「はちみつレモン」は立派な調味料!さっぱりアレンジメニューを楽しもう

「はちみつレモン」は立派な調味料!さっぱりアレンジメニューを楽しもう

クエン酸とビタミンCを豊富に含んでいて、疲労回復の効果や代謝アップにも最適と言われている「レモン」。実は調味料代わりとしても常備菜としても使えるのが「はちみつレモン」なのです。あまずっぱさはおかずからスイーツまでアレンジ無限大!見た目に爽やかで簡単なメニューをご紹介します♪

たくさん作ってたくさんアレンジ!簡単使える常備菜「はちみつレモン」

こんにちは!hanyacoroです。

輸入レモンは一年中スーパーでも見かけますが、国産レモンの旬は実は冬。黄色い国産レモンの旬は12月から3月なんだそうです。レモンがたくさん手に入ったらまずは「はちみつレモン」にしておくのがおすすめ。簡単に出来るはちみつレモンを使って色々なメニューを楽しみませんか♪あまずっぱい味わいがスイーツだけでなく料理にもよく合います。

基本のはちみつレモンの作り方

まずは、常備しておくと便利な「はちみつレモン」の作り方から。大量に作っておくと様々な料理に使えて便利ですよ!

保存容器を煮沸消毒して、よく洗った国産レモンのスライスにたっぷりのはちみつを用意します。レモンにお砂糖をふりかけて作ると早く漬かります。
一週間ほど冷蔵庫に置くと美味しいエキスとしっとり軟らかくなったレモンの出来上がり。

この「はちみつレモン」を使って、様々なアレンジ料理を作ってみましょう。

手羽先はちみつレモン

作り方ダイジェスト

手羽先8~10本くらいに塩コショウでを揉み込み小麦粉をまぶしておきます。
その手羽先をフライパンで両面しっかり焼き、余分な油を拭き取ったら
お酒 100cc
はちみつレモンの汁 大さじ3
砂糖 大さじ1
塩コショウ 少々
ナンプラー 大さじ1/2
で味付け。

はちみつレモンゼリー

おかずも作ったらやっぱり冷たいデザートも食べたくなります♪

せっかく美味しいエキスがあるので冷たいゼリーにして頂きましょう♪

作り方ダイジェスト

粉ゼラチン5gを大さじ2のお水でふやかしておきます。
鍋に250mlのお水にお砂糖大さじ1~を入れて温め、ふやかしておいたゼラチンを入れ溶かします。
ゼラチンがとけたら火を止め(沸騰させないように要注意!)、はちみつレモンの汁大さじ4~5を入れよく混ぜます。
粗熱が取れたら容器に移し冷蔵庫で冷やすだけです。

はちみつレモンを加えた時に味をみて甘味が足りないときはお砂糖を足して調整してくださいね。

レモンマフィン

最後はみんな大好きマフィンでおやつ!
これもはちみつレモンがあれば簡単に可愛くて美味しいレモンマフィンが出来ちゃいます。

材料

卵 2個
砂糖 100g
アーモンドプードル 80g
薄力粉 30g
ベーキングパウダー 小さじ1/4
はちみつレモンの汁 大さじ2
バター 50g
刻んだはちみつレモンの果肉スライス 5枚分くらい

作り方

卵をよく溶き、振るった粉類をよく混ぜ、溶かしたバターとはちみつレモンの汁、刻んだレモンも果肉も入れます。
マフィンカップに入れ170度に余熱したオーブンで30分焼きます。

焼く前にトッピングとして、お好みでしっとり軟らかく漬かっているレモンのスライスを乗せてみました。もちろん無くても大丈夫ですが、見た目も可愛いですし爽やかな仕上がりになります。コーディネートもマフィンにあわせて可愛らしく。私は、小さめの花やイエローが入ったカップ、水色のクロスを使って、カラフルで明るい印象に仕上げてみました。

いかかでしたか?
はちみつレモンのアレンジメニューぜひお試し下さい♪

インスタグラム @hanyacoro

【@hanyacoroさんのプロフィール】
おうちご飯が大好きな三姉妹のママhanyacoroです! イベントごとのテーブルコーデは特に大好き!instagramでは季節を感じられるテーブルコーデを意識して楽しみながらpostしています。

関連記事:

@hanyacoro流!普段のおうちごはんをpartyにする5つのポイント
「ミント氷」で夏ドリンクやスープに爽やかさをプラスしよう
手抜きに見えない、簡単居酒屋メニューで楽チン晩ごはん
アレンジ テーブルスタイリング レモン 常備菜 調味料
記事に関するお問い合わせ