出典 : @hojo_f 【おうちごはんインタビュー vol.15】 @hojo_f さん

【おうちごはんインタビュー vol.15】 @hojo_f さん

日々のおうちごはんをインスタグラムに投稿し、ご自身の世界観を発信している方にお話を聞くおうちごはんインタビュー。今回は、かわいらしい「ごはん×イラスト」の投稿にほっこり癒やされる @hojo_f さんにお話をお伺いしました。

楽しいアイデアいっぱい!@hojo_f さんの「ごはん×イラスト」の世界

プロフィール

hojo

会社員

東京都在住で、ひとり暮らし1年目、社会人3年目。
子どもの本と雑誌をつくる仕事をしています。
食べることと、ものをつくることが好きです。
インスタグラムアカウント:@hojo_f

hojo(@hojo_f) さんのインスタグラム

―― 2017年からひとり暮らしを始めたという @hojo_f さん。普段のおうちごはんはどのような雰囲気で過ごされているのでしょうか。

ラジオを聞きながらのんびりごはんをつくったり食べたりしています。台所が狭くてひとくちコンロなので、スムーズに調理できるようにつくる順番には気をつけています。

―― お料理はひとり暮らしをする前からされていたのですか?

たまーにです(笑)。社会人になってからはお弁当をつくるくらいで、ほとんど母に頼りきりでした。もとを辿れば、小学生のころに週末の朝ごはんをつくっていたのが始まりかなぁと思いますが、ちゃんと毎日つくるようになったのはひとり暮らしを始めてからです。
仕事が忙しい時期はお昼や夜ごはんをちゃんと食べられないこともあるので、「朝ごはんだけでも好きなものを好きなだけ食べよう!」と思っています。

―― それで朝ごはんの投稿が多いんですね。「ごはん×イラスト」はとても分かりやすいし、お料理の参考になります。

ありがとうございます。もともと自炊の記録にごはんの写真を撮っていたのですが、コツや材料のメモを別で用意するのが面倒なので、写真に直接描けたらいいのになーとずっと思っていて。iPadを購入したことでそれができるようになったので、楽しくなって絵も描くようになりました。

―― 見ていても楽しいです! イラストはどうやって描いているんですか?
またそれをインスタグラムに投稿するようになったきっかけを教えてください。

イラストは、iPadにダウンロードしたProcreateというアプリで、Apple pencilを使って描いています。デジタルイラストなのですが、写真に直接色鉛筆で絵を描いているような感覚なので、機械音痴な私でも難なく使えています。
2017年の夏ごろから描き始めたのですが、ちょうどそのころ、仕事でインスタグラムをやることになったんです。どうせなら自分のアカウントもつくって公開してみようと思って始めました。

―― お気に入りの投稿は?

かぼちゃやキャベツなど、食材の使い切り方を考えるのは好きです。お洋服の着回しやリメイクと同類のわくわく感やお得感があって。文字と絵をこまごまと詰め込んで、記録としてまとめるのも描きがいがあります。

あとは「料理ってカードみたいだな」とか「調味料って擬人化したらこんなだなぁ」などと、ふと頭に浮かんだイメージをイラストにするのも楽しいです。

―― 調味料を美少女にたとえちゃう発想がすてきです(笑)。

そう言っていただけるとうれしいです! これは、人物の描き方が普段とは違うのですが、思いがけず評判が良くて驚きました(笑)。この投稿を機に、「このタッチは苦手」「投稿に向いてないかも」と自分で制限せず、面白いなぁ、描きたいなぁと思ったものはどんどん描いて発信してみようと思いました。

―― これらはどういったモチベーションで投稿されているのでしょうか?
インスタグラムを始めてみて変化はありましたか?

食べたいごはんをつくって、お絵かきをして……基本的にはただただ自分が楽しいから続けています。それが読んでくれた方の役に立ったり、面白がってもらえたりしたらいいですね。
私自身は、公開設定でSNSを利用することが初めてなので、見ず知らずの方からさまざまな反応をいただけることに驚きつつ、うれしく思っています。周囲からは「食べることが好きなひと」と認識されて、お土産に調味料や乾麺などをいただくことが増えました(笑)。

―― それはうれしいですね。注目しているハッシュタグはありますか?

「#bruno」や、「#kinto」「#kakomi」など、自分が持っているキッチンツールを検索して、どんな使い方ができるかチェックしたりしています。

―― 盛り付けもインスタグラムを参考にすることはありますか?

フォローしているインスタグラマーさんの投稿にヒントをもらって、アレンジすることはあります。普段は「おひたしは中央に高く盛る」「煮物は彩りよく」など、母や祖母に教わったことを思い出して盛り付けています。

―― 最後に、@hojo_f さんにとって、「おうちごはん」とは?

食べることも料理自体も大好きなので、自分の好きなことづくしの貴重な時間です。楽しくつくって、おいしく食べて、おなかいっぱいになれば元気もでる。幸せの源だな〜と思っています。今後もおうちごはんを楽しみながら、大切にしていきたいです。

ありがとうございました!

@hojo_f さんの言葉からは、おうちごはんもイラストも、心から楽しんでいることが伝わってきます。「かぼちゃ つくりおきとリメイクのきろく」などの投稿は参考になる上、読み物としても楽しいです。クスッと笑えるものも多いので、ただ“ほっこりしたい”ときにもおすすめです!

@hojo_f さんのインスタグラム

関連記事:

直火やオーブン、レンジもOK!IH土鍋「KAKOMI」は鍋料理だけじゃない!
おうちごはんインタビュー
記事に関するお問い合わせ