「ラクうま」時短料理!簡単・おいしいの秘密はガラスブレンダー『Rico』

「ラクうま」時短料理!簡単・おいしいの秘密はガラスブレンダー『Rico』

調理家電ブランド「récolte(レコルト)」から、耐熱ガラスを採用した進化系のブレンダー『Rico(リコ)』が新登場!コンパクトでかわいい見た目からは想像できないパワフルな出力と機能性で、「ラクうま」な時短調理を叶えます。毎日の食卓を豊かにしてくれる『Rico』の魅力をたっぷりとご紹介します。

調理家電ブランド「récolte(レコルト)」から進化したブレンダー『Rico(リコ)』が新登場!

コンパクトでカラフル、そしてシンプルでスタイリッシュな調理家電ブランド「récolte」から、「ラクうま」な時短料理ができちゃうという進化系のブレンダーが新登場!
耐熱ガラスを使用した温・冷対応のガラスブレンダー『Rico』が、2019年2月20日に発売されました。

『Rico』の魅力を知ると共に、『Rico』を使って作る時短料理レシピが学べる料理イベントに、おうちごはん編集部が取材に行ってきました。

料理研究家・管理栄養士のエダジュンさんを招いてのイベントの様子と共に、たっぷりとご紹介いただいた『Rico』の特長や魅力をレポートしたいと思います!

嬉しい機能が満載!

POINT【1】:耐熱ガラス採用

『Rico』の一番の特長は、アツアツの食材をそのまま撹拌できるということ!
耐熱ガラスを採用しているので、熱湯や熱い食材をそのまま攪拌することができるんです。こちらのガラスは、ビーカーやフラスコと同じ素材で、耐熱温度差はなんと120℃! スープを作るときも温めなおす必要がなく、調理時間も手間も短縮することができます。お鍋でパスタを茹でながら、同時にブレンダーでパスタソースを仕上げることもできちゃうなど、時短調理が可能です。

イベントでも、実際に加熱したアツアツのトマトソースの具材を、お鍋から直接ブレンダーへと注ぎ入れていました。粗熱を取るための時間が不要なので、調理時間がかなり短縮されます。出来上がったソースもまだ温かいので、再度お鍋やフライパンに移して温めなおすと必要もありません!

POINT【2】:パワフル回転

見た目はコンパクトですが、その出力はとってもパワフル。250Wで毎分22,300回転するほどパワフルな出力により、効果的に食材を粉砕することができます。
大きめにカットした野菜を加えたポタージュやスープもなめらかとろとろに。氷や冷凍したフルーツに水分を加えて回せば、あっという間にフローズンドリンクが完成します。

イベントでは、冷凍マンゴーを使った南国スムージーの作り方を実演。凍ったマンゴーもしっかりとなめらかに撹拌されていました。ココナッツの香りとバニラアイスの甘い口当たりで、贅沢な味わいのデザートスムージーに仕上がっていたのですが、作り方は混ぜて撹拌するだけと本当にシンプル。季節のフルーツで試したくなる手軽さとおいしさでした。

POINT【3】:安心設計

アツアツの食材を撹拌するとなると、安全性も気になるところですよね。
『Rico』は、使うときの安全面もしっかりと考えられていますのでご安心を。ロックキャップがフタを本体のハンドル部分にしっかりロックするので、撹拌中にフタがずれたり、外れたりするのを防いでくれます。

実際に私も使ってみましたが、簡単にカチッとロックでき、撹拌中もしっかりとフタが固定されていて安心して使うことができました!

写真ではちょっぴりわかりにくいかもしれませんが、センターキャップの側面には穴がついていて、ここから蒸気圧を逃す設計になっています。これで、アツアツの食材を撹拌するときも安心ですね。

POINT【4】:キッチンに置いておけるサイズ感とデザイン

大きいブレンダーって、機能が優れていても、使うたびに出すのがちょっぴり億劫になってしまったり、収納場所に困ったりしてしまうなんてこともありますよね。

▲サイズは、横幅約16㎝×奥行き約13㎝×高さ約33㎝

そんな方には、『Rico』のコンパクトでお手軽なサイズ感がちょうどいいはず! コンパクトサイズでレトロなデザインもおしゃれなので、キッチンインテリアとして飾っておいてもいいですね。

コードは本体に巻き付けて収納することができます。

ボタンはシンプルに3つのみ。たくさんのボタンがあってどれを押したらいいのか悩んじゃう……なんて心配は必要なし! 食材を入れたら、最初の数回は「PULSE」スイッチを押し、食材が軽く混ざって馴染んできたら「ON」スイッチで撹拌すればOK。わかりやすくシンプルだからこそ、使い勝手がとても良いんです。

使った後のお手入れも、分解できるので簡単。本体とカッターの裏側以外は全て洗えます! 洗いにくいパッキンは、付属のスティックを使うと写真のように簡単に取り外せます。ガラスジャーもにおいがつきにくく、色移りしにくい素材なので、いつでも清潔に使うことができます。

POINT【5】:エダジュンさん監修のオリジナルレシピ付き!

冒頭でもご紹介の通り、今回のイベントには料理研究家・管理栄養士のエダジュンさんが登壇されました! 実は『Rico』には、オリジナルレシピの冊子が付いてくるのですが、このレシピの監修を担当されたのが、エダジュンさんなんです。

冊子に載っているオリジナルレシピは、なんと約30品! スープ、ホットスムージー、ドレッシングやソースなど、すぐに作りたくなるメニューが満載です。
しかも、料理のレシピだけではなく、各メニューごとに食材に関する「栄養メモ」も記載されていて、なるほどがいっぱい! 

イベントでは、この冊子に載っているレシピの中から、にんじんのレモンポタージュ、濃厚ごまドレッシング、トマトソース、マンゴーの南国スムージーの4品を実演で調理してくださったのですが、どれもあっという間に出来上がり、そのお手軽さにびっくり。

特にトマトソースは、加熱時間も短く、材料に少し火を通してブレンダーで撹拌するだけというお手軽さからは想像できないほど、まるでじっくりコトコト煮込んだようなお味でした。恐るべし撹拌力!

ちなみに、おうちごはんでも何度かご登場いただいているエダジュンさんの実演は、忙しい女性たちの気持ちをよくわかっている絶妙な視点でのコツやポイントが盛りだくさん! トークもとても楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

実は、男性料理家さんにレシピの監修をお願いするというのは、récolteさんでは初の試みだったそうなのですが、エダジュンさんのオリジナルレシピは、材料が少なく時短で作れるのにお店のような仕上がりになると大好評だそうです。

『Rico』で毎日の食事をもっと豊かに。

「Rico」というのは、スペイン語で“豊かな”や“おいしい”を意味する言葉だそうです。

少ない工程でできる時短調理は、忙しい現代人の味方になること間違いなし! 温・冷対応のガラスブレンダー『Rico』で「ラクうま」時短料理を作り、毎日の食事をもっと豊かにたのしみましょう!

※商品の詳細は、récolteの公式ホームページにてご確認ください。エダジュンさん監修のオリジナルレシピも公開中です!

Glass Blender Rico(ガラスブレンダー リコ): récolte
Glass Blender Rico レシピ : レシピブック : récolte

イベント情報は、公式Instagramでチェック!

今後もrécolteでは、不定期でクッキングイベントを開催していくそう。最新のイベント情報は、公式のInstagramにて発信されるそうなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

récolte(レコルト) (@recolte_official)| Instagram

関連記事:

【編集部レポ】レコルトの新作「ラクレット&フォンデュメーカー メルト」に注目!
スムージー スープ キッチングッズ レポート 家電 ドレッシング キッチンアイテム 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ