賛否両論 笠原シェフ監修のスイーツブランド「賛否両論CHOCOLAT」限定発売

賛否両論 笠原シェフ監修のスイーツブランド「賛否両論CHOCOLAT」限定発売

オリジナル菓子の企画・製造・販売を行う株式会社ショウエイは日本一予約が取れないと言われる日本料理店「賛否両論」のオーナー兼シェフ 笠原将弘監修のもと、厳選された和の素材を使用した バレンタインにぴったりな「賛否両論CHOCOLAT」を2018年1月17日より冬季限定・数量限定にて主要百貨店催事場にて販売開始しました。

和の素材を使用した「賛否両論CHOCOLAT」が限定発売

「賛否両論CHOCOLAT」は開店以来、常に満席を誇り“予約の取れない料理店”として名を馳せる、東京恵比寿の日本料理店「賛否両論」マスター笠原将弘が贈るスイーツブランドです。
日本料理の敷居を低くし、手頃な値段で本格的な日本料理を楽しんで欲しいという「賛否両論」のコンセプト同様に、本格的なショコラスイーツをリーズナブルに提案。

学生時代はパティシエに憧れていた笠原将弘の枠に囚われない自由な発想から生み出された「和ショコラ」を毎年、冬季限定でお届けしています。
今年は新作4味を加え、全10種の商品を展開。2018年1月17日より主要百貨店バレンタイン催事場にて販売開始しました。

2018 東京恵比寿の日本料理店「賛否両論」マスター笠原将弘が贈るスイーツブランド バレンタインショコラ

メニュー紹介

ボンボンショコラ

フランス語で一口サイズの砂糖菓子の意味。一口サイズショコラの総称。
良質なベルギー産クーベルチュールと和のフレーバーを融合させた和ショコラの極み。

しょうゆジャンドゥーヤ:濃口しょうゆの芳香をそっくり残し、先味が強くキレがある醤油で味付け。しょうゆと細かく砕いたヘーゼルナッツの香ばしさが相まったジャンドゥーヤ。

:群馬県産白加賀種梅肉の甘露煮と梅の一流ブランド南高梅を裏ごししたピューレをホワイトチョコレートで包んだ爽やかなトリュフ。

黒糖蜜きなこ:ミネラル分が豊富で力強い味わいの沖縄産純黒糖液と、隠し味に北海道産大豆から作られたきな粉を絡めた複雑精妙な味わいを奏でるショコラ。

白ごま:直火焙煎で程よく煎られた白胡麻を丁寧に挽いた滑らかな白練胡麻と、香ばしさが残る煎胡麻を加えたコクのある味わいのショコラ。

ほうじ茶:低カフェインであることから女性にも人気のほうじ茶を使用。
国産茶葉を直火焙煎で焙じた、香ばしくあっさりとした味わいが特徴的なトリュフ。

梅酒:女性にも人気のジャパニーズリキュールである梅酒。フルーツ感をしっかりと残した完熟南高梅からつくられたにごり梅酒と、より風味を感じるように粉末化した梅酒を使用。

:国産栗を炊き上げ裏ごしした和栗のペーストにイタリア産マロンのダイスをブレンドした品のある甘美な味わいのショコラ。

山椒:徳川将軍にも献上された記録が残る飛騨山椒をアクセントに使用した、引き締まった後味のショコラ。

抹茶:日本を代表する和フレーバーである抹茶。ほろ苦く香り高い宇治抹茶をたっぷりと使用した、目にも鮮やかなトリュフ。

ペカンナッツショコラ

油を使用せずに軽くローストした柔らかく苦味の少ないペカンナッツを、口溶けの良いベルギー産チョコレートで丁寧にコーティングし厳選された和素材や遊び心ある素材で味付け。

しょうゆ:日本の伝統調味料である醤油で味付け。鍋肌で焦がしたかのような、香ばしい醤油の風味とチョコレートの甘味がよく馴染んだ味わい。

ほうじ茶:粉末化したほうじ茶で味付け。厳選された国産茶葉を焙煎した芳醇で香り高い、ほうじ茶特有の焙煎香が特徴的。
口の中でほうじ茶の苦味の後からチョコの甘味が追いかけてくる、大人の味わい。

きなこ:熱風焙煎方式で芯までしっかりと煎った、素材の甘味を充分に引き出した北海道産大豆100%のきなこをまぶした優しい味わい。

赤ワイン:アルコールを残し粉末化した国内加工の赤ワインで味付け。甘味の中に、ほのかな苦味のある深い味わいの大人のペカンナッツショコラ。

白ワイン(新作):アルコールを残し粉末化した国内加工の白ワインで味付け。口当たりの良い、フルーティな味わいの大人のペカンナッツショコラ。


酒粕(新作):近年では、その栄養価の高さから甘酒も人気の、日本酒の副産物である酒粕をまぶした大人のペカンナッツショコラ。

和酒(新作):日本が世界に誇るアルコール飲料である日本酒と焼酎のブレンドをアルコールを残したまま粉末化し味付けした大人のペカンナッツショコラ。

シナモン(新作):世界最古の香辛料ともいわれるシナモンで味付け。爽快な芳香と辛味、濃厚な甘味が特徴的。

蜂蜜&広島檸檬(新作):防腐剤を使用していないため、皮ごと安全に召し上がることができる広島檸檬と蜂蜜で味付け。檸檬の爽やかな酸味とピールの苦味、蜂蜜とチョコレートの甘味が絶妙に絡み合う。

主な販売先

■都内百貨店催事場
■株式会社ショウエイ公式ネットショップでも販売

株式会社ショウエイネットショップ

バレンタインギフトに!各種アソートや詰め合わせセットも充実

他にも自分へのごほうびにうれしい単品・組み合わせ商品や、バレンタインにふさわしいアソートなどが揃っているのがうれしい!
株式会社ショウエイネットショップでも購入が可能なので、遠方の方でもお楽しみいただけますよ!
ぜひチェックしてみてくださいね。
※店舗によって売り切れの場合があります。

笠原将弘さん プロフィール

1972年東京生まれ。東京恵比寿の日本料理店「賛否両論」(東京都渋谷区恵比寿2-14-4-1F)店主。

高校卒業後「正月屋吉兆」で9年間の修行の後、実家の焼き鳥店「とり将」を継ぐ。その店が30周年を迎えたのを期に一旦店を閉め、2004年に本格的な日本料理を手頃な価格で提供する「賛否両論」をオープン。
例え9割の人に否定されても、残り1割の人が支持してくれれば良い という信念を店名に冠した店は瞬く間に評判店となり、今では“日本一予約が取れない日本料理店”と呼ばれるようになる。
コース料理の最後に提供される、かつてはパティシエの道も考えていた笠原氏ならではのデザートも好評。2013年に名古屋に2号店、2014年には広尾に3号店をオープンし、いずれも人気を博す。

活動は多岐に渡り、テレビや雑誌・メディアにも数多く登場し、レシピ本の著書も50冊を超える。また、農林水産省認定の和食給食応援団東日本代表として、和食推進活動に力を注いでいる。

チョコレート バレンタイン
記事に関するお問い合わせ