提供:BRUNO(ブルーノ)/イデアインターナショナル
BRUNOからマルチに使えるホットサンドメーカーが登場。編集部が徹底検証!

BRUNOからマルチに使えるホットサンドメーカーが登場。編集部が徹底検証!

おしゃれなインテリア家電でおなじみのBRUNO(ブルーノ)から2018年6月にホットサンドメーカーが発売!2サイズ展開でライフスタイルに合わせて選ぶことができます。そんなホットサンドメーカーをおうちごはん編集部でも実際に使い倒し、独自の視点で様々な角度から徹底的に検証しました。果たして、ホットサンドメーカーの実力は!?

ついにBRUNO(ブルーノ)からホットサンドメーカーが登場!

過去おうちごはんでも何度かご紹介した、おしゃれな家電ブランドBRUNO(ブルーノ)より2018年6月27日、ついにホットサンドメーカーが発売!
おうちごはん編集部も発売を今か今かと待ち望んでいました!

カラーは温かみのあるレッドとやさしい色合いのホワイト。シンプルながらかわいいデザインです。
また、シングル/ダブルの2サイズ展開で、用途やライフスタイルに合わせて選べるのも嬉しいですね。

ホットサンドメーカー シングル

ホットサンドメーカー ダブル

そして、ホットサンドといえば、トーストの表面につくこんがりした焼き目! 
BRUNOのプレートは、全体に遊び心のある焼き目をつけて、簡単にかわいいホットサンドを作ることができちゃいます。おしゃれな家電を展開しているBRUNOならではのポイントですね。

また、耳までそのままのせられる大きめサイズなので、わざわざ耳をカットする必要がなく、時短にもつながります。
さらに、タイマー機能付きだから、好みの焼き加減に調理時間を設定しておけるのでラクチン。

ホットサンドだけじゃない!マルチな使い方が可能!

なんと、作れるのはホットサンドだけではありません!
かぼちゃやナス、パプリカなどをのせて焼けば、あっというまにグリル野菜が完成です!
「何か一品足りないな……」というときにも、サッと作れて便利。7mm~8mmほどの厚みにカットして、2枚ずつ重ねて焼くのがポイント。
ホットサンドメーカーを使って、手軽に夏野菜のグリルを楽しむのもいいですね!

さらにオプションのプレートも3種類発売(左からタルトプレート、ワッフルプレート、おさかなプレート)。何を作ろうか、見るだけでわくわくしてきます!

グリル野菜やタルト、ワッフルなど……。ホットサンドだけにとどまらないマルチな使い方ができるので、いろいろな楽しみ方ができます。

実際に何が作れる?おうちごはん編集部が使い倒してみました!

ホットサンドメーカーが編集部に届くと、「かわいい!」「早く作りたい!」とスタッフの間で話題に。さっそく、すべてのプレートを使って王道のホットサンドから、これも作れるの?というメニューまで試してみました!
使ってみて感じたあれこれをレポートします。まずは作った料理をご紹介!

【ノーマル(付属)プレート】

BRUNOならではの焼き目がオシャレなホットサンド

最初はやっぱりホットサンド! 
初めにタイマーで予熱2分かけたら、バターを塗った食パンにコールスロー、茹で卵、ハムにチーズ、そしてまたパンを乗せて挟み、5分加熱。焼いている間にチーズがじゅわ~ととろけて香ばしい香り!

「チーン!」と軽快なタイマー音が鳴ってフタを開けると、BRUNOだからこそのかわいい焼き目がくっきりついていて思わず「オシャレ~!!」と歓声が。
実際に食べてみると、パンはサクサク、具は熱々でホットサンドならではのおいしさ。手間をかけずにあっという間にできるので、忙しい朝にぴったりです。

材料3つ、加熱8分の簡単アップルパイ

次に試してみたのはアップルパイ。ふつうにオーブンで焼こうとしたら20~30分はかかってしまいますが、このホットサンドメーカーなら約8~10分で完成! 冷凍パイシートとリンゴジャム、シナモンの3つの材料でおいしいスイーツができるから、何度もリピートしたい手軽さです。

ひっくり返さずに焼き上がる!お好み焼き

お好み焼きも試してみました。ホットサンドメーカーは両面一気に焼けるので、ひっくり返す手間が要りません! だから、返す時に崩れてしまう心配もなく、こんがりと焼き目をつけることができるのが嬉しいところ。今回はノーマルプレートで作りましたが、おさかなプレートで一口サイズをたくさん作り、お皿に盛るのもかわいいです♪

【ワッフルプレート】

ウィンナーロールもフォトジェニックに♪

ワッフルプレートは、十字の凸凹感がかわいいです! 
シンプルにワッフルを焼くのも間違いないですが、今回はグリルしたウィンナーとチーズをくるくる巻いてウィンナーロールにし、フォトジェニックなアメリカンドッグ風にしてみました。お弁当にもおすすめですよ!

焼き上がりはこんな感じに。しっかりと凹凸のある焼き目に仕上がります!
およそ3分くらいで両面焼き上がるので、時短にもなりとってもうれしいですね。さっと出したいお子さまのおやつにもぴったりです。

【ミニタルトプレート】

パフェタルトのタルトカップも自分で作れる!

今回いちばん驚いたのが、このタルトプレート。
タルト生地を直径1.5cmほどの玉に丸めたら手のひらで潰して平らな円にします。2分予熱したタルトプレートに生地を敷いてフタをしたら、たったの加熱3分でタルトが焼き上がるんです! 重しもめん棒も要らないからとってもラクチン。生クリームを絞ってフルーツやナッツを飾れば、話題のパフェタルトに。

【おさかなプレート】

たい焼きはもちろん焼きおにぎりもかわいく♪

おさかなプレートで試したのは、焼きおにぎり。
渋いイメージの焼きおにぎりがこんなふうにプチサイズのおさかなの形をして出てきたら、とってもキュートですよね。ホットサンドメーカーならテーブルで焼けるので、お醤油が焦げる香ばしい匂いもみんなで楽しめます♪

5分~10分ほど焼くと、しっかり焦げ目がついてとってもおいしそう!
しっかりごはんを詰め込んで焼くと、くずれにくくなりますよ。

見た目だけじゃない!ココの性能がよかった!

マルチな使い方を実践した今回。実際に使ってみた視点から、よかった点、気になる点をひとつずつ検証していきます! まずは、「ココがよかった!」という点から。

【1】タイマー機能付き

10分間を1分単位でタイマー設定できるから、つきっきりで焼き具合を確かめる必要がないのは嬉しいポイント。
タイマーをかけて放っておけばOKだから、忙しい朝に大活躍すること間違いなし! 10分もかかることはほとんどないので、本当にラクチン。隙間時間でもできます。

【2】2サイズ展開

作りたい内容やライフスタイルによってサイズを選べる点も◎。ひとり暮らしなどで、そんなにたくさん食べないという方はシングルで十分。ご家族がいる方は一度に2枚焼けるダブルがおすすめ。一方ではホットサンドを焼き、もう一方では野菜やソーセージを焼く……なんて使い方もできますよ!

【3】収納がコンパクト

立てて収納できるので、狭いキッチンでも大丈夫! 電源コードは底面に巻きつけられるようになっていてすっきり収納することができるのも、かゆいところに手が届くポイント。
ひとり暮らしでキッチンが狭い……という方にもおすすめです!

でもココが気になる……使ってみてわかる疑問を徹底検証

つぎに、使ってみて気になった点を検証していきましょう。

【1】本体にこびりついた汚れ

プレートは取り外して洗うことができますが、本体が汚れた場合、水洗いができません。
今回、アップルパイやボリュームのあるホットサンドを作る際に、詰めた中身の水分が溢れて本体に汚れがついてしまうことがありました。

すぐに拭き取れればいいですが、もしも時間が経ってこびりついてしまったら、水を含ませたペーパーなどで汚れをふやかしてから拭きましょう。そうするとスルッと汚れが落ちました。頑固そうなら、重層水もおすすめ。
ついついたくさん詰めたくなっちゃいますが、適量にすることが大切ですね。

【2】焼き時間の調整

ホットサンドは5分程度で焼き上がりますが、たとえばパイや焼きおにぎりなどをはじめて作る場合は、ちょっとずつ様子を見て好みの焼き加減を調整しましょう。

【3】焼きムラ

挟む具によっては熱が均等に当たらず、焼きムラができることも。とくに下のプレート側の焼き色が強く出やすかったので、そういった場合は3~4分で上下を返したり、下を焼き過ぎていないか様子を見て調整していくことでうまくいきました。

気になる点もすこし気を付ければ、とくに問題なく使うことができます。
最初に焼き加減やボリュームを見て調整すれば、次回からはそれにならって焼けばOKですね!

ルックスも実力も優秀!ホットサンドで楽しい食卓を

使い勝手がよく、インスタ映えも叶うBRUNOのホットサンドメーカー。
ひとり暮らしの方もファミリーの方も1台あれば食卓が楽しくなるはず。
おうちごはんでは、2018年8月1日からインスタグラム投稿キャンペーンも開催します。気になる方はぜひチェックしてくださいね!

見た目のオシャレさだけじゃない、
朝時間が楽しくなっちゃうホットサンドメーカーについて詳しくはコチラをチェック!

ホットサンドメーカー シングル
ホットサンドメーカー ダブル

■提供元/関連リンク

I.D.E.A online:イデア オンラインショップ
BRUNO Style | Facebookページ
BRUNO (@bruno_enjoy) | Instagram  
ホットサンド サンドイッチ 簡単 パン BRUNO(ブルーノ) 時短 ホットサンドメーカー PR
記事に関するお問い合わせ