貝のうまみたっぷり。鎌田醤油の冬季限定商品「貝の鍋だし」を使ったおすすめレシピ

貝のうまみたっぷり。鎌田醤油の冬季限定商品「貝の鍋だし」を使ったおすすめレシピ

使いやすいパッケージで人気のだし醤油をはじめ、だしやつゆの開発に取り組む鎌田醤油。今回は、“スープまで飲み干せるほどの美味しい鍋”をコンセプトとする冬期限定商品「貝の鍋だし」をご紹介。寒い季節に食べたい、貝の鍋だしの活用レシピも必見です。

「だし醤油」でおなじみの鎌田醤油

鎌田醤油は、大塩田地帯であった香川県坂出市で、1789年から220余年にわたって醤油作りを営む老舗の醤油メーカー。「いつもの生活者の立場で発想すること」を大切に、時代とともに変化する食文化に対応しながら、品質第一の今求められている品を作り続けています。

鎌田醤油(@kamada_soy_sauce)のインスタグラム
寛政元年創業 鎌田醤油

ホタテ・シジミエキスたっぷり!鍋料理専用「貝の鍋だし」

今回は、スープまで飲み干せるほどの美味しい鍋をコンセプトとする冬期限定商品「貝の鍋だし」をご紹介。

「貝の鍋だし」は、醤油と各種風味原料のだしにホタテ・シジミエキスをたっぷり加えた風味とコクを厚くした鍋料理専用だしです。
8~10倍に希釈して使用するだけで芳醇なスープで淡白な具材を旨みを引き立てます。

鎌田醤油

貝の鍋だし 200ml 3ヶ入

使用方法
8~10倍にうすめ、具材を入れて煮るだけで美味しいスープ鍋のでき上がり。 キムチ鍋や豆乳鍋、中華のだしとしてもご使用ください。
保存方法
直射日光をさけ、常温で保存してください。
開栓後要冷蔵(保存料を使用しておりません。)
原材料名
しょうゆ、みりん、糖類(砂糖、水あめ)、食塩、ほたてがい調味エキス、大豆醸造調味料、シジミエキス、醸造酢、そうだ節、さば節、酵母エキス、乾しいたけ、こんぶ、調味料(アミノ酸等)、アルコール
アレルギー物質
義務表示:小麦
推奨表示:さば、大豆

840円

購入はこちら

この冬役立つ!「貝の鍋だし」を使ったおすすめレシピ

アボカドチーズキムチ鍋

トレンドの「お花畑鍋」の盛り付け術を取り入れた、とっても華やかなキムチ鍋。
アボカドに火を通すことで、とろける食感に。更にはピリ辛なキムチ鍋がまろやかで食べやすくなります。

<材料>2人分
豚バラ肉……100g
にんじん……50g(約1/4本)
えのきたけ……100g(約1/2袋)
豆腐……75g(約1/4丁)
白菜……200g(約2枚)
にら……50g(約1/2束)
長ねぎ……25g(約1/4本)
しめじ……50g(約1/2パック)
アボカド……200g(約1個)
もやし……100g(約1/2袋)
白菜キムチ……150g
ピザ用チーズ……適量
(A)貝の鍋だし……100ml
(A)水……700ml
ごま油……大さじ2

<作り方>
(1)にんじんはピーラーで縦に薄くスライスする。豚バラ肉とにんじんを重ね、端から巻いバラの形を作る。
(2)豆腐、白菜は食べやすい大きさに切る。ニラは4cm長さ、長ねぎは斜め切りにする。しめじとえのきは石づきを取って小房に分ける。
(3)アボカドは種を取って食べやすい大きさに切る。
(4)鍋にごま油を熱して白菜キムチを入れて炒め、(A)を加える。
(5)煮立ったら(1)~(3)ともやしを入れて煮る。具材に火が通ったらチーズをのせる。

レモン鍋

味付けは貝の鍋だしをうすめるだけ。
レモンのさわやかな酸味が利いた、さっぱりとした鍋レシピです。

<材料>2~3人分
豚バラ肉……200g
白菜……375g(約1/4株)
水菜……50g(約1/4袋)
レモン……60g(約1/2個)
大根……125g(約1/8本)
(A)貝の鍋だし……100ml
(A)水……700ml

<作り方>
(1)豚肉、白菜、水菜は一口大に切る。
(2)レモンは輪切りにし、大根はすりおろす。
(3)鍋にAを入れて煮立たせ、(1)を加えて煮る。
(4)火が通ったら(2)を加えてひと煮立ちさせる。

ロールキャベツ

鍋料理専用だしですが、他の料理にも大活躍!
貝の鍋だしの旨みとバターの風味が染み込んだロールキャベツは最高です。旨みがたっぷりのスープも美味しいです。

<材料>2人分
キャベツ……300g(約6枚)
玉ねぎ……100g(約1/2個)
ベーコン……20g(約1枚)
しめじ……100g(約1パック)
(A)豚ひき肉……100g
(A)卵……1/2個
(A)牛乳……大さじ1
(B)貝の鍋だし……20ml
(B)水……360ml
バター 適量

<作り方>
(1)キャベツはサッと茹でる。
(2)玉ねぎはみじん切り、ベーコンは短冊切りにする。しめじは石づきを取って小房に分ける。
(3)ボウルに玉ねぎと(A)を入れて粘りが出るまでよく混ぜ合せ、6等分にして(1)で包む。
(4)鍋にバターを熱してベーコンとしめじを入れて炒め、(B)と(3)を加えて煮る。

スープパスタ

最後のスープまで美味しい、イカときのこのパスタです。貝の鍋だしの芳醇なスープにイカが良くあいます。マッシュルームのだしもプラスされ、旨みたっぷりのパスタに仕上がっています。

<材料>
パスタ……160g
イカ……100g
マッシュルーム……100g
えのきたけ……100g(約1パック)
ねぎ……適量
こしょう……少々
にんにく……5g(約1かけ分)
オリーブ油……大さじ2
(A)貝の鍋だし……20ml
(A)水……360ml
塩(茹で用)……適量

<作り方>
(1)鍋に湯を沸かしてパスタを茹でる。
(2)マッシュルームは4等分に切る。
(3)えのきたけは石づきを取って小房に分ける。
(4)イカは輪切りにする。
(5)ねぎは小口切りにする。
(6)にんにくはみじん切りにする。
(7)フライパンにオリーブ油と(6)を入れて熱し、香りが立ったら(2)~(4)を加えて炒める。
(8)(7)にAと(1)を入れて混ぜ、こしょうで味を調える。
(9)器に盛って(5)を散らす。

料理の幅が広がる「貝の鍋だし」は冬季限定!

貝の鍋だしは、2018年4月30日(月)までの冬季限定商品。
鍋料理だけではなく、メインから副菜まで幅広く使える万能なだしなので、日々の献立の救世主になってくれるかも。
貝のエキスたっぷりの奥深いうまみを味わってみてはいかがでしょうか。

また鎌田醤油の公式販売サイトでは、今回ご紹介したレシピの他にも、貝の鍋だしの活用レシピがご覧になれます。ぜひチェックしてみてくださいね。

「貝の鍋だし」レシピ一覧
アレンジ だし 醤油 鍋料理 鎌田醤油
記事に関するお問い合わせ