甘いものが苦手な彼へのバレンタインギフトに。サンクトガーレンの「チョコビール」

甘いものが苦手な彼へのバレンタインギフトに。サンクトガーレンの「チョコビール」

サンクトガーレンは2018年1月11日(木)よりチョコレート風味のビール、「チョコビール」を発売します。発売13年目となる「インペリアルチョコレートスタウト」をはじめ、100kgの杏仁を使用した2018年限定フレーバーチョコビール「杏仁チョコレートスタウト」など4種一斉発売です。バレンタインのギフトにいかがですか?

サンクトガーレンのチョコビールはチョコレート不使用

チョコビールとは?

なぜビールの原料だけでチョコレート風味になるのか? その秘密は「チョコレートモルト(麦芽)」にあります。
通常の金色のビールに使用するベースモルトは約85度で焙煎されキツネ色をしています。一方の「チョコレートモルト」はこれを焦げる寸前の160度で高温焙煎したものでダークな茶色。かじるとほろ苦いビターチョコの風味がします。

その風味を最大限に引き出したのがサンクトガーレン“チョコビール”で、本物のチョコレートとの相性も抜群。名前は甘そうですがミルクチョコレートのような甘さは全くなく、お酒好きの方にこそお薦めの濃厚でビターな味わいです。

チョコビール2018、4種のラインナップ

【1】インペリアルチョコレートスタウト

2006年より毎年バレンタインシーズン限定で販売している“チョコビール”の代名詞的商品。
通常黒ビールの2.5倍以上の原料を使用しているにも関わらず、1回の仕込みで通常ビールの半分程度しか量が出来ない、超特濃ビール。泡はシェイクのように固く真っ黒で「まるで飲むビターチョコレートケーキ」と感想を頂いたほど。
アルコールが9%と高く、ワインのように2年間熟成が可能です。

【2】杏仁チョコレートスタウト

杏仁豆腐の原料としてお馴染みの杏仁を使ったチョコビールです。日本で市販されている杏仁豆腐は杏仁と似た風味を持つアーモンドパウダーやエッセンスで代用されているものが少なくありませんが、このビールには本物の杏仁だけを使っています。
1回の仕込みに使っている杏仁は100kg。醸造の直前に細かく砕いて、麦汁に投入しています。麦芽化していない麦を数種類使用し、もっちり濃密な飲み口を表現。さらに乳糖でミルキーな風味をプラスしています。

【3】オレンジチョコレートスタウト

オレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子“オランジェ”をイメージしたビールです。
マーマレードの原料 、橙(だいだい)オレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んで風味を凝縮。それをビールのもとになる麦汁に合わせて発酵させました。使用している橙は神奈川産のものです。
オレンジの皮も実も丸ごと使用しているため、マーマレードのような柑橘の皮の苦味が後味に残ります。

【4】スイートバニラスタウト

エスプレッソのように濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませました。
エッセンスなどの人工物は添加せず、一流パティシエも使用する パプアニューギニア産のAグレードバニラを使用。飲み口は甘くまったりで、後口はバニラチョコのようです。

※今の日本の酒税法では、杏仁やオレンジ、バニラがビールの原料と認められていないため、インペリアルチョコレートスタウト以外の3種は発泡酒表記です。
麦芽率は高いためビールと税率は変わらず、節税型発泡酒とは一線を画します。

サンクトガーレンのチョコビールはバレンタインにもぴったり

バレンタインといったらチョコレートですが、甘いものが苦手な彼への本命ギフトとしてもぴったりのアイテム。
バレンタインデーの贈り物として注文される方は、配送日を2月にしたほうが新鮮なビールをプレゼントできるそうですよ。

チョコビールの注文は、サンクトガーレンの公式ホームページからどうぞ。
発売日の2018年1月11日(木)以降のお届けとなりますのでご注意くださいね。

元祖地ビール「サンクトガーレン」公式ホームページ
お取り寄せ ビール チョコレート ギフト バレンタイン クラフトビール
内容を編集部に報告する