スノーピークと共同開発!「サントリー 南アルプススパークリング」が新発売

スノーピークと共同開発!「サントリー 南アルプススパークリング」が新発売

人気の「サントリー天然水」ブランドから、爽快な刺激が味わえる強炭酸のスパークリングウォーターが新登場!健康的に手軽にリフレッシュできる飲料として人気が高まる無糖炭酸水市場において、この度サントリー食品インターナショナルとスノーピークが共同開発しました。新プロジェクト第1弾の開発の背景とともに、商品の特長をご紹介します。

新商品共同記者発表会に参加してきました!

今回「サントリー天然水」ブランドから発売される新商品は、アウトドアメーカーのスノーピークとの共同開発。新商品の共同記者発表会が開かれるということで、おうちごはん編集部も参加してお話を聞いてきました。

新たな取り組み「山のむこう」プロジェクトの第1弾

「自然とのふれあいによる人間性の回復」というテーマを共有し、サントリー天然水とスノーピークが共に手を組んで動き出しました。

天然水とキャンプ。領域も規模も違う2つのブランドですが、「人間らしくやりたいナ」という掲げた想いは共通だったそうです。人間と自然の関係をいい方へ変えていくために2社が手を取り合い、一緒に取り組む『山のむこう』というプロジェクトを生み出しました。

キャンプ場の開発やキャンピングオフィスなど様々な取り組みを計画中ですが、まずは第1弾として共同開発したものが今回発売する「サントリー 南アルプススパークリング」です。

記者会見では、サントリー食品インターナショナル株式会社の執行役員である沖中直人さん(上記写真左)と株式会社スノーピークの代表取締役社長である山井太さん(上記写真右)が、プロジェクトに対する熱い想いをお話してくださいました。
お話を聞いているだけでも、今後の展開にわくわくしてきます。

瞬間で感じる解放感!新炭酸飲料が新登場

2018年4月24日(火)より全国で新発売する「サントリー 南アルプススパークリング」、「同レモン」。健康で手軽にリフレッシュできるとして近年炭酸無糖飲料の人気は高まっていますが、「南アルプススパークリング」はガス圧を強くしただけの強炭酸水ではありません

「南アルプス天然水」の最大の価値である清冽な水のおいしさをコアに、心地よい爽快感を体感するためのこだわりが詰まっています。
そのこだわりは次の3つ!

01. ガス圧UPでブランド市場最強の爽快感を実現!

従来品の「南アルプスの天然水 スパークリング」に対し、製造充填時のガス圧がアップ。もちろん水は、雄大な南アルプスに磨かれた清冽な天然水を100%使用しています。
適度にミネラルを含んだ南アルプスのナチュラルミネラルウォーターに炭酸の強い刺激が加わることで、心地よい爽快感と後味のよさを感じることができます。

02. シュ~からポン!開けた瞬間の爽快感

中味や見た目だけでなく、人が聴覚を通して感じる爽快感=キャップを開ける時の音にこだわりました。炭酸ペットボトル口部のねじ構造と開栓音のイノベーションに挑戦したことで、キャップを開くとまるで雨雲が一気に晴れるかのような、“ポン!”という音が鳴り響きます。

03. 気分がアガるパッケージデザイン!

これまでの炭酸水には見られなかった、少し首長なボトルデザインを実現。これは、ライトテイストなビールにライムを絞り込むスタイルで、アメリカ西海岸を中心に大ヒットしたビール瓶をイメージしたもの。ラベルには、自然の力強さを感じさせる氷山を描き、爽やかな南アルプスの空を感じさせるメタリックブルーに仕上げました。
飲む人がボトルを傾けて口にした時に、青い空が向こうに見える気がする、そんな気分をパッケージ全体で演出しています。

宇多田ヒカルさんを起用した新TV-CMもオンエア開始!

新TV-CM『SWITCH&SPARKLING!』篇は大雪原が舞台。大自然と宇多田さんの心象風景を描いた、臨場感たっぷりのCMと、CM楽曲に起用された宇多田さんの新曲「Play A Love Song」にもぜひ注目してください!

南アルプススパークリング×宇多田ヒカル (SWITCH & SPARKLING! SUNTORY!) サントリー

発表会に参加し、1年半かけてつくりあげた炭酸水には、たくさんの人のたくさんの想いが詰まっているんだなと実感しました。編集部も実際に新商品を試飲させていただきましたが、蓋を開けたときの“ポン!”という音と、飲んだときのシュワシュワっという刺激がなんともたまらない! 大きな爽快感を感じることができました。

忙しく働く現代人のみなさんにも、商品のキーワードである“Switch!”を感じながらぜひ味わっていただきたいです。

(text by KaneKoma)

炭酸水 レポート 取材 snow peak(スノーピーク) SUNTORY(サントリー) 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ