夏と秋のいいとこどり!ほっこり「かぼちゃのほうとう」で一足お先に秋気分

夏と秋のいいとこどり!ほっこり「かぼちゃのほうとう」で一足お先に秋気分

8月も終わり、迎える秋。今回のLoversコラムは、まだまだ夏を楽しみたい方にもぴったりな夏野菜レシピ「かぼちゃのほうとう」をMAYA(@heavydrinker)さんに教えていただきました。夏と秋のいいとこどりが楽しめますよ。ぜひお試しください。

まだまだ夏野菜を楽しむ!

こんにちは。MAYA(@heavydrinker)です。

9月になりましたが、まだまだ暑い日が続きそうです。
残暑が厳しい中、あえて冷たい料理ではなく、今回おすすめするのは夏野菜のかぼちゃで山梨県名物ほうとう風の肉団子汁です。お好みで七味やラー油を入れて食べてほしいこの一品。寒い中食べるのも美味しいですが、汗をかきながら熱々を頬張るのも通ってもんです。

ほうとうが手に入らなくても、きしめんを使えばお手軽に作れます。
そして今回は、少しずつ足音が近づいている秋の旬、キノコを2種類も使いました。夏野菜と秋の食材をどちらも楽しめますよ。
ぜひ作ってみてください。

かぼちゃのほうとう

材料(4人分)

・きしめん……4人分
・かぼちゃ……100g
・大根……100g
・白菜……100g
・マイタケ……100g
・にんじん……50g
・玉ねぎ……50g
・青ネギ部分……20cm分
・だし汁……適量
・味噌……適量

今回はきしめんを使いましたが、もちろん本格的にほうとうを使ってもOKです。

【肉団子】
・豚ひき肉……200g
・エノキ……50g
・ネギ……10cm分
・片栗粉……小さじ1
・麺つゆ……小さじ1
・塩……少々

作り方

1. 材料をすべて写真のように食べやすい大きさに切る。

2. かぼちゃとマイタケ以外を鍋に入れ、ごま油(分量外)で炒める。その後適量のだし汁とマイタケを加え煮込む。

3. 肉団子の材料のエノキと長ネギをみじん切りにし、ひき肉と調味料を混ぜ、一口大に丸める。

4. 大根、白菜が柔らかくなったら肉団子を加え、15分ほど煮込む。

5. かぼちゃを加え5分ほど煮込む。

6. 味噌で味を整える。

7. きしめんを加えて煮込んだら完成。

夏を惜しみながら食欲の秋を迎えよう

かぼちゃはすぐに煮えるので、一番最後に入れ余熱で火を通すと、ほくほくした食感になります。お好みでキムチを加えたり、お揚げ、こんにゃくやゴボウなどで具沢山にしたりしても絶対に美味しい。

残り少ない夏と、これから迎える食欲の秋を一気に楽しめる、かぼちゃの肉団子汁。エノキ入り肉団子の食感もとっても美味しいので、ぜひお試しくださいませ。

インスタグラム@heavydrinker

@heavydrinker さんの他のコラム

特別な日もなんでもない日も。子どもも大人も笑顔になるお子様ランチはいかが?
待ちに待った運動会!3世代楽しめる巻き寿司運動会弁当で子どもを応援しよう!
どこか懐かしいおふくろの味。我が家の「ものすごくシンプルないつものコロッケ」
かぼちゃのほうとう 残暑が厳しい中、あえて冷たい料理ではなく、今回おすすめするのは夏野菜のかぼちゃで山梨県名物ほうとう風の肉団子汁です。お好みで七味やラー油を入れて食べてほしいこの一品。寒い中食べるのも美味しいですが、汗をかきながら熱々を頬張るのも通ってもんです。 15 minutes 30 minutes Serves 4 きしめん, かぼちゃ, 大根, 白菜, マイタケ, にんじん, 玉ねぎ, 青ネギ部分, だし汁, 味噌, 豚ひき肉, エノキ, ネギ, 片栗粉, 麺つゆ, ,
Rated 5/5
夏野菜 かぼちゃ heavydrinker
記事に関するお問い合わせ