ
お取り寄せ ビール ギフト ホワイトデー 花見 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ