Main visual 8796f835 14e0 4de7 840f 725db11c8ac4

しましましてみる?暑い日のおやつに最適な #しましまゼリー を作っちゃお

夏に食べたい!ゼリーなどのひんやりスイーツ。 今回は「しましまゼリー」をご紹介します!とてもかわいいこの見た目に大人も子どもも思わず笑顔になってしまうはず。 少し時間はかかるけれど、簡単にしましまにできちゃいますので、ぜひ試してみてくださいね。

夏の定番おうちゼリーもしましまで可愛くなっちゃいます

こんにちはnao_cafe_です。暑くなってきてひんやりスイーツが欲しくなる今日この頃。外から帰ってきて冷たいゼリーが冷えていたらなんだか嬉しくなっちゃいませんか?固めるだけのお手軽スイーツのゼリーですが、どうせだったら少し時間はかかるけれどしましまにしてしまいましょう!手土産にも最適ですよ。

今回は夏の定番マンゴーゼリーと簡単ブラマンジェの2種類を作ってみます。
配合も覚えやすいので是非作ってみてくださいね。

材料

プリンカップ3個分 材料
A ブラマンジェ
牛乳−100ml 砂糖−15g 生クリーム−100g 粉ゼラチン−5g

B マンゴーゼリー
マンゴー(今回は冷凍のもの。生を使うときは1個)−100g 水−100ml
砂糖−20g 粉ゼラチン−5g

作り方

1. ブラマンジェ作り。 Aの牛乳と砂糖を小鍋に入れて火にかける。湯気が出てきたら沸騰する前に火から下ろす(沸騰して膜が張ると食感が悪くなります)。熱いうちに粉ゼラチンを加えてよく混ぜてしっかり溶かす。 生クリームをホイッパーかハンドミキサーで泡立てる。ホイッパーで持ち上げた時に落ちないくらい(八分立て)に泡立てたら牛乳に加えてよく混ぜる。

2. マンゴーゼリー作り。 Bのマンゴーをフードプロセッサーなどで潰す。(無ければ包丁で刻む。包丁で刻むのも食感が残ってゴロッと感があるのでそれも美味しい。) 潰したマンゴー、水、砂糖を小鍋に入れて火にかける。沸騰したら火を止めて粉ゼラチンを加えてよく溶かす。


ここまで出来たら容器に入れて冷やしていきます。

今回はSeria(セリア)の耐熱プリンカップを使います。これ、容量もちょうどいいし何よりシンプルなのが使いやすくて私の定番です。何といっても1個108円なのは嬉しいですよね。

上の写真の下に写っている網じゃくしはゼリー液を流す時に濾すためです。もちろんこれはしなくても全然大丈夫です。濾すと食感は断然よくなります。

今回はまずブラマンジェから流し入れます。
層の厚さはお好みでどうぞ。
流し入れてないブラマンジェやゼリー液はラップして室温に置いておいてください。

冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
固まったら次の層を流します。

次はマンゴーゼリーを流し入れます。

この時室温にもよるのですが、待っている間にゼリー液が固まってしまうかもしれません。そんな時はバットなどにお湯を張ってゼリー液の入っている容器の底を温めてください。温めながらゴムベラで混ぜるとトロトロの状態に戻ります。

また冷蔵庫で1時間くらい、固まるまで冷やし、これを繰り返します。

全ての層を流し入れたら出来上がり。

しましまは均等にしてもいいですし、こんな感じにランダムにしてもいいです。
上にホイップクリームやマンゴー、ミントなどを飾っても可愛いです。

食べる時もしましまで、なんだか嬉しくなっちゃいます。

今回はマンゴーで作りましたが、他の食材で作ってもこれまた可愛いです。

コーヒーゼリーとミルクゼリーで大人っぽい仕上がりにもなります。

イチゴゼリーとミルクゼリーで苺みるくのような味わいに。
これは女子会とかで喜ばれます。

いかがでしたでしょうか?時間は少しかかりますが、混ぜるだけでできるしましまゼリー。インスタグラムのハッシュタグ #しましまゼリー も可愛いしましまがたくさんあって見ていて楽しいです。この夏はぜひ挑戦してみてくださいね。

インスタグラム@nao_cafe_
おやつ 手作り スイーツ インスタトレンドフード おうちスイーツ ゼリー
内容を編集部に報告する