SNSで話題の「シガール アイスクリーム」に新フレーバー・マンゴー味が登場!

SNSで話題の「シガール アイスクリーム」に新フレーバー・マンゴー味が登場!

葉巻状クッキー「シガール」を代表とする洋菓子製造販売の株式会社ヨックモックから、「シガール アイスクリーム (マンゴー)」が2018年4月1日(日)から登場。春夏限定のシガール アイスクリーム は、マンゴーの王様「アルフォンソ・マンゴー」を贅沢に使用した、夏にぴったりのトロピカルな味わい。ギフトやご褒美おやつにいかが?

“マンゴーの王様”と「シガール アイスクリーム」の出逢い!その魅力とは

葉巻状クッキー「シガール」でおなじみ株式会社ヨックモックの春夏限定商品「シガール アイスクリーム」に、夏にぴったりのトロピカルなマンゴー味が登場しました。

ポイントはなんといってもマンゴーの王様「アルフォンソ・マンゴー」を贅沢に使用していること。マンゴーのようなオレンジ色のアイスクリームで、見た目も鮮やか、自分へのご褒美おやつやおもてなしスイーツとしてはもちろんのこと、オンラインショップでの販売もしているので、お世話になっている方へのギフトにもぴったりの一品です!

【商品概要】

商品名:シガール アイスクリーム (マンゴー)

内容/税込価格
・シガール アイスクリーム (マンゴー) 5本入り / 1,080円
・シガール アイスクリーム (マンゴー) 20本入り / 5,400円 (配送料込み)
・3種詰め合わせ(バニラ 10本、チョコレート 5本、マンゴー 5本)5,400円(配送料込み)

販売期間: 2018年4月1日(日)~

販売店舗 : 青山本店、東京駅一番街店、三越日本橋本店、小田急百貨店新宿店、小田急百貨店町田店、東武百貨店池袋店、東武百貨店船橋店、東急百貨店渋谷駅・東横店、ラゾーナ川崎プラザ店、オンラインショップ
※店舗により取り扱い商品および販売期間が異なります

YOKUMOKU(ヨックモック)オンラインショップ

SNSで話題沸騰!「シガール アイスクリーム」商品ラインナップ

【バニラ】ミルクのコクが際立つアイスクリームとシガールのバターの香り。
絶妙なバランスの口どけで、ミルクの余韻が楽しめます。

【チョコレート】まろやかなミルクチョコレートアイスクリームとシガールの甘み。
心地よい口どけで、すっきりとした甘さが広がります。

【マンゴー】フルーティーでコクのあるマンゴーアイスクリームとシガールの組み合わせ。まろやかな甘みとマンゴーの香りが楽しめます。

「シガール アイスクリーム」誕生物語 

アイスクリームに添えられた一片のラングドシャークッキー。 
その取り合わせの妙味は、ラングドシャー発祥の地・欧州でも古くから知られていました。
そんな至福の味わいを皆様にお届けしたいと、ヨックモックが「シガール アイスクリーム」を構想したのがおよそ20年前。
当時は、バターの豊かな風味とサクサクとした繊細な口どけが特徴のシガールにアイスクリームを合わせるのは不可能、と言われていました。以来、試行錯誤を重ね、さらに美味しく改良された「シガール アイスクリーム」が誕生しました。

製造にあたりキーとなったのが、“シガールの食感はそのままにアイスクリームを味わっていただくこと”。そのためには、デリケートな生地にアイスクリームの水分が浸み出ないようにする必要がありました。そこで、シガールの内側をチョコレートでコーティングすることにしたものの、いかに薄く均一に、しかも100%塗布するかが課題となッタノだそう。

焼き菓子は言わば生きもの。シガールは内径が一本一本微妙に異なります。
この難題を可能にするため、オリジナル機械の開発を決断。多大な時間と手間をかけ、何度も試行錯誤を重ねてようやく機械は完成しました。
創業から続くヨックモックの精神の一つに「わからないことは、菓子に聞け」とあります。まさに、シガールの声を聴きながらの開発となりました。その成果をどうぞご堪能ください。

ヨックモックとは

葉巻状クッキーのシガールに代表される、クッキーを中心とした洋菓子ブランドです。
現在、日本全国の有名百貨店に約160店舗を展開し、アメリカ合衆国やアジア各国をはじめとする海外への輸出も行っています。

YOKUMOKU(ヨックモック)オンラインショップ
YOKUMOKU(ヨックモック) 公式Facebook
アイスクリーム クッキー チョコレート ギフト 手土産 洋菓子 YOKUMOKU(ヨックモック) 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ