日本発!麹を使ったスピリッツ「TUMUGI」でつくるこうじサワーに注目

日本発!麹を使ったスピリッツ「TUMUGI」でつくるこうじサワーに注目

焼酎「いいちこ」でおなじみの三和酒類株式会社から新ブランドが登場!その名も「TUMUGI(ツムギ)」。麹を使った日本の酒造りの伝統技法と国産の柑橘類が融合したカクテルベースのスピリッツです。これまではバーや専門店のみの取り扱いでしたが、人気インスタグラマーを中心にじわじわと注目を集めているTUMUGIをご紹介します。

日本発の新スタンダード「WAPIRITS TUMUGI」とは?

海外のお酒のようでありながら、どこか懐かしさを感じる風貌の「WAPIRITS TUMUGI(和ピリッツ・ツムギ)」
こちらはなんと、麦焼酎「いいちこ」でおなじみの大分県の酒造メーカー・三和酒類さんが「日本の伝統的な麹文化を受け継ぎ、麹を使ったお酒を極めよう」という取り組みの一環で開発されました。

中でもTUMUGIは、ジン、ウオッカ、ラム、テキーラに次ぐ第5のジャンルである和ピリッツ(WAPIRITS)に位置付けられています。
国産(和)のカクテルベースのスピリッツなので、和ピリッツなんですね。

日本伝統の“麹”を使った酒造り、職人さんの蒸留技術が集結し、良質な二条大麦を使って手間ひまかけて作られています。

WAPIRITS - WAPIRITS TUMUGI

いつもの食卓に。インスタグラマーのTUMUGIスタイルをチェック!

実はこれまで、バーやお酒の専門店でしか取り扱われていなかったTUMUGI。ですが、インスタグラマーさんをはじめとして注目される方も増え、じわじわと一般家庭でも手に入るようになってきました。

そこで、インスタグラマーさんのTUMUGIスタイルを参考にしつつ、TUMUGIの魅力をご紹介します。

【1】白を基調としたシンプルモダンなデザイン

▲インスタグラマー@pepe39 さんはTUMUGIに肉じゃがをあわせて。

まずはやっぱり、ラベルのデザインが目をひきます。白を基調としたシンプルでクールな佇まいなので、どんな食卓にもすっとなじんでくれます。
中央には原料である大麦の絵をいれ、赤いラインで丸く囲うことで、日の丸を意識しているそう。

ひとつ注意点をあげるとするならば、「TSUMUGI」ではなく、Sなしの「TUMUGI」が正しい名称。スペルはお間違えないように!

【2】炭酸で割った「こうじサワー」が食中酒に最適

▲インスタグラマー@mizukudasai さんは、TUMUGIに徳島産のすだちを入れてすっきりと。枝豆は茹でるのではなくSTAUB鍋で無水調理すると香りも味も立っておいしいのだそう!

TUMUGIはカクテルのベースとして使われるスピリッツ。自宅でカクテルを楽しむ習慣がないと「他にリキュールとか色々と揃えないといけないの……?」と不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません(実は私がそのひとりでした)。

でもご心配なく! 麹を使っているのでTUMUGI自体にほんのりとした甘みがあり、炭酸で割るだけで食事にマッチしてくれます。もちろん水やお湯で割ってもOKです。

すだちやかぼす、レモンなどの柑橘類との相性は抜群なので、自宅にあればぜひ合わせてみて。自分好みのこうじサワーを探してみるのも楽しいですね。

【3】和洋中、どのジャンルにも合わせやすい

▲インスタグラマー@higuccini さんは樋口さんの代名詞でもある餃子をおつまみに!黄金色の焼き色がたまりません。

TUMUGIはすっきりとした飲み口で、和食にも洋食にも中華にも合わせやすいのがうれしいポイント。
上で挙げた人気インスタグラマーの@pepe39さんは肉じゃがを、@mizukudasaiさんはシンプルに枝豆を、@higucciniさんは十八番である「#樋口さんちの餃子」に、こうじサワーを合わせていらっしゃいました。日本人好みのテイストなのでどの組み合わせもぴったりです!

時には、出来合いのお惣菜をアテにして晩酌するのもいいですよね。
おでんにやきとり、そしてTUMUGIのこうじサワーで至福のひとときを。

TUMUGI公式SNSでは、麹でつながる新しいライフスタイルを発信中

TUMUGIの公式SNSでは、料理研究家やインスタグラマーさんが中心となって、新たなドリンクライフスタイルを発信中です。
ハッシュタグ #kojisour #wapirits #tumugi を検索すると、新たな発見があるかも! ぜひチェックしてみてくださいね。

WAPIRITS TUMUGI (@wapirits.tumugi) のインスタグラム
WAPIRITS TUMUGI | Facebook

ちなみに、TUMUGI(750ml)は1,850円でAmazonなどで発売されています。
詳しくはTUMUGI公式サイトをご覧ください。

「WAPIRITS TUMUGI」について詳しくはこちら

(text by やん)

おうち居酒屋 おつまみ オトコメシ おでん
内容を編集部に報告する