朝から野菜たっぷり!杉浦太陽流「朝ベジ」を楽しむコツとは?

朝から野菜たっぷり!杉浦太陽流「朝ベジ」を楽しむコツとは?

3人のお子さんをお持ちでイクメンとしても知られる俳優の杉浦太陽さんへのインタビュー。野菜王子として野菜のレシピ本を出版された経験もあり、現在は多数の料理番組でも活躍中の杉浦さんに「朝ベジ」を楽しむコツを教えていただきました。この春から野菜を中心とした朝食、始めてみませんか?

春からの新生活に向け、今が朝ごはんを見直すチャンス!

ぐっと冷え込む寒さの日もあれば、春の訪れを感じる暖かい日もあったりと、寒暖差に振り回される今日この頃。ちょっと身体もお疲れ気味かもしれませんね。
そんな季節の変わり目の今は食生活を見直すチャンス!春からの新学期・新生活にむけて、朝ごはんも一度見直してみてはいかがでしょうか?

そこで、おうちごはんから提案したいのが、野菜を中心とした朝食を取り入れた「朝ベジ」。昨年、食トレンドの発信地・NYをはじめとした海外で、野菜メインの朝食メニューがトレンドとなり、おうちごはんでも「朝ベジ」インスタグラム投稿キャンペーンを実施しました。

NY発の新トレンド!野菜メインの朝食「#朝ベジ」をインスタグラムで大募集

朝ベジを実践される人は日々じわじわと増えており、スムージーやパワーサラダなど、現在でも2,000件を超える投稿が集まっています。スーパーでは春キャベツや新たまねぎといった春野菜も出回る時期となってきました。栄養価の高い旬の野菜を取り入れながら、朝ベジ始めてみませんか?

インスタグラムでみんなの #朝ベジ を見てみよう!

料理番組で活躍中!イクメンで料理上手な杉浦太陽さん

今回は、辻希美さんの夫であり、3人のお子さんをお持ちのパパとしてもおなじみの杉浦太陽さんにお話を伺いました。現在はNHK総合『キッチンが走る!』などの料理番組に出演され多方面で活躍中の杉浦さんはフルーツ&ベジタブルマイスター資格をお持ちで、野菜が大好き。
野菜の楽しみ方や、朝ベジのコツをたっぷり教えていただきました。

漫画で知った料理の世界が、現実とリンクする瞬間がある

――今日はよろしくお願いします!杉浦さんは現在料理番組などでもご活躍されていますが、料理は昔から好きだったのでしょうか?

杉浦太陽さん(以下、杉浦):料理というか、食べることに昔から興味がありました。特に漫画の影響が強いですね。

――影響を受けた漫画は何でしょう?

杉浦:『ミスター味っ子』ですね!パイナップルの中身をくり抜いて器にした「パイナップルカレー」をはじめとして、ありふれた料理がプラスαのアイデアで独創的な料理に変化していくのがすごくおもしろくて、漫画で心を揺さぶられたのはそれが初めてです。食べた後のリアクションもよくて「どんだけおいしいねん!」って子どもながらに心惹かれていましたね(笑)。

他にも、『美味しんぼ』『将太の寿司』の漫画も好きでよく読んでいました。
レアな食材や旬な食材、産地や作り手の人柄によっても食材の味が変わる点とか、そういうのを漫画から学んだ上で実際にロケに行ったときに、漫画の世界と現実の世界がリンクした瞬間があって「リアル美味しんぼをやっているな!」という気分になったんです。
そこでさらに火がついて、より料理が好きになりました。

杉浦太陽が教える、 野菜を通じてうまれる家族コミュニケーションとは?

――杉浦さんは現在料理番組などでも活躍されていますが、ベジタブル&フルーツマイスターの資格もお持ちですね。この資格を取得されたきっかけは何だったのでしょうか?

杉浦:NHK総合『キッチンが走る!』の番組への出演が決まったことがきっかけでした。全国各地をまわり、その土地の食材を使った料理をシェフと一緒に作って振る舞うのですが、せっかくの機会ですしこれは何かもってないといけないなと……。
自分が興味を持ったことを人に語ってもただ話しているだけなので、自分の言葉に説得力を持たせたかったのが一番の理由ですね。

――言葉の重みが増しますもんね。資格を取得され、さらに番組ロケで全国の生産者さんや数多くの食材に触れる中で、杉浦さんの食生活に変化はありましたか?

杉浦:農家さんのところで畑の真ん中で採れたての野菜をかじった時に「これが野菜本来の味だ」と知って以来、その素材の味を生かした料理を作ってみたいと思うようになりました。生で食べるのと加熱して食べるのでは、甘味や栄養価が変わりますしね。

野菜を地方から取り寄せることも増え、家族もみんな野菜が好きになったと思います。
鮮度がいい野菜を一緒に食べると子供たちも興味を持ってくれて詳しくなるし、妻も新しい野菜に興味を持ちだして色んな料理を作ってくれるようになりました。

夏場は自家菜園でキュウリやトマトを作っているので、子どもと一緒に成長過程を見て楽しむようになりました。「パパ、とげとげしてるよ!」「じゃぁ自分で収穫してみようか!」みたいに。
長女は家で育てたキュウリを自分で収穫したら、キュウリが好きになった様子ですし、たたきキュウリとか好きでよく食べていますよ。

全国ロケで知った野菜の魅力とは?

――ロケで全国を周る中で、印象的なエピソードはありますか?

杉浦:「伝統野菜」のことですね。
今、野菜も品種改良が進んでいる中で、進化する良さと伝統を守る良さ、二通りあると思うんです。

例えば、福島に「小菊かぼちゃ」という小さめで菊みたいな見た目のかぼちゃがあって、昔からその土地で生産者の方々は絶やすまいと作り続けていたんです。でもみんな見慣れていないから直売所に持って行っても売れず、端に避けられて捨てられていたそうです。それがある時、地元の高校生が興味を持ち始めて、伝統のかぼちゃがあることを知り、農業高校の授業の一環で取り入れるようになったら注目され、今では人気の野菜になったそうです。

このお話を、当時のことを思い出して泣きながら生産者の方が話してくださったんです。「俺が作らなくなったら、なくなっちゃうんだ」という想いを何年もお持ちで、地元を愛する信念のようなものを農家の方から感じました。

スーパーでいつでも買えるよう、安定したものを供給することももちろん大事で、安定供給のために品質改良が進んでいる面もあると思います。
それぞれの土地に合った食材は薄れつつあるので、その中で手間もコストもかかるけれど伝統野菜を大事に守っている方がいることにすごく感銘を受けましたね。

忙しい朝こそ「朝ベジ」!コールドプレスジュースで手軽においしく

――そんな杉浦さんは、普段どのようなスタイルでベジライフを過ごされていますか?

杉浦:毎朝コールドプレスジュースを飲んでいますね。野菜の栄養分を手軽に摂れるという点が魅力です。本当は野菜を生で食べるのが一番好きなのですが、仕事などで忙しくて、野菜が不足しているなぁと感じた時は積極的に飲むようにしています。休憩中とかもよく飲んでいますね。

――時間がないときは手軽に野菜がとれるのは魅力ですよね。しっかり朝ベジごはんを食べたい場合はどうすればいいでしょうか?

杉浦:朝しっかりごはんを食べたい人は、野菜をたっぷり入れた炊き込みごはんを前の晩のうちに仕込んでおくと翌朝ラクですよね。おにぎりにすれば持って行けますし!

あとは、野菜たっぷりの味噌汁なんかも良いと思います。
僕は野菜の中でも根菜類が大好きなんです。特に食感がいいんですよね。にんじんもこんにゃくも大根もごぼうも入った、根菜祭りの豚汁は好きですね。翌日に食べる豚汁なんかもう、味がしみてたまらないです!

前の晩の残りでもいいので、多めに野菜たっぷりのごはんを作っておいて、翌朝食べるというのも、朝ベジとしてありじゃないかな。

――忙しい朝に、前日の作り置きがあると助かりますもんね。「野菜を食べる」というと生野菜で食べなきゃいけないというイメージもありますが、野菜たっぷり具だくさんの味噌汁にして、朝から温まる朝ベジも取り入れやすい形だなと思いました。

杉浦太陽さんおすすめ!2色の朝べジスムージー

――他にもおすすめの、野菜の取り入れ方はありますか?

杉浦:野菜やフルーツでつくるスムージーもおすすめです。家庭では小松菜とバナナのスムージーを子供たちも作って飲んでいるので、時間のない朝にささっと作って飲む「朝ベジ」もいいと思いますね。

そうそう、野菜のスムージーにトマトケチャップをほんのちょっと足すのもおいしいですよ。

――スムージーにトマトケチャップですか!味の想像がつかないです(笑)。ケチャップ味のスムージーでしょうか……?

杉浦:うまみがぐっと増すんです!ほんの少量しか使わないので、隠し味程度ですね。
この2色スムージーは、凍ったバナナと加糖ヨーグルトとトマトケチャップをちょっと入れてミキサーにかけただけ。下は小松菜のスムージー、上はトマトのスムージーで、それぞれ濃度が異なるから混ざらないんです。上にミントを乗せてオシャレにしてみました(笑)。

――2色がとてもきれいなスムージーでとてもおいしそうですね!隠し味がケチャップと言う点も意外でした(笑)。

野菜が苦手な人でも大丈夫。「朝ベジ」を楽しむコツとは?

――野菜が苦手な人でも「朝ベジ」は楽しめるものでしょうか?

杉浦:もちろん、野菜が苦手な人でも大丈夫。例えば、たまねぎと他の野菜を合わせて作ったポタージュスープを朝にいただくのも朝ベジスタイルですよね。スープは野菜のカラフルな色で目からも楽しめますし食べやすい。しかもミキサーやブレンダ―があれば簡単に作れるのでおすすめです。
あとは、野菜を細かく切って炒めて中華風に味付けてみたり、カレーの中に入れるのも良いかもしれませんね。そういったところから少しずつ試してみると良いと思います。

――では最後に、おうちごはんの読者の方々に朝ベジを普段の生活に取り入れるポイントを教えてください。

杉浦:料理すること、食べることを「楽しむこと」じゃないでしょうか。手作りをしてみると、自分でやった楽しみやそれを家族に食べてもらう喜びも増える。
何かひとつでもいいので、まずは自分でつくってみようと思うことが、朝ベジを楽しむコツだと思います。スーパーで旬の食材を見つけたら、これで何か作ってみようとか。
一度やってみると、次は「ああしてみよう、こうしてみよう」と、野菜をどんどん取り入れたくなると思うんですよね。

自分の想いがのっかると、喜び楽しみが増して、そうすると気持ちよく野菜が食べられるきっかけになるんじゃないかと思います。

――ありがとうございました!

杉浦太陽さん プロフィール

大阪府出身。
MBS系『ウルトラマンコスモス』(2001)主演をはじめ、ドラマや映画、舞台、CM、バラエティなど幅広く活躍中。現在のレギュラー出演は、『魔法のレストラン』(MBS)、『キッチンが走る!』(NHK総合)など。

杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ○○食べ太陽』 Powered by Ameba

インタビューはここでおしまいです。お読みいただき、ありがとうございました。

野菜 スムージー インタビュー 朝ベジ タレントインタビュー
記事に関するお問い合わせ