出典 : @melody_wiiish 【おうちごはんインタビュー vol.9】@melody_wiiish さん

【おうちごはんインタビュー vol.9】@melody_wiiish さん

日々のおうちごはんを楽しみ、ご自身の世界観を発信しているインスタグラムユーザーにお話を聞く”おうちごはんインタビュー”。今回は、まるで物語の1ページのようなパステルスイーツを投稿している @melody_wiiish さんにお話をお伺いしました。

プロフィール

melody

HMH所属。
5歳からピアノを始める。
ギター・音楽制作・お菓子作りが趣味。
2015年の秋頃から独学でアイシングクッキーを始める。
フォトエッセイ出版の実現に向けて、主にスイーツの写真を中心に撮影。

まるで物語の1ページのようなパステルスイーツや、かわいらしいおうちごはんを投稿している @melody_wiiish さん。さっそくお話を伺ってみましょう。

-- 物語の一部を切り取ったかのような雰囲気のあるスイーツの写真が多い @melody_wiiish さんですが、普段のおうちごはんやおうちでのスイーツタイムはどのような雰囲気で過ごされているのでしょうか?

一人の時でも、誰かと一緒の時でも、ビジュアルはとても大事にします。
栄養のバランスや質も大事ですが、やはり食事は五感。
特に見た目を美しくすることは、食材を丁寧に扱うことにもつながると思うんです。

日本には美しい四季の移り変わりがあり、旬があり、季節の行事やイベントなども多いです。
それらを色彩豊かに料理やスイーツなどで表現する楽しみは格別ですね。

-- もともとブログをされていたと思いますが、インスタグラムへの投稿はいつから始めたのでしょうか?きっかけは?

自分の好きなアーティストさんの写真を見るためにアカウントだけ作っていたのですが、2015年の5月頃から、何となく自分も投稿を始めたところ、まんまとハマってしまいました(笑)。
ブログやお料理サイトへの投稿は、レシピを付けることがお決まりのようになっていますが、聞かれてもいないのにレシピを書くのが面倒になってしまう時がありまして。

その点、インスタグラムは写真だけでよいので、写真を撮ることが好きだった私にとっては、それがとても気楽で恰好な場所となったのです。
それでもありがたいことに、インスタグラムでもレシピを聞いてくださる方がいらっしゃって、出来る限りブログにはレシピを載せるようにしています。

-- レシピがあると、読者としても嬉しいです! では、始めて何か変化はありましたか?

大いにありました。自分と同じようなパンやスイーツの写真だけでなく、全く違うジャンルの写真が見られることがとても新鮮でした。
例えばイラストレーターさんやフローリストさん、和菓子職人さんなどはとても興味深いです。
色の組み合わせやバランス、輝度や彩度など、とても勉強になります。
圧倒的な美しさを持つたくさんの写真が世界中に溢れていて、とても刺激を受けています。

国境を越え、人種も関係なく繋がれるインスタグラムの世界。
「この世の中、なんて美しくて素敵なんだろう…」と思う反面、世界のあちこちで起きている痛ましいテロを悼む写真などを目にすると、悲しくなりますね。
見た人が優しい気持ちになれるような写真を撮りたいと思うようになりました。

-- 写真が伝える雰囲気や空気感は大きいですよね。インスタグラムにはどういったモチベーションで投稿していますか?

最初の頃は作ったから撮る→撮ったから載せる…というスタンスでしたが、最近は私の中ではいい意味で撮ることが”お仕事”になりましたから、載せるために撮る→撮るために作る…というのもアリだと思います。
楽しければどちらでもいいと思うんです。
季節のフルーツを使ったケーキやタルト、アイシングクッキーなど、色の組み合わせを最大限楽しんでいます。

-- 注目しているハッシュタグやインスタグラム飯があったら教えてください。

#おうちカフェ、#スイーツ、#instasweet、#instagramjapan、#cafe、#instaflower などです。

-- とても雰囲気のある写真がいつも素敵ですが、スイーツやおうちごはんをおいしそうに撮影するためのコツはありますか?

窓際で白いレースのカーテン越しの自然光で撮ることが多いです。
レフ板は使いません。あえて影を強調する時もあります。
撮影時間は季節によって異なりますが、私はキャンドルも好きなので、薄暗くなるのを待ってキャンドルを灯すこともあります。
構図についてはその時の気分で決めていますが、被写体そのものがおいしそうに…というより、四角い枠の絵として捉えています。

特にインスタグラムは複数の写真が並ぶので、ずらっと並んだ時でも抜け感が感じられるよう、1枚1枚の写真には出来るだけ余白を作ります。
食事の場合は彩りを考えて食材を選びますが、スイーツの場合は色数よりも、色のコントラストに気を使い、優しいエアリー感や、柔らかな透明感が出るように少しフェードをかけたりします。

-- カメラや編集アプリは何を使用していますか?

カメラは少し前まではiPhone6オンリーだったんですが、3か月ほど前にCanon EosKiss X8iを購入してからは、ほぼデジタル一眼で撮影しています。
真上から撮るアングルはiPhoneでも綺麗に撮れますが、横から奥行きのあるアングルの場合はやはりデジタル一眼には敵いません。
カメラについてはまだまだ勉強不足なので、今後の最大の課題です。
加工は『Snapseed』というアプリや、インスタ内の編集機能で微調整しています。

-- 盛り付けのコツはありますか?また、参考にされているものがあれば教えてください。

食事でもデザートでも、やはりポイントになるのはトッピング。
ミントやタイム、育てているお花を摘んでのせたり、ブラックペッパーやナッツ類をパラパラっとかける。
そんな仕上げのひと手間を惜しむか惜しまないかで大きく変わると思います。

雑誌などは美容院に行った時くらいにパラパラと見るくらいですが、
おしゃれなカフェのページなどは、ディスプレイや盛り付けなどを食い入るように見てしまいますね。
美容師さんに「どうしたんですか!?」と聞かれるほどです(笑)。

-- お気に入りの調理器具や器など教えてください。

マルチハンディブレンダ―はチーズケーキの生地やポタージュ、マヨネーズ、生クリームのホイップなど、便利でとてもよく使います。
私はよく絹ごし豆腐を使ったスイーツを作るのですが、やはりお豆腐を滑らかにする時にもブレンダ―は欠かせません。
器については窯焼き工場をやっている親戚が多いため、いただき物が多いんですが、最近は100均のものも可愛くて使いやすくて好きです。

-- では最後に、 @melody_wiiish さんにとって、おうちごはんとは?

私は難しい料理は作れません。手抜きもしようと思えばいくらでも出来ます。
でも、手抜きをしても器や盛り付け方ひとつで立派なおうちカフェになります。
ちょっとした遊び心はいつも忘れないでいたいです。

ありがとうございました!

色鮮やかな“旬”を料理やスイーツで作りだしている @melody_wiiish さん。器選びや盛り付けなどのちょっとした工夫で食卓は華やかになることを教えてくれました。
これからも @melody_wiiish さんの作品は要チェックです!

@melody_wiiish さんのインスタグラムはこちら
スイーツ アイシング おうちごはんインタビュー アイシングクッキー
記事に関するお問い合わせ