行楽シーズンにおすすめ!2018春発売のサントリーの新商品を一挙公開

行楽シーズンにおすすめ!2018春発売のサントリーの新商品を一挙公開

新生活が始まる春。様々な業界から新商品が続々と登場していてワクワクしますね。今回は、お花見やピクニックなどの行楽シーンや、春のおうちパーティーにもぴったりのドリンクがたくさん発売されるということで、サントリーさんの新商品発表会に行ってきました。これから発売される2018年春の新商品をピックアップしてご紹介します。

春の新商品をピックアップ!注目アイテムが目白押し

2018年春、サントリーさんから、行楽シーンやまったり家呑みにぴったりな新ドリンクが続々と登場します。今回は、これから発売される新商品の情報をピックアップしてご紹介。店頭に並ぶのが待ち遠しくなること間違いなし!

【1】デリカメゾンスパークリング 3月27日(火)発売

家庭で気軽に楽しめる国産カジュアルワインとして人気の「デリカメゾン」ブランドから、「デリカメゾンスパークリング」が新登場!
今回のコンセプトは、食事と一緒に気軽に楽しめること。ガス圧をやや高めに設定することで、食事に合う味わいに仕上げています。女性も飲みやすく、爽やかでフルーティーな味わいで、280mlのボトル缶という飲み切りやすい手軽なサイズ感も絶妙です。また、一度開けてもキャップを閉めることができるので、缶を倒してしまっても大丈夫。お花見などの行楽シーンや、お子さんがいるパーティーのときなどにも安心です。

◆商品名:デリカメゾンスパークリング(赤)、デリカメゾンスパークリング(白)
◆色・タイプ:赤・ミディアムボディ、白・やや辛口
◆容量:280ml
◆アルコール度数:10%以上11%未満

【2】アイスジン 4月3日(火)発売

「サントリーアイスジン」「サントリーアイスウオツカ」シリーズから、ソーダで割るだけでジントニックが楽しめる「ドライジントニック」が新発売。
氷点ろ過仕上げによる雑味のないクリアなアイスジンをベースに、ライム果汁と、苦みとキレが特長のトニックの風味を加えることで、食事に合うドライな味わいに仕上がっています。あまりジンやウオツカに馴染みがなかったという方にも、ぜひ試していただきたいすっきり爽快な味わいです!

◆商品名:サントリーアイスジン<ドライジントニック>
◆容量:500ml
◆アルコール度数:25%

アイスジン アイスウオツカ|サントリー

【3】ザ・カクテルバープロフェッショナル 4月3日(火)発売

カラフルな瓶の商品が馴染み深い方も多い懐かしの「ザ・カクテルバー」から「ザ・カクテルバー プロフェッショナル」が新登場。<ジントニック>と<モスコミュール>の2つの味が新発売となり、バーで提供される本格的な味わいのカクテルに仕上げました。
ジンの風味が効いたキレのある味わいの<ジントニック>、ジンジャーの風味が効いた辛口の味わいの<モスコミュール>のどちらも、銀座のバーテンダーが認めるおいしさです。クラシカルなパッケージデザインも、本格的な味わいをイメージさせるオシャレな仕上がり。昔からの「ザ・カクテルバー」ファンも納得のおいしさです。

◆商品名:ザ・カクテルバー プロフェッショナル<ジントニック>、ザ・カクテルバー プロフェッショナル<モスコミュール>
◆容量:350ml
◆アルコール度数:7%

ザ・カクテルバー プロフェッショナル|サントリー

【4】おいしい腸活 流々茶 4月3日(火)発売

「お通じの習慣を改善する」ことが報告されているイヌリン(食物繊維)を配合した、サントリー「おいしい腸活 流々茶」が新発売。女性のお悩みを手軽においしく改善できる注目の商品です。
こういった健康面での改善が期待されるお茶は、なんとなくクセや香りが強くて飲みにくいというイメージがありますが、この商品は毎日おいしく飲めちゃう爽やかなすっきりとした味わいを実現しています。腸活に興味はあるけど実践できていないという方にこそ、おすすめの商品です。

◆商品名:サントリー「おいしい腸活 流々茶」
◆容量:500ml(ペットボトル)

【5】明日の焼酎サワー 4月10日(火)発売

“明日に向けて、今日を明るく楽しもう!”をコンセプトにした「明日のサワー」から「明日の焼酎サワー」が新発売。「明日のレモンサワー」「明日のウメサワー」に続く新たな通年商品として仲間入りします。
アクセントにライム果汁がきいていて甘くなくてすっきりとした味わいは、ジャンル問わず色々な料理に合わせたいおいしさ。シリーズ共通のキャラクターが描かれたパッケージも、思わず手に取りたくなるデザインです。

◆商品名:サントリーチューハイ「明日の焼酎サワー」
◆容量:350ml、500ml
◆アルコール度数:7%

明日のレモンサワー サントリー ブランドサイト

【6】頂<極上ZERO> 4月17日(火)発売

発売以来大好評の高アルコール新ジャンル「頂<いただき>」に続き、アルコール度数7%の糖質ゼロ新ジャンル「頂<極上ZERO>」が新発売。
糖質ゼロでありながら味に厚みのある“飲みごたえ”を実現し、さらにはクセのない自然な味わいを実現することで“飲みやすさ”も追及しています。口に含むとしっかりとアルコールを感じられますが、後味がすっきりしていて爽やかな味わい。糖質も気になるけれど、しっかりとビールとして味わいたいという希望を叶えてくれた注目の商品です。

◆商品名:頂<極上ZERO>
◆容量:レギュラー缶 350ml、ロング缶 500ml
◆アルコール度数:7%

頂〈極上ZERO〉サントリー

【7】BOSS×ランチパック コラボ

大好評の「ボス ラテベース」がリニューアル

牛乳と割るだけで、お店のような贅沢な味わいのカフェラテが手軽につくれるとして大人気の濃縮タイプのコーヒー「ボス ラテベース」が、パッケージをリニューアル!
「コーヒーの味がしっかりしていておいしい」「1本で10杯分もつくれてお得」など、その味わいや手軽さ、お得感が大好評。通年販売している「無糖」「甘さ控えめ」「焦がしキャラメル」の3品がリニューアルします。

◆商品名:「ボス ラテベース 無糖」「ボス ラテベース 甘さ控えめ」「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」
◆容量:490ml

BOSS LATTE BASE | BOSS TOWN(ボスタウン) | サントリー

「ボス ラテベース」とコラボレーションした「ランチパック キャラメルラテ」が発売
山崎製パンの人気商品「ランチパック」から、「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」を使用したコーヒーゼリー入りキャラメルクリームとホイップクリームをサンドした「ランチパック キャラメルラテ」が新発売。ビターな味わいのコーヒーゼリーと濃厚なキャラメルクリームをマイルドなホイップクリームと一緒に楽しめます。

◆商品名:ランチパック(キャラメルラテ)
◆内容量:2個入

ランチパックスペシャルサイト | 山崎製パン

サントリーボスラテベース朝食応援フェア「オリジナルホットサンドメーカー当たる!」キャンペーンが4月3日より開催!

「ボス ラテベース」のリニューアルと「ランチパック キャラメルラテ」の発売を記念して、簡単でおいしい朝食を提案するキャンペーンを開催します。
賞品のオリジナルホットサンドメーカーを使うと、BOSSのロゴ入りのおしゃれなホットサンドが作れちゃう! キャンペーンは、4月3日(火)からスタートします。ぜひお見逃しなく。

対象商品:
「ボス ラテベース」各種
実施期間:
2018年4月3日(火)~6月4日(月)※当日消印有効
商品・当選者数:
BOSSロゴの焼き目がつく!「オリジナルホットサンドメーカー(直火式)」300名様
応募方法:
対象商品いずれかを含む500円(税抜)以上のお買い上げレシートを専用ハガキまたは郵便ハガキに貼付して、お名前(フリガナ)・郵便番号・ご住所・電話番号・年齢・性別を明記の上、ご応募ください。
キャンペーンサイト
https://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/campaign/lattebase03/
※4月3日(火)オープン予定。

【8】ザ・プレミアム・モルツ「神泡」

“深いコク”“溢れだす華やかな香り”に加え、“クリーミーな泡”で大人気の「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドが「神泡体感キャンペーン」を実施中です。

キャンペーンに応募すると、お店で飲む樽生ビールと同じように“クリーミーな泡”が自宅でも手軽に楽しめる「神泡体験キット」が当たるのですが、このキットがすごいんです。
会場でも実際に注ぎ方と泡の作り方を実演してくださいましたが、本当に細かくてクリーミーな泡が簡単に作れます。泡もちがよく、最後までクリーミーな泡と一緒にビールを楽しめるんです。
「ビールのうまさは、泡に出る」とのこと。このおいしい泡を体感してみたい方は、ぜひキャンペーン情報をチェックしてみてくださいね。

神泡体感キャンペーン | ザ・プレミアム・モルツ ビール サントリー

新ドリンクと一緒においしい春を楽しもう!

今回ご紹介した商品以外にも、発売されたばかりの商品や、さらにおいしくリニューアルした商品もたくさんあります。おいしいドリンクは、料理のおいしさを引き立て、楽しい食卓や空間を演出します。
新商品をいち早くチェックし、新ドリンクと一緒においしい春を楽しみましょう!

関連記事:

ハイボール入門編!おうちのハイボールが美味しくなる作り方をマスターしよう
特別な日のおうちごはんに。こだわりが詰まったプレミアムなお酒
ワイン ビール ドリンク 新商品 お酒 SUNTORY(サントリー)
記事に関するお問い合わせ