出典 : @akiko.nene 横浜名物「シウマイ弁当」のアイドル!ひょうちゃんをお弁当に添えるとかわいい

横浜名物「シウマイ弁当」のアイドル!ひょうちゃんをお弁当に添えるとかわいい

横浜名物の1つである崎陽軒の「シウマイ」。その箱の中に入っている、ひょうたん型の醤油入れが「ひょうちゃん」です。笑った顔や怒った顔など、さまざまな表情があってとってもキュート。せっかくなのでシウマイ弁当だけでなく、いつものお弁当にも活用してみませんか?楽しい活用術と、期間限定ひょうちゃんの情報もお届けします!

ひょうちゃんを知っていますか?

横浜出身の私にとって、幼いころから「焼売」といったら崎陽軒シウマイ
食卓に並ぶのはもちろんのこと、里帰りの際の手土産はもっぱらシウマイ(と鳩サブレ)。なんならその里帰りは、電車の中でシウマイ弁当を食べながら行くというぐらい、シウマイが大好きです。

そんなシウマイと切っても切れない関係なのが磁器の醤油入れ「ひょうちゃん」で、初めて登場したのは1955年のこと。醤油が入ったひょうたん型の白い磁器に漫画家の横山隆一さんが「目鼻をつけてあげよう」とたくさんの表情を描いたのがはじまりなのだそう。ひょうちゃんという名前も横山さんがつけたんですよ。

1988年にはオサムグッズで知られるイラストレーター・原田治さんが描いた2代目ひょうちゃんが誕生。現在は3代目で、再び横山さんの初代ひょうちゃんの絵柄が復活しています。そのほか、さまざまな節目に期間限定のひょうちゃんも作られていて、ファンの心をつかみ続けているんです。

上のお写真は、@puipui.puipui さんのひょうちゃんコレクション。「集めているというより集まった」そうで、さまざまな時代のひょうちゃんがいますね! ちなみにコルクの栓が初代ひょうちゃんで、2代目からは現在も使用しているゴム製のものになっています。

飾っておくだけでもかわいいけれど、せっかくならいつものお弁当に使いたいところ。そこで、みなさんのひょうちゃん活用術をご紹介します!

ひょうちゃんと一緒!お弁当コレクション

お手製シウマイ弁当

ひょうちゃんを手に入れたら、絶対作りたいのがお手製のシウマイ弁当ではないでしょうか? 
崎陽軒のシウマイ弁当といえば、シウマイのほかに玉子焼きや鶏唐揚げ、筍煮などのおかずが入っていて、ごはんは俵型なのが特徴です。

@maki_naka_ue さんのシウマイ弁当も、シウマイのほかに甘い玉子焼きや筍のころころメンマなどが入っていて、本家のシウマイ弁当を思わせる仕上がり! ごはんが俵型のおむすびなのもグッとくるポイントですね。

鮭弁にも!

ひょうちゃんは鮭弁の醤油入れとしても活躍!
@ymiyakawa さんの「鮭弁」は鮭の西京漬けをメインに、マカロニポテトサラダ、かきのもとのお浸し、オクラのおかか和えを彩りよく盛り付け。
鮭のそばで楽しそうにしているひょうちゃんが微笑ましいですね。

春巻きには酢醤油

@akiko.nene さんのお弁当は、春巻きや玉子焼き、人参明太子炒めなどをごはんの上にのせた、のっけ弁。春巻きに合わせて、ひょうちゃんの中には酢醤油を入れています。
にこにこしたひょうちゃんが何ともキュート!
大葉がアクセントになった春巻きもおしゃれで、こちらもぜひマネしたいですね。

麺つゆを入れて

こちらの犬を連れたひょうちゃんは、@ebico_nicoben さんのお気に入り。この中には、茶そばにかける麺つゆが入っているそうですよ。
さらに、チキンソテーや鰻巻き、おかひじきのオイル花むすびなど品数いっぱいで、まるで玉手箱のよう。どれから食べようか迷ってしまいそうですね!

ソースもお任せ!

ひょうちゃんが大のお気に入りだという @mikishi7283 さん。
ひょうちゃんの魅力について、「注ぐのが楽ですし、磁器なので洗浄して繰り返し使用できるので重宝しています。安定感があって愛嬌もあってお弁当の良き相棒……と語り始めたら止まりません!」と教えてくれました。うんうん、分かります!

こちらは家族4人分のお弁当で、ひょうちゃんの中には、秋鮭のフライにかけるソースが入っています。どのひょうちゃんが誰にいくかはお楽しみ!

箸置きにもなる

ひょうちゃんはお醤油などを入れるだけでなく、箸置きにもなるんです!
@akikoakiko17 さんのように、お弁当を食べる時に使ってもいいし、おうちごはんでも使えますよね。

ちなみにこちらのひょうちゃんは、期間限定の「ポリスひょうちゃん」。創業110周年を迎えた崎陽軒と神奈川県警察との「110」にちなんだコラボレーション企画です。残念ながらすでに終了してしまっていますが、今後登場する期間限定ひょうちゃんに注目です!

ひょうちゃんを集めてみませんか?

ひょうちゃんがあれば、いつものお弁当タイムがさらに楽しくなるはず!
崎陽軒のシウマイでひょうちゃんが入っているのは、「特製シウマイ」「昔ながらのシウマイ」の15個入と30個入。ただ、羽田空港で売られているシウマイには、ひょうちゃんが入っていないのでご注意を。

また、2018年10月1日に東京駅構内のグランスタにオープンした「グランスタ東京店」では、限定弁当「和風 銀の鈴弁当」を販売。この中には、東京駅オリジナルのひょうちゃんが入っています。限定数販売なので、欲しい方はお早目に。

【10/1 OPEN】崎陽軒 | TOKYOINFO 東京駅構内・周辺情報

さらに、歴代のひょうちゃんを見てみたいという方には、「崎陽軒 横浜工場」の工場見学がおすすめ。ひょうちゃん展示が見られるほか、シウマイの製造工程見学やできたてのシウマイなどの試食もできます。専用の予約サイトがあるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

崎陽軒の工場見学
インスタグラムで #ひょうちゃん をチェック!
醤油 キャラクター
記事に関するお問い合わせ