父の日はお父さんに手料理をプレゼント。家族みんなで楽しむ手づくりハンバーグ

父の日はお父さんに手料理をプレゼント。家族みんなで楽しむ手づくりハンバーグ

6月17日は父の日。今年のプレゼントは趣向を凝らして「手づくりごはん」なんていかがですか? 子どもと一緒に作れば、すてきな思い出にもなりますよ。今回は3人のお子さまを持つMAYA(@heavydrinker)さんと娘さんに、愛情たっぷりのハンバーグを作っていただきました。家族みんなで父の日を楽しみましょう!

子どもと一緒に! ハンバーグを作ろう

こんにちは。MAYAです。

6月17日は父の日ですね。
今年の父の日は、子どもと作る晩ごはんなんてなんていかがでしょうか。
高級料理のお取り寄せや外食はもちろん美味しいし嬉しいけれど、子どもの手づくりごはんを食べたい!なんて思っているお父さんたち、実は多いのではないでしょうか。

男の人が喜ぶメニューはガッツリ食べられるカレーやハンバーグ、牛丼なんてよく聞きますね。
そこで、今回はとっても簡単で美味しい、やわらかジューシー豆腐ハンバーグを娘と一緒にご紹介します。

材料(約7個分)

・豚ひき肉……500g(合い挽き肉でもOK)
・塩……小さじ1と1/3
・豆腐……1丁(200g)
・玉ねぎ……1/2個
・パン粉……山盛り大さじ5
・マヨネーズ……大さじ1
・卵……1個

【ソース】
・ケチャップ……大さじ5
・ウスターソース……大さじ5

作り方

1. 玉ねぎをみじん切りにする。

にゃんこの手、にゃんこの手です。
大きな玉ねぎはひび割れの原因になるので、小さく極みじん切りに。

目がしみる時は水中メガネが便利だそうです(娘談)。

2. ボールに豆腐、卵、マヨネーズを入れよく混ぜる。

3. 全体がよく混ざったら、パン粉を加える。

4. 豚ひき肉に塩を加え、50回ほどよく練る。
手のひら全体を使うと脂が溶けやすいので、手首の近くを使ってギュギュッと。

5. 1~4をひとつのボウルに合わせ、よく混ぜる。

こちらも手を使ってギュギュッと混ぜ合わせましょう。

今回は約700gで7個分成形します。5人家族で食べる分と、冷凍しておく分。
ハンバーグは冷凍しておくとお弁当にもピッタリなので、いつも多めに作ります。
そんな多くなくていいやという方は、半量で作ってください。
ひび割れないように空気を抜きながら成形します。

どうしてもハートにしたかったようで、1個だけハートが。

成形後は、冷蔵庫で30分以上寝かせます。
ジューシーなハンバーグになるように、溶けだした脂を固めるためです。

では焼いていきます。

6. フライパンに少量の油を入れ、ハンバーグを並べて焼く。

焼き時間は、片面を3分ほどかけて焦げ目をつけて、ひっくり返して弱火で10分間。
蓋をして蒸し焼きにします。

焼きあがったらハンバーグを取り出し、使用したフライパンでソースを混ぜ合わせれば完成です。

トマトやナポリタンを一緒に盛りつければ、大人もうれしい豪華なワンプレートになりますよ。

父の日はみんなで楽しくごはんを作ってみては?

フライパンで焼くのもいいですが、食卓でホットプレートを使って、お父さんの目の前で焼いてあげるのもまた、楽しいかもしれません。
おうちごはんで家族が笑顔に。手作り料理で楽しい父の日はいかがですか?

インスタグラム@heavydrinker

@heavydrinkerさんの他のコラム

子どもが主役の大舞台! 陰ながら応援する、心も体もあたたまる受験応援ごはん
特別な日もなんでもない日も。子どもも大人も笑顔になるお子様ランチはいかが?
待ちに待った運動会!3世代楽しめる巻き寿司運動会弁当で子どもを応援しよう!
やわらかジューシー豆腐ハンバーグ 父の日のプレゼントは趣向を凝らして「手づくりごはん」なんていかがですか? 子どもと一緒に作れば、すてきな思い出にもなりますよ。3人のお子さまを持つMAYA(@heavydrinker)さんと娘さんに、愛情たっぷりのハンバーグを作っていただきました。家族みんなで父の日を楽しみましょう! 15 minutes 30 minutes Serves 7 豚ひき肉, 豆腐, 玉ねぎ, パン粉, マヨネーズ, , , ケチャップ, ウスターソース,
Rated 5/5
ハンバーグ 父の日 heavydrinker
記事に関するお問い合わせ