#晩ごはん

このカテゴリの記事
386本

「晩ごはん」に関する記事一覧です。疲れて帰った夜も、特別な夜も、おいしいごはんで一日を締めくくってみませんか?簡単レシピやちょっと気合いを入れた食卓などをご紹介します。

和食 洋食 盛り付け・スタイリング その他

話題の韓国スタイルはもう食べた?フライドチキンの激うまアレンジ7選

フライドチキンは、子どもから大人までみんな大好き!現在、アメリカでは韓国スタイルやナッシュビル(南部テネシー州の都市)スタイルなど、さまざまなフライドチキンが流行っているそう。そこで、今回はスパイシーなものから甘じょっぱいものまでいろんなタイプのフライドチキンをご紹介。いつもと違うアレンジで楽しんでみませんか?

主菜にも副菜にも大活躍!低カロリーでグルテンフリーな春雨のおいしいアレンジ

つるっとした食感でアレンジ自在な春雨。料理のバリエーションも豊富でどんな食材とも相性がよく、おうちに常備している方も多いのでは?緑豆やじゃがいもなどのでんぷんを原料として作られる春雨は、グルテンフリーでうどんやそばなどの麺類に比べて低カロリー。主菜にも副菜にも大活躍な春雨を使った、おいしいアレンジレシピをご紹介します。

2021年は2月2日!節分に作りたい、おいしくて楽しい巻き寿司アレンジ

節分といえば豆まきですが、恵方巻も節分の食べ物としてすっかり定着しましたよね。節分の夜にその年の恵方を向いて巻き寿司を無言で食べ切ると、願いが叶うと言われています。そんな恵方巻を今年は手作りしてみませんか?好きな具材を巻いてガブリと食べれば、幸せな気分になれること間違いなし。さまざまな巻き寿司のアイデアをご紹介します!

筑前煮だけじゃない!夜ごはんで大活躍間違いなしの煮物アレンジ7選

和食の代表格である煮物。なかでも筑前煮が定番ですが、そればかりだと飽きてしまいますよね。そんな時は、いつもと違うアレンジで楽しんでみませんか?煮物は野菜、お肉、お魚などバリエーション豊富で、味付けもさまざま。煮汁と一緒にいただけば、食材から流出した栄養素も摂ることができます。ぜひ毎日の食卓に取り入れてみてくださいね!

油を使わないからヘルシーでうれしい!茹でて作る、おかずのレシピ7選

焼く、揚げる、煮るなど、調理法にはさまざまな種類がありますよね。なかでも「茹でる」という調理法は油を使わないので、カロリーを抑えられるのがうれしいポイント。また、お湯の中で食材全体を加熱するので、ムラなく火が通って焦げる心配もありません。今回はそんな茹でて作る料理に注目!食卓のメインになるおかずのレシピをご紹介します。

【あゆのこどもごはん】家族みんな大満足!調味料2つで簡単こってり「ツナじゃが」

和食の定番・肉じゃがは、寒い時期には尚更おいしく、大人から子どもまで大人気のメニュー。しかし小さいお子さんは、噛み切れないお肉が苦手という場合も。そこで今回はあゆさん(@a.jinja)に、お肉の代わりにツナ缶を使った「ツナじゃが」の作り方を教えていただきました。こってり味でご飯がススむこと間違いなしです!

お鍋だけじゃない!旬の水菜で作る前菜やメインのアレンジレシピ7選

12~3月頃が旬の京野菜・水菜。今では関西地方以外でも定番の野菜になりましたよね。シャキシャキとした食感が楽しく、クセのない味わい。アクが出にくいのでお鍋にぴったりですが、ほかにもおいしい食べ方がたくさんあります。そこで、サラダやパスタなど、手軽に作れる水菜のアレンジレシピをご紹介。水菜がおいしい季節にぜひお試しあれ!

【あゆのスポ飯】スポーツ選手におすすめ!冬の鍋は豆乳味噌で決まり!

冬の定番メニューの鍋。野菜もたっぷりとれて冷えた体も温まる嬉しいメニューですが、今回はあゆさん(@a.jinja)おすすめの、アスリート鍋をご紹介します。まろやかな豆乳味噌味なので、スポーツ選手のみならず、女性やお子さんも食べやすい一品です。

冬こそ食べたい!おいしくて栄養満点な小松菜が主役のアレンジレシピ

11~3月に旬を迎える小松菜。寒さに強く、霜にあたると甘みが増し、葉も柔らかくなっておいしくなります。しかも栄養価が高く、カルシウムや鉄分の含有量はほうれん草以上なんです。そんな今こそ食べたい小松菜のアレンジレシピをピックアップ。副菜にぴったりのサラダや和え物から、食卓のメインになるおかずまで、幅広くご紹介します!

手軽で華やか!テーブルを素敵に演出する、クリスマスにぴったりなリースサラダ

クリスマスリースをモチーフにしたリースサラダ。ベビーリーフやトマト、生ハムなどお好みの野菜や食材を円状に並べて作るリースサラダは、見た目も華やかで手軽にできるのがうれしい一皿。今回はクリスマスやホームパーティーにぴったりなリースサラダをご紹介します。今年のクリスマスは、リースサラダで食卓を素敵に演出してみませんか。