シンプルに味わいたい!カラスミのごちそうパスタ

シンプルに味わいたい!カラスミのごちそうパスタ

ちょっとの工夫で本格的な味にぐっと近づくパスタレシピをこれまでにもたくさん紹介してきてくださった井口タクトさん(@ouchigohan_ojisan)に、今回は「カラスミのごちそうパスタ」を教えていただきました。高級食材のカラスミを贅沢かつシンプルに味わえるレシピで、おもてなしでの一品やご褒美ごはんにおすすめです!

高級食材だからこそシンプルに。カラスミのごちそうパスタ

こんにちは、井口 タクト(@ouchigohan_ojisan)です。
2019年の一発目は高級食材であるカラスミを使った、シンプルながらも贅沢な「カラスミのパスタ」を紹介します!

ちなみにカラスミのことをイタリア語ではボッタルガと言います。
ボラなどの魚の卵巣を塩漬けにし、塩抜きした後に天日で乾燥させたものが全般的にボッタルガと呼ばれているのですが、本場イタリアでもシンプルにパスタにして味わうことが多いようです。

材料(1人前)

・パスタ……100g
・カラスミ……15〜20g
・にんにく……1かけ
・鷹の爪……1本
・バター……10g
・パセリ……適量 
・塩……適量

下準備

・にんにくはみじん切り、鷹の爪は種を取っておく。
・カラスミはおろし器ですりおろしておく。

作り方

1.パスタを茹でる。
※今回はお湯1Lに対し、1.5%の塩(約15g)の割合でちょっと塩分を効かせています。

2. フライパンにオリーブオイルをしき、みじん切りにしたにんにくと種を取った鷹の爪を入れ、弱火で香りがたつまで火を入れる。

3. お玉1杯分の茹で汁を入れ、乳化させる。

4. アルデンテに茹で上げたパスタを入れ、軽く混ぜ合わせる。

5. すりおろしておいたカラスミの半量を入れて手早く混ぜ、仕上げにバターを絡ませる。

6. 器に盛り、残りのカラスミとパセリをかけたら完成。

より美味しく仕上げるポイント

<その1>カラスミをたっぷり使って!
高級食材であるカラスミをたくさん使うとその分美味しさは増します。ただ、カラスミによって塩分濃度にバラツキがあるので、作りながら味見をしながら作ってみてください。
トッピング用のカラスミは、スライスしてからトッピングしても美味しいです!
※塩気がもし足りない場合は、塩で調整してください。

<その2>仕上げにバター!
グッと高級感が増し、濃厚な味わいに仕上がります。

<その3>生パセリを使って!
ここは市販の乾燥パセリではなく、生パセリを使いましょう。
香りが全然違うので、シンプルなパスタだからこそ生パセリをおすすめしたいです!

シンプルな調理だからこそ、ちょっとしたポイントを押さえることでより本格的な味に近づくと思います!
贅沢な食材を取り入れたごちそうパスタを、自分へのご褒美ごはんやおもてなしシーンでの一品に取り入れてみてはいかがでしょうか。

インスタグラム @ouchigohan_ojisan

井口タクトさんの他のレシピ

1度で2度美味しい!魚介の旨味がたっぷり詰まった「アクアパッツァ」はいかが?
一味違う!!へべすが香るクリームパスタを作ってみよう
海の幸と山の幸のいいとこどり!「ガーリックバター醤油のご馳走パスタ」のレシピ
思わずまねしたくなる!牡蠣を使ったアヒージョとオイルパスタのレシピ
お店の味をおうちで!「究極のカルボナーラ」の作り方
パスタ ouchigohan_ojisan
記事に関するお問い合わせ