出典 : @tomoky_take お財布に優しくてアレンジ豊富!夏はスパイシーでオイシーひき肉料理が食べたい

お財布に優しくてアレンジ豊富!夏はスパイシーでオイシーひき肉料理が食べたい

お財布に優しくて、メインとしても脇役としても大活躍してくれるひき肉。ハンバーグやピーマンの肉詰めあたりが定番だけど、これからの季節はちょっとスパイスを効かせたひき肉料理が食べたくなりませんか?その食欲をそそる香りと見た目に、あまり食欲がない時でもモリモリ食べられて、ビールがギュンギュン進んじゃうこと請け合いです!

夏に食べたいひき肉料理を集めました!

さまざまな料理に使えて手ごろな価格で手に入るひき肉。みなさんはどんな風に使っていますか? なかには、使い切れなくて困っているという方もいるかもしれませんね。

ひき肉は酸素に触れる面積が大きく、傷みやすいので、購入したらすぐ使いたいところ。保存する場合は、1回に使う量をなるべく薄くしてラップなどでぴったり包み、それをジッパー付きのビニールバッグに入れて冷凍保存するといいそう。それでも、なるべく早めに使った方が安心です。

もし、何を作ろうか迷ったら、食欲が減退しがちなこれからの季節は、スパイスを効かせた料理が断然おすすめ! 見ているだけで食欲がわいてくる、ひき肉料理をピックアップしてご紹介します。

夏野菜を使ったドライカレー

ひき肉とみじん切りにした野菜を炒め、カレー粉などで風味をつけた「ドライカレー」。@masayo_san さんのドライカレーに使われているのは、牛ひき肉と旬のフレッシュトマト。これをとうもろこしごはんの上にかけ、たっぷりの薬味と卵黄を混ぜていただきます。
フレッシュトマトを使うとトマト缶で作るよりもあっさりめに仕上がるそう。スパイシーなカレーと甘みのあるとうもろこしごはんの組み合わせ、ぜひためしてみたいですね。

鶏むね肉のヘルシーなタコライス

沖縄のソウルフードの1つ、「タコライス」も夏になると食べたくなるメニュー。
使うひき肉は、牛でも豚でも合挽きでもいいのですが、@sumikumasumi さんは鶏むね肉のミンチをチョイス。そこに大豆、豆腐、セロリを加えて炒めています。レタスをしいたごはんの上にのせたら、トマトと味玉をトッピングして完成。おいしそうな上、ヘルシーで栄養満点なのがうれしいですね。レシピは@sumikumasumi さんのブログに掲載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ほぼ10分レシピ ─簡単だけど、ウマいが1番。─

カレーに入れても♪スパイシーミートボール

@mlo_akn88 さんは、日本テレビ「ZIP!」のコーナー「MOCO'Sキッチン」で紹介されていたスパイシーミートボールをアレンジ。番組ではカレーに仕上げていましたが、こちらはトマトで煮込んでいます。味付けはケチャップ少々とチリパウダーやガラムマサラなど香辛料がたっぷり入っているそう。カレーに入れるのもいいですが、こちらの食べ方もおいしそうですね!

ピリ辛の肉味噌がクセになる汁なし坦々麺

暑くなると、ごはんよりも喉越しの良し麺料理の方が食べたくなるという方もいますよね。そんな時、冷やし中華もいいけれど、パンチの効いた「汁なし坦々麺」はいかが?

@hiro71111 さんの「汁なし坦々麺」は、甜麺醤、練りごま、豆板醤などで味付けたピリ辛の肉味噌がたっぷり。とろ~り卵と絡めて味わえば、あまりのおいしさに食べる手が止まらなくなってしまうはず!

ごはんもビールも進む♪豪快な麻婆豆腐

ひき肉料理と聞いて、麻婆豆腐を思い浮かべる方も多いのでは? 豆腐とひき肉といえば、相性抜群の名コンビですよね。
@kida20110321 さんの麻婆豆腐は、お豆腐一丁をそのままドーンと使った豪快なスタイルで、その名も「豆腐一丁麻婆」。お箸で崩しながら食べる麻婆豆腐も新鮮ですよね。ひき肉は一度湯がいてから絡めているそうですよ。真っ赤なソースが食欲をそそり、ごはんもビールも進んじゃうこと間違いなしですね!

異国の香りただよう、スパイス餃子

ビールに合うひき肉料理といえばやっぱり餃子! お肉のうまみが皮の中にギュッと詰まったアツアツの餃子をハフハフしながら頬張り、冷たいビールをぐいっと飲む。ビール党の私としては「最後の晩餐はこれがいい!」というぐらい、大好きな組み合わせです。

@tomoky_take さんの「スパイス餃子」は、鶏ひき肉に刻んだ春菊、塩、クミン、コリアンダー、ガラムマサラを加えた異国の香りただよう一品。スパイスが効いているので、何もつけずこのままで十分なのだとか。@tomoky_take さんいわく、ビールにぴったり過ぎる味わいだそうですよ。ぜひ、たしかめてみたいですね♪

パーティーメニューにもぴったりなタコス

メキシコを代表する料理「タコス」にもひき肉は欠かせません。お肉の種類は、牛でも鶏でも豚でも何でもOK。@tomoky_take さんは合挽き肉を使い、チリパウダー系のスパイスとともに炒めています。そして軽く温めたトルティーヤの上に、紫玉ねぎのスライスや角切りのトマト、パプリカ、アボカド、チーズなどをお好みで盛り付ければ出来上がり。手巻き寿司感覚で作れるので、ホームパーティーのメニューにもぴったりですね。

山盛りパクチーが決め手のヤムウンセン

「ヤムウンセン」はタイ語で、ヤムは和える、ウンセンは春雨という意味のタイ風春雨サラダ。具はお好みのものでOKで、ナンプラーなどのタレと和えたら完成です。
@nobinobita0610 さんの「ヤムウンセン」は合挽き肉を使っていて、新玉ねぎとパクチーがたっぷり。とっても簡単な上、ヘルシーなので、気軽に作りたいですね。

お弁当にもぴったりなガパオライス

ひき肉と野菜のバジル炒めをごはんにのせたタイ料理「ガパオライス」。それだけで十分満足度が高く、おかずはあまり要らないので、@haru.tomo42723 さんのようなお弁当にしてもいいですよね。
ひき肉は鶏肉でも豚肉でもOK。ちなみに我が家では両方入れています。また、バジルを大葉に代えたり、ナンプラーの代わりに味噌を使ったりとアレンジも豊富なので、お気に入りの味を探してみてはいかがでしょうか。

モリモリ食べて暑い季節をのりきろう!

我が家では、ひき肉料理は失敗知らずの鉄板メニューで、麻婆豆腐もドライカレーもガパオライスもしょっちゅう作ります。もれなくごはんがモリモリ進むので、これさえ食べていれば夏バテの心配なし! ただ、食べ過ぎて太る可能性はありますが……(苦笑)。
これまでハンバーグしか作っていなかったという方も、ぜひいろいろためしてみてくださいね。

スパイス 肉料理 アジア飯
記事に関するお問い合わせ