丸山珈琲が表参道にOPEN!コーヒー豆を生産者で選んでみませんか?

丸山珈琲が表参道にOPEN!コーヒー豆を生産者で選んでみませんか?

2017年9月23日に「丸山珈琲 表参道 Single Origin Store」がOPENしました。世界各国の高品質で豊かな味わいのコーヒーを味わうことができる丸山珈琲の新店は、他のお店とはちがう魅力がありました。今回は表参道店の気になる店内の様子や魅力についてたっぷりレポートします。

丸山珈琲、待望の新店が表参道にOPEN!

世界各国の高品質で豊かな味わいのコーヒーを味わうことができる丸山珈琲。
バイヤーが直接現地に行き買い付けたコーヒー豆と、日本でも屈指のトップバリスタによって淹れられたコーヒーは日々コーヒー好きの舌を唸らせています。

そんな丸山珈琲の待望の新店「丸山珈琲 表参道 Single Origin Store」が2017年9月23日(土)にOPENしました!

代表の丸山健太郎さんに、今回表参道に出店を決めた理由を聞いたところ、今までの丸山珈琲とは違う客層の人が多くいる街で挑戦し、丸山珈琲を知ってもらいたいから、とのこと。

また、丸山さん自身「いつか表参道にお店が出せたらいいな」という想いがずっとあったそう。その想いが今回本当に実現されることになり、表参道店は今までの丸山珈琲とはまた違った雰囲気のお店になっているんです!

さっそく「丸山珈琲 表参道 Single Origin Store」に行ってきました

他の店舗とは違う表参道店の特徴とは?

青山通りから路地に入った場所にある丸山珈琲表参道店。
もともと一軒家だったところを改装した表参道店は、知る人が知る隠れ家のようなかわいい見た目をしています。

入口をくぐるとそこには大きなカウンターと選び抜かれた30種類近いコーヒー豆がずらりと並んでいました。
天井の深い赤色はコーヒー豆の赤い実を、壁のタイルの濃い緑色はコーヒーの木の葉っぱを表しているそう。深みのある色でとても上品な雰囲気です。

丸山珈琲表参道店が他の一般的なコーヒーショップと違うのは、1階は豆の販売のみで、2階がカフェスペースとなっていること。豆の販売をメインにした、この空間の使い方こそが表参道店の最大の特徴なんです!

コンセプトは「Discover Coffee(ディスカバーコーヒー)」

表参道店のコンセプトは「Discover Coffee(ディスカバーコーヒー)」。
これはコーヒー豆生産者との出会いという意味があります。販売しているコーヒーには生産者の名前が付いており、誰が作った豆なのか明確に分かるようになっていました。

生産者の写真も大きく展示されているので「この生産者のコーヒー美味しそう!!」とか「この人カッコいいからこの豆にしよう」なんて選び方もできちゃいますよ(笑)。

また表参道店では、店内に、丸山珈琲が誇るトップレベルのバリスタが1名以上常駐しており、「豆のコンシェルジュ」となって自分好みのコーヒー豆を見つけるサポートをしてくれます。
そのため、コーヒー豆のことが全然わからない人でも30種類の中から自分好みのコーヒー豆を見つけ出すことが出来ます。

注目の表参道店限定のコーヒー豆

ちなみに、表参道店の目玉商品は、COE(※1)史上最高価格で落札した希少なコーヒー豆「オスカー・ラミレス」。どこよりも先行して入手することが出来ます。

また、オスカー・ラミレスの他にも、世界最高の産地といわれているケニアのコーヒー豆の中から丸山珈琲の代表でもありバイヤーでもある丸山健太郎さんが選び抜いた3種類の銘柄も表参道店での限定販売なんだそうです。

また毎月1日と15日にコーヒー豆の入れ替えをするので、来るたびにまた新しい発見が出来るかもしれません。

(※1)COE:コーヒーの品質審査制度で最高ものに贈られる称号

2階のカフェにも隠れたコンセプトが……!!

2階に上がると、外の表参道の雰囲気とは変わって、天井が高く、ゆったりとした時間を味わえる空間。コーヒー豆生産者のゲストルームをモチーフにしているそうで、まるでおうちにいるようなアットホーム感がありました。

お店の店内だけではなく、コーヒーカップもこだわりがつまっています。生産者の国で使われているようなヨーロッパ系のもの選んだそうですよ。

2階に飾ってる写真にも丸山さんの熱いこだわりがあります。
シングルオリジンコーヒーにこだわる丸山珈琲にとって、コーヒー生産者とは切っても切れない関係があります。しかしながら、まだまだ日本ではコーヒー生産者には注目が集まらないのが現状。

そんな現状を打破するためにファッションカメラマンを生産地まで連れて行き、今までにないアーティスティックな生産者の写真を撮ることで「コーヒー豆の生産者はカッコいいんだ」ということを表現し、興味を持ってもらえるようにしたんだそうです。
そのため、表参道店ではコーヒー生産者のカッコいい写真が多く展示されています。

トップバリスタによる美技に見惚れる

私たちが取材に伺った時に、コーヒーを試飲させていただきました。

2階でいただけるコーヒーは、1階にある30種類近いコーヒー豆をすべて取り扱っており、従来の丸山珈琲ファンも行きたくなるようなラインナップ。
丸山珈琲が誇るバリスタさんが目の前で淹れてくれます。

また運がいい日だと、店頭で販売したかったけれども量が少なくて紹介できなかったようなレアなコーヒーを表参道店でのみ、いただくこともできるそうです。

コーヒーの素材本来の美味しさを楽しんでもらうためにフレンチプレスで提供していただけます。さらに店内にサイフォニストがいる日だと……。

サイフォニストによるサイフォンで淹れたコーヒーを味わうこともできます。
丸山珈琲の店舗の中でも手淹れのサイフォンによるコーヒーをいただけるのはMIDORI長野店と表参道店のみ! 都内ではこの店舗のみなので、ぜひ味わいたい!

コーヒーがもっと好きになれる「丸山珈琲 表参道 Single Origin Store」

丸山珈琲表参道店の最大の特徴は、コンセプトであるDiscover Coffee(ディスカバーコーヒー)。トップバリスタと一緒に自分好みのコーヒーを選ぶことができるなんてすごく魅力的ですよね。
また、定期的に豆の種類も変わるので、お店に訪れるたびにまた新たなコーヒーに出合えますよ。

丸山珈琲 MARUYAMA COFFEE 公式HP
MARUYAMA COFFEE インスタグラムアカウント

関連記事:

注目の「ボリビアコーヒー」を丸山珈琲で飲み比べ!コーヒーの美味しさを実感する
コーヒー コーヒー豆 お外ごはん レポート 取材
記事に関するお問い合わせ