【編集部レポ】限定商品も登場!「山崎蒸溜所」が育んだプレミアム梅酒を飲み比べ

【編集部レポ】限定商品も登場!「山崎蒸溜所」が育んだプレミアム梅酒を飲み比べ

サントリーの代表的なウイスキー「山崎」。その山崎と同じ蒸溜所で樽熟成された「山崎蒸溜所貯蔵梅酒」を知っていますか?梅酒らしい上品な甘さに加え、ウイスキー同様の心地よい渋みとバニラのような芳醇な香りが楽しめると人気なんです。2018年9月に限定商品が発売されることになったのを機に、サントリー梅酒を飲み比べてきました!

その梅酒、山崎から。

梅酒というと甘くて、男性よりも女性に好まれているというイメージがありませんか? 私の周りでも梅酒好きの女性は多くて、居酒屋で梅酒の種類が多いとみな、一様にうれしそうです(笑)。その点、「山崎蒸溜所貯蔵梅酒」は、愛飲者の4割がこれまで梅酒を飲まなかった30~40代の男性なのだそう。一体、ほかの梅酒とどこがどう違うのでしょう?

そこで先日、「山崎蒸溜所貯蔵梅酒」について知ることができるセミナーが開催されたので、取材に行ってきました。そこでは、2018年9月18日(火)に数量限定新発売される「山崎蒸溜所貯蔵 スモーキー原酒樽仕込梅酒」の試飲も行われました!

山崎蒸溜所と日比谷Barのコラボ店へ

セミナーの会場は、東京・銀座にある山崎蒸溜所と日比谷Barがコラボレーションしたウイスキー専門店「日比谷BAR WHISKY-S」。蒸溜所のバックアップで実現した限定ウイスキーやウイスキー初心者におすすめのカクテル、ウイスキーによく合う自家製燻製料理などが味わえます。

店内は落ち着いた大人の雰囲気。壁にはウイスキーをつくるときに使う道具などが飾られていて、否応なしに気分が盛り上がります! こちらでまずは、サントリースピリッツの方からサントリー梅酒についてのお話を伺いました。

▲左からリキュール・スピリッツ・焼酎部長の山本大輔さん、商品開発研究部開発主任の川本憲良さん

サントリー梅酒のこだわりは大きく分けて2つ。1つは、原料へのこだわり。全ての梅酒製品に安全性と品質をクリアした、厳選した国産梅を100%使用しています。そしてもう1つは漬け込みへのこだわり。浸漬条件や熟成などにこだわって原料酒を丁寧に造り込んでいます。

なかでも「山崎蒸溜所貯蔵梅酒」は、豊かな自然に囲まれたジャパニーズウイスキーのふるさと、山崎蒸溜所で、ウイスキーの熟成に使用した古樽をじっくりと焙煎したものに貯蔵されます。それによって梅酒本来の果実香を損なうことなく熟成が進み、華やかで深い味わいを持つ梅酒に仕上がるそう。聞けば聞くほど、どんな味がするのか気になってきました!

いざ、飲み比べスタート!

そしていよいよ、待ちに待ったテイスティングの時間!
今回は「すっきりおいしい梅酒」「焙煎樽仕込梅酒」「焙煎樽熟成梅酒」「スモーキー原酒樽仕込梅酒」の4種類を飲み比べることになりました。

(1)すっきりおいしい梅酒

まずはスタンダードな梅酒から。ふだんビールばかり飲んでいる私は、こちらの「すっきりおいしい梅酒」も初体験でした。

香りをかいでみると、青梅を感じさせるフレッシュで爽やかな香りが広がります。飲んでみると甘くてまろやかな味わい。それでいて酸味もしっかりと感じられるので、後味はすっきりしています。このネーミング、まさにピッタリだなと思いました。おすすめの飲み方はオン・ザ・ロックだそうですよ。

(2)焙煎樽仕込梅酒

ここからはプレミア梅酒の登場です! ちなみにプレミア梅酒とは、“市場価格が720mlあたり税別1,000円以上の梅酒のこと”とサントリーでは定義しているそう。こちらの「焙煎樽仕込梅酒」は、ウイスキーの貯蔵に使用していた山崎蒸溜所の古樽を焙煎し、梅酒をゆっくりと熟成させています。

香りは、ほのかに甘い熟成香が。飲んでみると甘さ控えめで、程良い苦味のある味わいが広がります。鼻から抜ける香りも良く、深く長く余韻が楽しめるのも特徴。しっかりした樽香とビターな味わいは、ぜひオン・ザ・ロックで味わいたい!

(3)焙煎樽熟成梅酒

こちちらは焙煎樽で丁寧に時間をかけて熟成させた梅酒にグレーンウイスキーをブレンドした、サントリーならではの本格梅酒。

香りは、「焙煎樽仕込梅酒」よりもさらに深い熟成香とパンをトーストしたような香ばしい香りが。この芳しい香りだけでもうっとりしちゃいます。飲んでみると梅酒とグレーンウイスキーの上品な味わいが見事に融合していてとても贅沢な味わい。こちらも鼻から抜ける香りが非常に良くて、深く長い余韻が楽しめます。飲むときはストレートかロックがおすすめだそう。

(4)スモーキー原酒樽仕込梅酒

そしてこちらがまだ発売前の「山崎蒸溜所貯蔵梅酒」初の限定商品! スモーキーなタイプのウイスキーの空き樽に梅酒を詰め、最適な期間熟成させた「スモーキー原酒樽仕込梅酒」です。

香りをかいでみると、強いピート香がしてほかの梅酒とは明らかな違いが。このピート香が強すぎると梅酒の香りとけんかしてしまうので、調和させるためにほかの樽で熟成させた梅酒を用いてブレンドしているのだとか。だからこんな絶妙な香りがするのかと納得。飲んでみると梅酒のコクにスモーキー原酒の苦味が加わって、これまでにない深い味わいでした。後味も心地よく、いつまでもこの余韻に浸っていたい! こちらもストレートかロックでじっくりと楽しみたいです。

焙煎樽仕込梅酒はハイボールにも!

テイスティングの後は「焙煎樽仕込梅酒」のソーダ割りをいただくことに。ソーダで割ると、樽焙煎の奥深い香りと上品な甘さが引き立ちます。これなら食中酒としても楽しめそう。飲み干したころにセミナーも終了となり、おいしい余韻に浸りながら会場を後にしました。

お買い求めは全国百貨店やオンラインショップで!

サントリーのこだわりがギュッと詰まった「山崎蒸溜所貯蔵梅酒」。「スモーキー原酒樽仕込梅酒」以外はすでに発売中で、全国百貨店やオンラインショップなどで購入できます。

また、2018年9月発売の「スモーキー原酒樽仕込梅酒」の商品情報は下記のとおり。今から発売が待ち遠しいです。数量限定なので、発売された暁にはぜひお早めにどうぞ!

商品名:「山崎蒸溜所貯蔵 スモーキー原酒樽仕込梅酒」
発売期日:2018年9月18日(火)
発売地域:全国(数量限定)
容量:660ml
希望小売価格(税込):1,620円 
アルコール度数:14%
品目:リキュール

山崎蒸溜所貯蔵 サントリー梅酒 サントリー

関連記事:

【編集部レポ】世界に誇るジャパニーズクラフトジン「ROKU」は和食にも合う!
ドリンク レポート 取材 お酒 SUNTORY(サントリー)
記事に関するお問い合わせ