出典 : @denkibiribri  TKGのスペシャリスト・電気ビリビリさんが伝授!たまごかけごはんの楽しみ方

TKGのスペシャリスト・電気ビリビリさんが伝授!たまごかけごはんの楽しみ方

最もシンプルな卵料理「たまごかけごはん」。最近は「究極のTKG」も話題ですよね。人気インスタグラマーの電気ビリビリさん(@denkibiribri)は、ほぼ毎日たまごかけごはんを食べているそう。「さすがに飽きるのでは?」と思ってしまいますが、その愉快なTKGライフを見たらそんな疑問は吹き飛んじゃうはずですよ!

たまごかけごはんをもっと自由に!

みなさんは最近、たまごかけごはん、食べていますか?
私は子どものころはよく食べていたけれど、正直、最近は全く食べていないです……。

TKGのスペシャリストとして知られる人気インスタグラマーの電気ビリビリさんは、逆に子どものころはそれほど食べていなかったそう。転機が訪れたのは学生のとき。高知県の地鶏のたまご「土佐ジロー卵」に出合い、ためしにTKGにしてみたところ、そのおいしさにビックリ!
以来、積極的にTKGを食べるようになったそうです。

じゃあ、たまごにこだわっているのかと思いきや、そういうわけでもないよう。
むしろ具材にはこだわらず、とても自由にしなやかにTKGを楽しんでいるんです。
どうしたらそんなふうに楽しめるのか……ご本人にその秘訣を教えていただきました!

電気ビリビリ(@denkibiribri)さんのインスタグラム

TKGを楽しむ上での心得とは?

TKGの魅力をうかがったところ、「卵パッカーンでできちゃう手軽さ」「意外とどんな具材とでも合う懐の広さ」「卵自体の栄養価が優秀」「毎日食べてもコストがかからずお財布にやさしい」など、たくさん挙げていただきました。

そんなTKGをとことん楽しむ上での心得はズバリ「TKGの可能性を信じる!」こと。
これまでお惣菜や生の魚介類など、さまざまな具材でTKGをしてきた電気ビリビリさん。その中に「こりゃダメだ!」というものはなかったと言い、「TKGはどんな具材も寛容に受け入れてくれて、具材によってはそのおいしさを何倍にも増幅させてくれるすごいヤツです! なので、臆することなくさまざまな具材とTKGのコラボを楽しんでもらいたです!」という力強いエールまでいただきました。

とはいえ、どんな具材を合わせたらいいのでしょう?
まずは、電気ビリビリさんおすすめの具材を見ていきましょう。

おうちTKGのキングは納豆!

納豆とネギでシンプルに

おうちで食べるTKGは、いろいろな具材をTKGと自由にコラボできることが最大の魅力とのこと。そんな中でも電気ビリビリさんは「納豆」が一番のお気に入りで、「納豆様以上にTKGにマッチする食べ物はありません!」と言い切ります。たしかにこの、たまご+納豆+ネギの組み合わせはばつぐんの安定感で、全てを任せられそうな気がしてきますよね。
もう何も考えずにぐしゃぐしゃっと混ぜて、思いっきりかきこみたいです。

納豆に+αしても

納豆だけでも十分おいしいのですが、漬物や“ごはんの友”などを一緒にのせるのもおすすめ。こちらは納豆のほかに、浅漬けとしば漬けをのせた「あっさり漬物納豆TKG」。醤油はかけず、漬物の塩気だけでいただきます。ポリポリ、ねば~という食感の違いが楽しめてとても美味だとか。そのほか、「納豆+佃煮昆布」や「納豆+なめ茸おろし」、「納豆+ゆかり」なども試してみたいところです!

ときには納豆にこだわる

こちらは、北海道・札幌の納豆メーカー『豆蔵』の「まぼろしの納豆」を使用。出張土産としてたまたま購入したそうですが、粒が大きくて味が濃くて驚きのおいしさだったとか。
見た目にも存在感があり、心なしか、たまごが少し肩身狭そうです(笑)。
たまには希少な納豆で贅沢するのもいいですね!

豆蔵

希少な納豆ばかり!豆蔵のこだわり納豆セット(11個)

【内容】
手造り つるの子納豆(90g)×4袋
手造り まぼろしの納豆(90g)×4袋
発芽黒千石納豆(45g×2P)×3個

【賞味期限】冷蔵10日
【保存方法】冷蔵(冷凍保存も可能)
【特定原材料】小麦、大豆

3,200円

購入はこちら

意外とクセになる!TKG御三家

ここからは、電気ビリビリさんが納豆以外でおいしかったという具材ベスト3をご紹介します!

第3位:茹で桜えび

桜えびで有名な地方に出張に行ったときに、地元のスーパーで購入した茹で桜えびをたっぷりのせた贅沢なひと品! 新鮮がゆえの桜えびの甘みと適度な塩気がたまごに絡んで、それはそれは美味だったとか。醤油をかけず、このままいくのがおすすめだそうです。

第2位:ソーセージ

電気ビリビリさんが出張先でよく食べるというソーセージTKG。
「定宿の朝食ビュッフェにある白いソーセージがおいしくて、TKGにのっけて食べてみたらこれまたうまい! 醤油は使わず、ソーセージの塩気でいただきます」とのこと。
ちぎってのせたソーセージのワイルドさにもそそられますね!

第1位:アボカド

アボカドのコッテリした味わいはTKGとよく合うそうで、ごま油塩でアボカドを味付けてTKGにしてみたり、海老マヨアボカドでTKGにしてみたりと、アレンジもいろいろできるそう。
これは盛り付け次第では女子ウケも狙えそうですね。

おうち以外でも楽しめます!

近所のお店で

おうちでTKGができなかった日は、大体お店で食べると言う電気ビリビリさん。
「TKGはもちろんおいしいですが、蕎麦やうどん、サラダなど、おうちではなかなか一緒に食べられない食べ物と合わせられるのが魅力です。あと、上げ膳据え膳っていうのもありがたいですよね!」と語ってくれました。ちなみにお気に入りのお店は、「なか卯」と「すき家」。たまごがおいしくて、写真を撮ってもたまごの存在感が違うとのことです。
そう聞いたら、今日にでも行きたくなっちゃいますね。

旅先で

旅先で食べるTKGもなかなか乙なもの。この日はサービスエリアで、コロッケとアジフライがついた「豚汁定食」をTKGにしています。……このメンツで主役はフライではなく、豚汁っていうところが若干気になりますが、大盛りごはんにのったぷるぷるのツヤツヤたまごも主役級の美しさ。TKGがあれば、たとえそこが慣れない土地でもホッとできそうです。

おそとで

おそとTKGは趣味の釣りの合間に食べることが多いそう。碧い海、青い空をバックに自然の中で食べるTKGは格別なおいしさだとか。
「日々の朝ごはんとは違い、時間を気にせずゆっくり食べられるので、食べて満足、心もリフレッシュできます。釣り船にTKGを持っていくと、周りに『ええ~!?』と驚かれることもありますが、気にしません」と電気ビリビリさん。
釣りに行くときはクーラーボックスの中に生卵1パック6個入りも入れて、現地で「ラーメンクッカー」に盛り付けて楽しんでいるそう。まねされるときは、電気ビリビリさんのように卵はクーラーボックスに入れるなど冷蔵保管して持ち歩いてくださいね。

【インタビュー】電気ビリビリさんにもっといろいろ聞いてみた!

Q1:インスタグラムを始めたきっかけは?
あるニュースサイトでその存在を知りまして、もともと日々の食事の写真を記録用に撮っていたので、どうせならインスタにポストしてみようと。ちなみに最初のポストは「かつ丼」でした(笑)。

Q2:毎日のようにTKGを食べるようになったのはいつから?
3年前、いまの家に引っ越したら朝6:20には家を出ないと仕事に間に合わなくなって……。そんな時間に奥さんにごはんを作ってもらうわけにもいかず、自分でチャッとできるものといえば、TKGだろって感じで食べるようになりました。

Q3:TKGを食べる上でのこだわりは?
コラボさせる具材の風味、味わいをできるだけ損なわないために、醤油はあまりかけません。納豆TKGなら納豆のタレと納豆自体の味だけでいいですし、ソーセージTKGはソーセージのじんわりした塩加減だけで十分。醤油をかけちゃうとどうしても味が醤油! ってなるような気がするので。

Q4:器にもこだわりがあるとか?
白山陶器の平茶碗を愛用していて、4つの平茶碗をその日の気分で使い分けています。平茶碗はTKGの具材をのせるのに便利な形状で、何より食べやすい! ズルズルかきこみやすいです(笑)。

Q5:インスタグラムにたまに登場するお子さんもTKG好き?
子どもも卵は大好きで、TKGもたまに食べています。でも、子ども的にはお母さんが作る卵焼きの方が好きみたいです(笑)。
※上の写真は電気ビリビリさんのお子さんが書いたメモ。10月30日が「たまごかけごはんの日」ということをお父さんにどうしても教えてあげたかったそうです(笑)

Q6:今後、食べてみたいTKGは?
自分で焼いた平茶碗で食べるTKG。

Q7:「究極のTKG」は使ってみました?
まだです。機会があればぜひ試したいです! 白身をかくはんするとき、明太子を混ぜたらピンクのメレンゲができるのかな? アボカドをすったものを混ぜたらみどりのメレンゲ? いろいろ混ぜ込めば、味も見た目もさらに楽しめそうな気がします。

Q8:インスタグラムのいいところは? やってみて変化はありましたか?
やっぱりいろんな方たちとつながれることでしょうか。私、大阪出身の関西人で、“お笑い”が好きなんですよ。なのでキャプションにいろんな話を書いてポストして、「面白かった!」なんてコメントをいただけるとうれしいし、楽しい。変化したことは、おうちごはんをより楽しむようになったことです。料理を盛る器に悩んでみたり、盛り付けに気を遣ってみたりと、おうちごはんのひと手間を家族みんなで楽しむようになりました。

Q9:フォロワーさんがどんどん増えて、気負ってしまう部分はないですか?
気負ったところで、できることは知れていると思います。TKGをおいしく作って写真におさめ、面白いエピソードがあればそれを面白おかしく書きつづる。それだけです。奥さんがよく言うんです。「電気ビリビリのフォロワーさんはほんま、いい人ばっかりね」と。私もほんと、そう思います。

Q10:最後にこれからの意気込みやメッセージをお願いします!
これからも変わらずTKGを楽しみながら、インスタも楽しんでいきたいと思います。みなさま、引き続きゆる~くよろしくお願い致します!

電気ビリビリさん、ありがとうございました!

いつでもどこでも楽しもう!

電気ビリビリさんの言うように、TKGは意外とどんな具材でも合うんだなということがよくわかりました。納豆、アボカド、ソーセージ……どれも試してみたくなりますね。個人的にはTKGというと家で食べるイメージが強かったので、お店で食べるTKGが新鮮でした。さっそく私もあるお店でかきあげ丼を食べた時、迷わず卵をトッピングしました(笑)。
いつでもどこでも楽しめるTKG、みなさんもぜひお気に入りの食べ方を見つけてくださいね!

関連記事:

たまごラバー必見!ワンタッチでふわとろ「究極のTKG」が話題!
たまご 卵かけご飯 朝ごはん 簡単 アレンジ
記事に関するお問い合わせ