【うちベジ】飯テロな料理と合わせて食べたい!新シリーズ「二菜飯」はじめます

【うちベジ】飯テロな料理と合わせて食べたい!新シリーズ「二菜飯」はじめます

ウエキトシヒロさん(@utosh)の連載コラム『うちベジ』がプチリニューアルをして帰ってきた!『うちベジ』ファンの皆様、お待たせしました!今回から待望の新シリーズがスタートします。おうちでおいしく野菜を食べるという基本コンセプトはそのまま、今後は飯テロ必須のおうちごはんを幅広くお届けしていきます。ぜひご期待ください!

うちベジ復活!新コンセプトは「二菜飯」

みなさんお久しぶりです。
「うちベジ」連載がまた再開いたします。

今までは1つの食材にフューチャーしてお届けしてきましたが、やはりというか、やっぱりというか、回を追うごとに野菜を使い果たしていく感じになってしまったので、今回からは趣をがらっと変えたいと思います。

「主菜にあう副菜」として、これにこれを合わせて食べたい! という主菜と副菜の2品の組み合わせを提案する「二菜飯」をテーマに連載を再開したいと思います!!

「うちベジ」ファンの皆様、本当に長らくお待たせしました。全然違う形にはなりましたが、暗いトンネルからやっと出られた気分です(笑)!

この「二菜飯」に限らず、今までの様な食材にフューチャーした回も今後もあるかもしれないので、ぜひとも、見続けて頂ければと思います。

【二菜飯】飯テロな唐揚げと一緒に食べたい和風キャロットラペ!

今回の二菜飯は、「飯テロ唐揚げ」にピッタリ合う「さば缶をつかった和風キャロットラペ」です。

キャロットラペと言えば、ニンジンを千切りにしてレモン汁と塩でサッと混ぜ合わせたニンジン料理の代表的なサラダだと思うのですが、今回はそれをさらにアレンジしてスライスした玉ねぎ、それと大葉、そしてさば缶を組み合わせて、「みんな大好き唐揚げ」に負けない、和風で美味しいキャロットラペにしてみました。

唐揚げにキャロットラペって合うの?

素朴な疑問として、「唐揚げにキャロットラペって合うの?」と思った方もいると思います!

実はこれ、よく合います。

和の料理と洋の料理で、全然違う世界の様ですが、なんとこれはレモンで繋がっています。唐揚げと言えばレモン。キャロットラペと言えばレモン。レモンは世界を繋げます。

というのは大げさですが、実際問題、唐揚げのこってりした味わいには濃厚なドレッシングをかける系のサラダではなく、さっぱり味のサラダが合います。

キャロットラペも例外ではありません。
そんなキャロットラペをちょっと和風にアレンジしてみたのが、今回のレシピです。レモン汁ではなくお酢を使って作っているので、唐揚げ丼の方もお酢を使ったねぎダレと合わせています。

さば缶を使った和風キャロットラペ

材料(2人分)

・さば味噌缶……1缶
・ニンジン……1本
・玉ねぎ……半分
・大葉……5枚

【A:ドレッシング】
・お酢……大さじ2
・しょう油……小さじ1
・オリーブオイル……小さじ2
・塩……少々

作り方

1. さば缶は中の水を捨てる。ニンジンはピーラーで削る(包丁で薄切りでも良い)、玉ねぎは細くスライスし、水にさらす。大葉も細切りにする。Aを合わせておく。

2. ボウルにさばを入れてほぐす。のこりの具材(ニンジン、水気をよく切った玉ねぎ、大葉、Aのドレッシング)をいれて混ぜ合わせれば完成。

主食は「飯テロ」なネギだれ唐揚げ丼!

二菜飯、メインの主食は唐揚げ丼です。唐揚げっておうちごはんの永遠の定番ですよね。
唐揚げが食卓に出てくるだけでテンションが上がります。

そんな唐揚げの美味しい食べ方。今回は丼にしてネギだれかけて、飯テロごはん!

ごはんの上に鶏もも肉1枚分、まるっとのせています。これは悪いぞ(笑)!
ぜひ副菜と合わせながら食べてください。

ねぎダレ唐揚げ丼

材料(2人分)

・鶏もも肉……2枚

【A】
・しょう油……大さじ2
・酒……大さじ2

【B】
・片栗粉……大さじ3
・小麦粉……大さじ3

【C:ねぎダレ】
・ネギ……1/4(青い部分を使う)
・お酢……大さじ1
・ごま油……小さじ2
・しょう油……小さじ2
・水……小さじ2

作り方

1. 鶏もも肉を6等分し、袋にいれAを合わせて15分置く。ネギはみじん切りにして、Cと合わせておく。

2. Bを入れてよく揉み合わせて、120℃の油に入れて、温度を上げながら4分焼く。カラッとさせてたい人はさらに高温で2度揚げする。

3. 半分に切り、ご飯の上に乗せて、上からCのねぎタレをかけたら完成。

二菜飯で飯テロなうちベジを楽しもう

新しいコンセプトで再スタートした「うちベジ」、いかがでしたでしょうか!

また唐揚げにあう副菜というテーマで投稿するかもしれないです。気楽にがんばっていきますので、次回もよろしくお願いします!

ここまで読んでくださってありがとうございました。Twitterなどもやっていますので、ぜひご覧ください。
よろしくお願いします。

Twitterアカウント @toshihiro_ueki
Instagramアカウント @utosh
レシピ 野菜 野菜食 缶詰 うちベジ にんじん
記事に関するお問い合わせ