春野菜を味わうインナービューティーレシピで体の内側から美しく!

春野菜を味わうインナービューティーレシピで体の内側から美しく!

店頭においしそうな春野菜が並び始めましたね。色合いが良くて柔らかく、栄養満点の春野菜。旬の食材を使った季節感ある料理をおいしく食卓に取り入れて、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。今回は、今しか味わえない旬のおいしさを楽しむ春野菜を使ったインナービューティーレシピをご紹介します。

旬を食べて、四季を楽しむ

日本には四季があり、四季折々の旬食材というものがあります。
旬の食材は、おいしいのはもちろん、その季節に対応するのにふさわしい栄養成分やミネラルが豊富で、身体の中から元気になる栄養分が最も高い状態です。
今回は、そんな旬の食材を使い、体の内側から美しくなれるインナービューティーレシピをご紹介します。

季節の恵みを感じるみずみずしい春野菜

今が旬の春野菜は、寒い冬を乗り越えて育ってきたパワーが溢れるみずみずしい野菜が多く、栄養もぎっしりと詰まっています。私たちの体が冬から春への環境の変化に対応するために必要になる栄養成分をたっぷりと含んでいるので、体の内側からのきれいを目指すにはぜひ取り入れたい食材です。

『To Mayマルチポット』で作る簡単&おいしいインナービューティーレシピ

和平フレイズ株式会社の『To May(トゥーメイ)マルチポット』は、1台で「茹でる・沸かす・炒める・煮る・揚げる・炊く・和える」の7役調理が可能という優れもの。「収納スペースが少ない」「狭いキッチンで料理をするのが大変」というお客様からの声を活かして生まれたそうです。

今回は、このマルチポットの特性を活かして作る和平フレイズさん提案の「季節野菜を使ったインナービューティーレシピ」の中から、春野菜の代表選手である新玉ねぎ、春キャベツ、新じゃがいもをおいしく味わうレシピをピックアップしてご紹介します。

春キャベツ

春玉と呼ばれる春キャベツは、秋に種をまき、春前に収穫します。少し小さめで、葉の巻き具合がふっくらとしているのが特徴で、葉が柔らかくみずみずしさを味わうことができます。通年スーパーで見かける一般的なキャベツは寒玉と呼ばれ、夏に種をまいて秋から冬にかけて収穫したものです。寒い玉は、春キャベツよりも葉肉が厚く、見た目もぎゅっと引き締まっています。

ビタミンACEで健やか肌!ナッツ入りキャベツサラダ

美肌づくりにかかせないビタミンCを含むキャベツ、ビタミンAを含むにんじん、ビタミンEを含むクルミで健やかな肌を目指します。

<材料(2~3人分)>
キャベツ……70g
新玉ねぎ……1/4個
にんじん……25g
ベビーリーフ……10g
クルミ……10g
オリーブオイル……大さじ2
塩……小さじ1/4
レモン汁……小さじ1/2
粉チーズ……適量

<作り方>
1. 材料を用意する
キャベツはざく切りにし、新玉ねぎは薄切りにし、にんじんは千切りにする。ベビーリーフは洗って水気を切る。

2. 材料を用意する
クルミをマルチポットで煎り、一旦取り出して手で砕く。

3. 和える
1をマルチポットに入れ、オリーブオイル、塩、レモン汁を加えて全体を和える。

4. 仕上げ
2と粉チーズを散らして出来上がり。

新玉ねぎ

私たちがよく目にする茶色い皮の玉ねぎは、黄玉ねぎを収穫後に貯蔵し、表面を乾燥させて保存性を高めたもの。一方、新玉ねぎは貯蔵や乾燥をせず、収穫後すぐに出荷される玉ねぎのことです。長期保存には向きませんが、乾燥させていないのでみずみずしくて柔らかく、生でも食べやすく甘みを感じることができます。

キャベツと新玉ねぎのマリネのオープンサンド

ビタミンCが豊富なキャベツと、みずみずしくてやわらかな新玉ねぎを薄くスライスして、鍋の中で和えてマリネに。肌細胞を作るタンパク質のハムとチーズをのせたオープンサンド!

<材料(2~3人分>
キャベツ……70g
新玉ねぎ……1/4個
バケット(1.5㎝厚にスライス)……6枚
オリーブオイル……適量
生ハム……6枚
カマンベールチーズ……25g
【A】オリーブオイル……大さじ2
【A】ワインビネガー……小さじ2
【A】塩……小さじ1/4
【A】ブラックペッパー……少々
イタリアンパセリ……適量

<作り方>
1. 材料を用意する
キャベツは2cm程度の角切りにし、新玉ねぎは薄切りにする。

2. 焼く
マルチポットにオリーブオイルを入れて中火にかけ、バケットを両面焦げ目が付くまで焼いて取り出す。

3. 混ぜる
粗熱が取れたマルチポットに【A】を入れて混ぜ合わせ、1を和えて10分程度置く。

4. 仕上げ
2のバケットにカマンベールチーズを手でちぎりながら乗せ、3と生ハムを乗せる。イタリアンパセリを乗せて出来上がり。

新じゃがいも

通年で売られているじゃがいもは、収穫後に貯蔵されて出荷されていますが、新じゃがいもは春に収穫して新鮮なうちに出荷されます。出回るのは、2月~6月頃。皮が薄くてみずみずしく甘みがあるので、皮ごとおいしく食べることができます。

春色炊き込みごはん

じゃがいもに含まれるビタミンCは、でんぷんに包まれているため、加熱調理しても壊れにくいのが特徴です。

<材料(2~3人分)>
新じゃがいも……1個
菜の花……50g
桜えび……5g
米……1合
卵……1個
サラダ油……適量
砂糖……少々
塩……少々
だし汁……200ml
薄口しょうゆ……小さじ2
酒……小さじ1

<作り方>
1. 材料を用意する
米は洗って30分以上水(分量外)に浸けて水気を切る。

2. 材料を用意する
新じゃがいもは皮をむき1.5㎝程度の角切りにする。

3. 材料を用意する
マルチポットに湯(分量外)を沸かし塩を入れて菜の花を湯がき、水気を切って1cm程度の長さに切る。

4. 炒める
卵は砂糖、塩を入れて混ぜ合わせる。マルチポットにサラダ油を入れて中火にかけ、卵を炒め一旦取り出す。

5. 炊く
マルチポットを洗って水気を拭き、米、新じゃがいも、だし汁、薄口しょうゆ、酒を入れて軽く混ぜ合わせ、桜えびを加え、蓋をする。

6. 炊く
中火にかけ、沸騰したら弱火で加熱する。(Mサイズの場合弱火で10分程度、Lサイズの場合弱火で12分程度)

7. 仕上げ
10分程度蒸らし、菜の花と3の卵を盛り付けて出来上がり。

春野菜料理づくりに大活躍の「To Mayマルチポット」

今回ご紹介したレシピで使われているマルチポットは、料理を頑張りたい働く女性を応援する「To May」シリーズから、この春新登場したアイテムです。
働く女性にとって、毎日料理を頑張るのは大変なことですが、忙しくても料理を作りたい、決して料理上手と言えないけど、頑張りたい気持ちがある。そんな女性の背中を押してくれるアイテムです。

マルチポット | 和平フレイズ株式会社

和平フレイズさんのWEBサイトでは、季節の野菜を使ったインナービューティーレシピを提案しています。インナービューティーとは「体の内側からきれいになる」こと。食べる事で女性により一層美しくなってほしいという願いを込めてレシピを開発したそうです。

春だけではなく、夏秋冬が旬の野菜を使ったレシピも紹介されていて、レシピは随時更新予定! 献立に困った際も、季節の旬野菜を味わうことができる簡単&美味しいレシピが揃っています。

ToMayのレシピ | 和平フレイズ株式会社

旬の食材で、食卓をたのしく、おいしく彩ろう

今回は野菜をピックアックしましたが、春は他にもおいしい食材がたくさん! 最もおいしく味わえる旬の時期に上手においしく食卓に取り入れ、おうちごはんで四季を感じてみてはいかがでしょうか。

関連記事:

【Vol.1】和平フレイズ直伝!鉄のフライパンの正しいお手入れ方法、知ってる?
7つの調理がこれ1台!「マルチポット」なら散らかりがちなキッチンがスッキリ!
【Vol.2】和平フレイズ直伝!内面加工素材の正しいお手入れ方法とは?
野菜 キッチングッズ じゃがいも キャベツ 玉ねぎ 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ