出典 : @konami97 タラレバ娘で話題沸騰中の「ピェンロー鍋」が簡単なのにおいしすぎっ!

タラレバ娘で話題沸騰中の「ピェンロー鍋」が簡単なのにおいしすぎっ!

「ピェンロー鍋」はご存知ですか?ピェンロー鍋は、少ない材料で簡単においしくできると定評のある鍋料理。さらに日本テレビ系人気ドラマ『東京タラレバ娘』の中で、早坂さんが倫子のために作った料理として登場し、注目が集まりました!今回はピェンロー鍋の作り方や活用術、おいしく作るポイントをご紹介します。

ドラマで話題の「ピェンロー鍋」が気になる!

「ピェンロー鍋」はご存知ですか?
ピェンロー鍋は、舞台美術家の妹尾河童さんが著書「河童のスケッチブック」で紹介し、 一躍有名になりました。
また、料理雑誌『dancyu(ダンチュウ)』の読者支持率No.1にも選ばれたり、日本テレビ系人気ドラマ『東京タラレバ娘』の第9話でも登場し、再び注目を集めています。
手に入りやすい材料で簡単においしくできると以前から定評のある鍋なんです。

材料(4人前)

干し椎茸 5個(25g程度)
水 適量
白菜 1/2個
豚バラ肉 250g
鶏モモ肉 250g
春雨 1/2袋(50g程度)
ごま油 適量
塩、七味 お好みで

作り方

1. 干し椎茸を一晩水に浸し、出汁をとる。
(※時間をかけてじっくり出汁を取るとおいしくなります)
2. 汁を絞りながら干し椎茸を取り出し、食べやすい大きさに切る。
3. 材料を切る。白菜は5cm程度のざく切り、豚バラは6~7cm、鶏モモ肉は一口大にカットする。白菜は芯の堅い部分とと葉の柔らかい部分は分けておく。春雨もこのタイミングで戻しておく。
4. 出汁に水を加え強火にかけ、椎茸と白菜の芯の堅い部分を投入する。
5. 沸騰したら肉をほぐしながら入れ、ごま油を"の"の字を描くように入れる。
6. 白菜の葉の部分を入れて蓋をし、弱火に変え40分待つ。
7. 春雨を入れ、最後にごま油をもう1度かけて完成。
8. お好みで塩と七味をかけて召し上がってください。

「ピェンロー鍋」味の決め手は?

ピェンロー鍋の味の決め手は、なんといっても「椎茸のだし」。ピェンロー鍋は味付けをほとんどしないので椎茸だしによっておいしさが左右されるといっても過言ではありません。
おいしい椎茸だしを作るポイントは、冷蔵庫などの温度の低い場所で、24時間じっくり時間をかけてうまみを出すことです。
「そんなに待ってられないよ!」という方は干し椎茸をあらかじめにスライスしておくと、短い時間でだしを取ることが出来るそうです。

また、もうひとつの味の決め手は「ごま油」。これがあることで香ばしく食欲をそそる香りと味を作ってくれます。
しかしながら、ごま油は入れすぎると脂っこく、くどい味になってしまうので注意。入れる際には少量ずつ入れて調整していくとおいしいピェンロー鍋に近づけますよ!

知っておきたい!「ピェンロー鍋」のとっておき活用術

ちょっと物足りない時に……

ピェンロー鍋はとにかくヘルシーなので、よく食べる男性の方なんかには少し物足りないと感じる人もいるかも知れません。
そんな時には、〆としてごはんと卵を追加して雑炊にするのがオススメです。たっぷりと出汁の出たスープと食べるごはんは、お腹が一杯でも食べたくなっちゃうぐらいおいしいんです!

余ったときには、次の日のお弁当として!

ピェンロー鍋を作りすぎてしまったら、次の日のお弁当のスープ代わりにもっていくのもオススメ。ピェンロー鍋自体が優しい味付けなので、お弁当でもおいしくいただけます。
スープポットをお持ちの方はぜひお試しください。

まだまだ余っている時には、リメイクしてみる。

お弁当として持っていっても、まだまだ余るときは春巻きにリメイクしてみてはいかがでしょうか?春巻きにすると外はサクサク中はとろーりとした、昨日のピェンロー鍋とはまた違う雰囲気で楽しめますよ。
他にもとろみをつけてあんかけにしてみたりと、ピェンロー鍋は意外とリメイクの幅も広くて便利です。

「ピェンロー鍋」で身体の芯からぽかぽかに

寒い季節にぜひ作りたいピェンロー鍋。ほとんど手間をかけず、ヘルシーでおいしいごはんを作れるといいこと尽くし。材料もスーパーで手に入れやすいものばかりなので、いつでも簡単に作ることができるのも魅力の一つ。
基本的にシンプルな料理なので、横着してしまうとすぐ味に善し悪しが出てきてしまいます。
椎茸だしをとるところから、ゆっくり時間をかけて待ちながら作って、体の芯からぽかぽかするピェンロー鍋をいただきましょう!

インスタグラムで #ピェンロー鍋 をチェック

おうちごはんの最新情報はSNSをチェック!

Instagramはこちら
Facebookページはこちら

『おうちごはん』では各種SNSで最新情報や動画を発信中!Facebookではライブ動画も配信しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

レシピ アレンジ だし リメイク 鍋料理
記事に関するお問い合わせ