新鮮な魚をおうちで食べよう!誰でも簡単に魚をさばける「サカナイフ」

新鮮な魚をおうちで食べよう!誰でも簡単に魚をさばける「サカナイフ」

野菜でもお肉でも新鮮なものほどおいしいですが、いちばん顕著なのは魚!お刺身でも調理された魚でも鮮度がよいほどおいしいですよね。そのおいしさを味わうにはおうちでさばくのがいちばん。今回は、魚をさばいたことがない人でも簡単にさばける便利なアイテム「サカナイフ」シリーズを紹介します。

魚をきれいにさばきたい!

みなさんは魚、さばけますか?
私はさばく手順は知っているのですが、正直あまりきれいにさばけません(汗)。
骨に身を残さずにきれいに三枚におろし、新鮮なお刺身を夕飯に食べることができたら幸せですよね。
そんな願いを簡単に叶えてくれる道具が開発されました!

貝印が制作を担当!「サカナイフfor kitchen」と「サカナイフNEXT」

その名も「サカナイフfor kitchen」(写真:下)と「サカナイフNEXT」(写真:上)。

「まったく魚をさばいたことがない人」も「普段からよく魚をさばく人」も、誰でも簡単に魚を三枚におろし、おいしく食べられるよう、これまでもクラウドファンディング「Makuake」で2度プロジェクトを達成してきた株式会社TAPPが、このたびさらに進化し多くのニーズに応えた新しいサカナイフを開発しました。

今回のサカナイフは家庭用包丁国内トップシェアの総合刃物メーカー「貝印株式会社」が制作。世界が認めた技術力で、使い勝手を重視したサカナイフシリーズが誕生しました。

誰でも簡単に魚をさばける「サカナイフfor kitchen」

「サカナイフfor kitchen」はまったく魚をさばいたことのない人、魚をさばいたことがあっても上手くいかなかった人が、簡単に魚をさばくことができる「魔法のような包丁」
その特長をご紹介します。

【特長その1】うろこ取りに適した角度

うろことうろこの間に入りやすい角度の形状でうろこを取りやすく、さらにうろこの飛び散りも軽減。

【特長その2】湾曲した刃で魚のヒレやトゲから手を守る

刃が湾曲していることで、魚のヒレやトゲから手を守るだけでなく、力が入りやすくなっています。

【特長その3】トレースラインをつくりやすいJ形状の刃

先端のJ形状の刃で、魚を三枚におろすためのトレースライン(※)を簡単につくることができます。
※トレースラインとは魚を三枚におろすためのアシストで、包丁で切る箇所を誰でも分かるようにする重要なラインです。

【特長その4】硬い骨を切断することができる波刃

のこぎりのような波刃で、硬い骨や魚の頭を強い力をかけずに切断することができます。

【特長その5】骨に身を残しにくいカーブ形状の刃

従来の包丁は面で切るため、骨に身が残りやすくなってしまいます。
「サカナイフfor kitchen」は刃の形状をカーブのかかったR形状にすることで細かな操作が可能になり、骨に身を残さずに三枚おろしができます。

【特長その6】衛生的なステンレス一体型形状

サビに強く、お手入れも簡単、さらに持続性があるステンレスを使用。刃とハンドルが一体型で洗いやすく衛生的です。
ステンレスのマイナスイオンで、魚の臭みを軽減させることができるのも嬉しいですよね。
また、握りやすいハンドルの形状や、左右どちらの手でもフィットするユニバーサルデザインで、誰でも使いやすく開発されました。

スペック

魚、肉、青果すべてに使える万能タイプの「サカナイフNEXT」

「サカナイフNEXT」は魚をさばくこと以外にも使える万能タイプ。「サカナイフfor kitchen」で魚を三枚におろした後の、
【1】皮を引く
【2】サクにする
【3】切り身をつくる

の動作に使用します。
その他、お肉や果物、野菜も切りやすい万能構造です。

また、「サカナイフNEXT」でも三枚おろしができるので、これまでの「サカナイフ」で三枚おろしに慣れた方は、サカナイフNEXT、1本で三枚おろしからそのあとの切り身づくりまで仕上げられます。いままでサカナイフを使っていた方にも、これからの1本としておすすめ。さっそく特長をご紹介します。

【特長その1】厚さ2.5mmの厚肉刃

両刃の包丁ではめずらしい厚肉刃。刃が厚いことでブレることなく、最後まで安定して切ることができます。そのため、指を切るなどのケガもしにくくなります。

切りにくいまるごと1個のキャベツもスパッと切れます。

【特長その2】安全性の高い先端丸型形状

安全面を考慮し先端を丸くすることで、「刺さる」という危険性を軽減。お子様でも安心して調理ができるように配慮されています。

【特長その3】初心者から熟練者まで、扱いやすい大きくカーブがかかった刃

刃の大きめなカーブに沿うように切る力が点で自然につながっていくため、少ない力で切ることができる設計となっています。

そのため、まるでプロが切ったような切り口が再現できます。無駄な力を入れることなくスッと切ることができるので、艶のあるきれいな切り口になります。

【特長その4】抜群の切れ味

貝印の技術力で高い切れ味を実現。野菜などの薄切りもスイスイ切れます。

ハンドルの形状や左右どちらの手でも持つことができるユニバーサルデザインは「サカナイフfor kitchen」と同様です。
「サカナイフNEXT」は万能包丁をより使いやすくし、さらに使う幅が広がりました。

スペック

魚用包丁がオールインワンに!

魚をさばくための魚用包丁にはいろいろな種類があり、魚の大きさや形によって使い分けることが基本ですが、一般家庭で魚をさばくために何種類も用意するのは大変ですよね。
サカナイフは形状や刃の大きさを一つひとつ考え、一気に切るのではなく少しずつ削ぐという手順でさばくので、魚の大小を問わずにさばくことができます。

「サカナイフfor kitchen」と「サカナイフNEXT」があれば、たくさんの包丁を準備しなくても大丈夫です。

新鮮でおいしい魚を食卓に!

魚には、「消化されやすい良質なたんぱく質」「人間の脳の細胞をつくるDHA」「目がよく見える働きや赤ちゃんの脳を育てる働きをもつタウリン」「血管のそうじをしてくれるEPA」など、身体に良い栄養素がたくさんあります。
また、高血圧や成人病の予防にも繫がると言われています。

ですが、最近では食文化の多様性から、家庭で魚を食べる機会が少なくなっており、魚をさばくことができないという人も多くなっているようです。

「サカナイフ」は、元漁師の開発者がそんな人たちに少しでも魚を身近に感じてもらうために、簡単に魚をさばくことができるようになり、魚料理を楽しんでもらいたいという思いで開発をされたのだそう。

切り身は鮮度が落ちるのが早く、食べる直前にさばいた魚とは新鮮さが違います。その新鮮なおいしさを「サカナイフ」で体験しませんか?

Makuake|誰でも簡単に魚をさばける【サカナイフfor kitchen&サカナイフNEXT】|マクアケ - クラウドファンディング

関連記事:

料理上手の第一歩は包丁から!おすすめのブランド包丁4選
秋はやっぱり秋刀魚が食べたい!フライパンで作れる秋刀魚のアレンジレシピ5選
おうちで簡単魚ごはん!万城食品の「さかなごはんシリーズ」
キッチングッズ 魚介 魚料理 キッチンアイテム 包丁 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ