【8/1~8/4】体験型アートイベント「飲む植物園@東京茶寮」が4日間限定開催

【8/1~8/4】体験型アートイベント「飲む植物園@東京茶寮」が4日間限定開催

夏はイベントが盛りだくさん!様々な食イベントが開催される中で、「飲む植物園」という気になるイベントを発見しました。ハンドドリップ日本茶専門店の「東京茶寮」が4日間限定で植物園に大変身!展示された本物のハーブやフラワーを摘み取り、オリジナル煎茶モクテルを作るインタラクティブなアートイベントです。

東京茶寮が“植物園”に!体験型ドリンクケータリングイベント「飲む植物園」

2019年8月1日(木)〜4日(日)の4日間、ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」にて、インタラクティブアートイベント「飲む植物園@東京茶寮」が開催されます。

「飲む植物園@東京茶寮」とは?

「飲む植物園」は、フラワーアーティストedalab.と、ドリンクディレクター・セキネトモイキによる体験型ドリンクケータリングイベント。東京茶寮の店内が、4日間限定で『植物園』に変身します。 

フラワーアーティスト edalab.
Kyoto Loves Gin | Cocktail Labo | Kyoto
世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」

2018年10月にも開催され、とても好評だったことから今回2019年サマーシーズンでの開催に至ったんだそう。一体、どんなイベントなのでしょうか?

オリジナル煎茶モクテルをつくる!

参加者は、入場料1,000円と引き換えに、「レインドロップ」というデザートドリンクと、3種類の冷茶から選んだ好みのお茶が入ったグラスをもらいます。そして植物園の中を探索し、本物のハーブやフラワーを摘みとって、ドリンクディレクターのセキネトモイキがセレクトしたハーブシロップと合わせて自由にオリジナル煎茶モクテルをつくります。

「レインドロップ」というのは、東京茶寮が提案する、まるで水を食べているかのような、つるんとした飲み心地のデザートドリンクのこと。レインドロップに、冷茶とハーブ、エディブルフラワー、シロップを合わせてオリジナルの煎茶モクテルを完成させます。

お花も食べられる⁉

苔や不思議な姿のグリーンなど、表情の異なる植物たちで彩られた東京茶寮のカウンター。この展示から植物を摘みとり、グラスに添えてオリジナル煎茶モクテルをつくっていきます。ハーブのみならず色鮮やかなお花もたくさん展示されていますが、これらももちろん食べることができるんです。

今回のイベントで登場するお花は、日本で唯一の農薬不使用のエディブルフラワー(食べられる花)専門店「 EDIBLE GARDEN」のエディブルフラワーです。

安心して食べることができるので、彩り豊かなお花をグラスに添えれば、見た目もとても華やかな煎茶モクテルに!

イベント開催中は夜中の24時まで営業!

イベント開催中は特別営業として、夜中の24時まで営業。「真夜中の東京茶寮」を楽しむことができます!

照明を落とし薄明りになる夜の「飲む植物園」は、昼間とは印象を変えた妖艶な「ナイトテラリウム」に。どこかチャーミングな植物たちに出会うことができます。

<照明演出スケジュール>

8月1日(木) 飲む植物園 真夜中の東京茶寮「マゼンタ」
8月2日(金) 飲む植物園 真夜中の東京茶寮「シアン」
8月3日(土) 飲む植物園 真夜中の東京茶寮「マゼンタ」
8月4日(日) 飲む植物園 真夜中の東京茶寮「シアン」

お茶の定期便(サブスク)に登録すると入場料が無料に!

日本初「観て飲む」お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」をご利用中の方は、なんと今回入場料が無料(利用者ご本人分)に!

「TOKYO TEA JOURNAL」は、月額500円(税込)で、日本全国から月替りの茶葉2種類と、そのお茶のストーリーを取材した情報誌がポストに届くサービスです。
※配送料300円(税込)が別途かかります

この機会に、お茶のある暮らしをはじめてみるのもいいかも!
「TOKYO TEA JOURNAL」をご利用中の方は、入場時にスタッフにお伝えください。

日本初「観て飲む」お茶の定期便「TOKYO TEA JOURNAL」

「飲む植物園@東京茶寮」開催概要

開催期間:2019年8月1日(木)〜4日(日)
営業時間:11:00-24:00(L.O 23:00)
場所:東京茶寮(〒154-0011 東京都上馬1-34-15)

世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」

関連記事:

週末どこ行く?家族や友人と楽しめる食イベントピックアップ(7月~8月)
ドリンク イベント 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ