かっこいいオトコ飯には欠かせない、男前なパン作りのススメ!

かっこいいオトコ飯には欠かせない、男前なパン作りのススメ!

かっこいいオトコ飯をフォトジェニックに飾るためには、白米よりもやっぱりパン!手作り男前パンでおうちごはんをさらにスペシャルにしてみませんか? パン作りの工程やポイントとあわせて、私が考える「男前に仕上げるための七か条」と愛用品も紹介します。

パン作りを始めたきっかけは??

もともと私の両親がパンを食べるのが好きで、子供の頃から朝食は決まってパン、ランチやディナーでテーブルにパンが登場することも少なくなく、今でもパンを食べる習慣は体に染み付いており、パン無しの生活は考えられないというくらいのパン好きです。以前は、近所のパン屋さん数件を気分でローテーションしながらパンを買っていましたが、近所にはパン屋さんが少なく、毎日口にするものなので、すぐに飽きがきてしまうのが難点でした。そんなところへ、ホームベーカリーブームがやって来たので、焼きたてのパンを食べること、日々のパン代を節約することを目的に、ホームベーカリーを購入したのが、パン作りの始まりでした。それ以降は、レシピ本やユーチューブの動画等を参考にしながら、ほぼ独学でパン作りを学び、自分が食べたいパンを練習してきました。

パン作りって手間も時間も掛かって難しいのでは?

パン作りは手間も時間も掛かるイメージがありますが、ホームベーカリーとインスタントドライイーストを使えば、割と簡単にパン作りができます。そして、保存料等を含まない安全で小麦の風味豊かなパンを家庭で気軽に楽しむことができれば、おうちごはんを更にスペシャルに演出できます!

パン作りの基本工程とは?

パン作りの基本工程を簡単にまとめると
1. 捏ね
2. 一次発酵
3. 分割、丸め
4. ベンチタイム
5. 成形
6. 二次発酵
7. 焼成

パン作りを成功させるポイントは捏ねと一次発酵!

基本工程の中で、「1. 捏ね」と「2. 一次発酵」が最も重要で、この工程で失敗してしまうと、後の工程も上手くいきません。しかし、パン作り初心者にとって、「1. 捏ね」の止め時、「2. 一次発酵」の見極めがとても難しく、捏ねが足りなかったり、捏ね過ぎたり、発酵が足りなかったり、過発酵になったりと訳も分からず失敗に陥っているケースが多いのです。

捏ねと一次発酵を成功させる極意とは?

ずばり!!ホームベーカリーを使うことです。ホームベーカリーがあれば、この「1. 捏ね」から「2. 一次発酵」までを温度管理しながら自動で行ってくれるため、まず失敗はありません。一次発酵が完了したら、あとは生地を分割して丸めて、休めて、成形して、二次発酵させて、焼くだけなので、パン作りの成功率がグンと上がるはずです。

ホームベーカリー!?

ホームベーカリーは食パンを焼くだけの製品ではありません!

私はパナソニックのスタンダードな機種を使っていますが、ホームベーカリーでパンを最後まで焼くことはほとんど無く、捏ねと一次発酵までの専用機としてホームベーカリーを使っています。ですので、一次発酵以降の分割〜丸め〜ベンチ〜成形〜二次発酵は手作業で、最後の焼成はオーブンを使っています。こんな使い方をすることによって、色々な種類のパンを失敗なく作ることができます。私がインスタグラムに投稿しているパンも、ほとんどがホームベーカリーのお世話になっています。ホームベーカリーを使って作ったパンを幾つか紹介します。

ハム&チーズロールとハム&マヨコーンロール

ミルクハース

カンパーニュ

ご覧の通り、ハムチーズロールのような調理パンや、ミルクハースのようなソフトなパン、カンパーニュのようなハード系のパンまで、ホームベーカリーを利用すれば、非常に幅広い種類のパンを失敗なく焼くことができます。パンの種類によって、材料の配合や成形方法が異なるので、多少の練習は必要ですよ(笑)。

まとめ

ホームベーカリー、インスタントドライイースト、オーブンを使って気軽にパン作りを始めてみませんか?

パンの種類のよって、材料の配合や成形が異なるので、ここでは細かなレシピを紹介しませんが、ホームベーカリー、インスタントドライイースト、オーブン(安いものでOK)があれば、成功率の高いパン作りを割と簡単に楽しむことができます。

ミッチー流 パンを男前に仕上げるための七か条!!

【1】ホームベーカリーを使い、捏ねと一次発酵を失敗しない!
【2】大きめ(長め)なパンを焼く!小さいとどうしても可愛くなってしまいます(笑)
【3】成形は丁寧に!でもその中に多少の無造作感(荒々しさ)を出す!
【4】ソフトでもハードでもパンの表目に少し焦げ目がつくくらいに強めに焼き上げる!
【5】表目に艶を出すパンはおもいっきり艶を出す!
【6】思い通りのパンが焼けるまで、何度も練習する!
【7】上手くいかないときは、パン教室に通う!←私もちょっとだけ行きました(笑)

おまけ情報

こんなオーブンとホームベーカリーを使ってます!

「オーブンはどんな機種を??」との問い合わせをよくいただきますが、私はデロンギのオーブンを使用しています。レンジも、プログラムメニューも、スチーム機能もついていないオーブン機能に徹した単機能オーブンです。コンパクトなオーブンなので、他メーカーのオーブンレンジと比較すると余熱も格段に早く、高温が必要なハード系のパンも問題なく焼けます。家庭用のオーブンレンジやオーブンを使ってパンを焼く際のポイントは、オーブンメーター(オーブン用温度計)を使って、庫内の温度を実測することです。実際に測ってみると分かりますが、余熱が完了しても実測温度は設定温度に達していないことがほとんどです(特にオーブンレンジはその差が顕著なものが多いです)。オーブンの設定温度は参考までに、オーブンメーターで庫内の実測温度を必ず目で確認するようにしましょう。

Delonghi

コンベクションオーブンスフォルナトゥット EO1490J-W

私の使っているオーブンです。機能はオーブンに徹しており、レンジやスチーム、プログラムメニュー等の機能はついていませんが、余熱も早く、庫内の温度もしっかりと高温まで上がるので、パン作りには重宝します。余計な機能がついていない分、壊れにくいのでオススメです。

価格:32,400円(税抜)

購入はこちら

タニタ

オーブン用温度計 オーブンサーモ 5493

価格:1,620円(税抜)

購入はこちら

panasonic

SD-BH1001

価格:22,800円(税抜)

購入はこちら
インスタグラム @mizukudasai
パン オトコメシ 手作りパン
記事に関するお問い合わせ