出典 : @t_ammy 甘さがぎゅっ。とうもろこしトーストで、旬をほおばる幸せあさごはん

甘さがぎゅっ。とうもろこしトーストで、旬をほおばる幸せあさごはん

凝縮された甘さが特徴の夏野菜とうもろこし。茹でたり蒸したり、BBQで焼きとうもろこしにしたりと食べ方は様々ですが、今回は、とうもろこしとパン好きにおすすめのとうもろこしトースト(コーントースト)アレンジをご紹介します。朝ごパンやおやつにぴったりのとうもろこしトースト、とうもろこしの食べ方に飽きた時に、ぜひお試しあれ!

とうもろこしには夏にうれしい栄養素が含まれています

米、麦に並ぶ世界三大穀物として知られる夏野菜とうもろこしは、善玉を増やし悪玉コレステロールを減らす働きがあるリノール酸やオレイン酸がたくさん含まれている食材。動脈硬化の予防や改善に効果があるとされています。

また、エネルギーの代謝に関わるビタミンB群を多く含むので、エネルギーの補給に繋がるなど、暑い夏を元気に乗り切るために摂りたい野菜です。

とうもろこしの食べ方に飽きたら「とうもろこしトースト」がおすすめ

初物はやはり、茹でたり蒸したり、シンプルに素材の味を味わう食べ方がベストですが、ワンパターンだと飽きてしまうことも。そんな時におすすめなのが、食パンにとうもろこしをのせた「とうもろこしトースト」です。

カルピスバターがアクセント。こんがり焼き目がそそられる!

食パンの上に、焦げ目が美しいとうもろこしをのせ、更にトップにはカルピスバター!カルピスバターは、パン好きにもファンが多い高級バター。カルピスを作る工程で牛乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分で作られたバターです。

シンプルだけど、おいしさはきっとスペシャルに違いない。とうもろこしをバラさずに重ねていくことで、見た目も特別感が出ますね。

CALPIS

カルピス 特選バター 有塩 450g

本場フランスのバターの味に一番近く、フランス料理の微妙なおいしさを出す隠し味として、プロの料理には欠かせない存在です。
それ故、一流シェフたちは秘伝の味としてこのバターのことを一切口外しませんでした。
この<特撰バター>は、限られた量しか生産されず、そのほとんどが一流レストラン・ホテル・菓子店に廻されました。
そのため、一般用としては、入手が困難で、その希少価値からも“幻のバター”といわれつづけてきました。

2,020円

購入はこちら

とうもろこしを溢れんばかりにトッピング

マヨネーズで和えたとうもろこしをたーっぷりのせたとうもろこしトーストは、とうもろこし好きにはたまりませんね!マヨネーズで和えることで、とうもろこしに照りが出てシズル感がアップ。

好きな具材を組み合わせて食べ応えアップ

とうもろこしだけでなく、ベーコンも一緒にのせれば、食べ応えある満足トーストに。たっぷりのチーズもお忘れなく!ベーコンの塩気ととうもろこしの甘みが相まって、ペロッと食べられそうですね。

きのこ類を追加してより満足なトーストに!ベーコンのうま味がきのこに移って間違いなくおいしい組み合わせ。
きのことベーコンをあらかじめ炒めてからトーストにすると、トースターで焼く時間の短縮と焼きムラ防止になります。

とうもろこしでチェックトースト

とうもろこしを使ったチェックトーストアイデアも斬新!ぽてっと程良く溶けたチーズもおいしそう!サラダやフルーツをのせた彩り鮮やかなワンプレートごはん、ビタミンカラーで朝からパワーチャージできそうです。

とうもろこしでトーストアート

とうもろこしの粒をお花の花びらに見立てたトーストアートにほっこり。ちょっとリフレッシュしたい時、気分を上げたい時、ちょっとした一手間を加えたトーストでブレイク!

この夏は、とうもろこしトーストでおしゃれ朝ごパン

とうもろこしトーストは、旬の季節の新しい食べ方としてはもちろん、通年流通しているコーン缶を使えば、一年中楽しむことが出来ちゃいますね。お店のようなコーンパンは作れないけど、これならちょっとした一手間でおしゃれごはんになるので、盛り付けや料理が苦手な方でも楽しめそう!

とうもろこしがお好きな方は、ぜひ試してみてくださいね!子どもの小腹満たしにもおすすめです♪

インスタグラムで#とうもろこしトースト をチェック!
簡単 朝ごパン アレンジ トースト 夏野菜 とうもろこし バター
記事に関するお問い合わせ