一味違う!!へべすが香るクリームパスタを作ってみよう

一味違う!!へべすが香るクリームパスタを作ってみよう

季節は食欲の秋。今回は、井口 タクトさん(@ouchigohan_ojisan)に秋の食材が詰まったクリームパスタを教えていただきました。今回のパスタの味の決め手は「へべす」。へべすはすだちに似たフルーツで、すだちよりもフルーティで酸味が少なく、宮崎で人気があるんだとか。他とは一味違うクリームパスタをお楽しみください。

へべすが決め手。一味違うクリームパスタを!

こんにちは、井口 タクト(@ouchigohan_ojisan)です。
今回は、秋食材を使ったクリームパスタを作っていきたいと思います。

今回のレシピでは、この時期に旬を迎えるへべすを使ってみました。へべすは、すだちに似たフルーツで、僕の地元宮崎ではすごく人気があります。すだちよりもフルーティで酸味が少なく美味しいんですよー! (手に入らない場合はすだちで代用してくださいね)

材料

・生クリーム……100ml
・しめじ……1パック(100g程度)
・パスタ……80g
・牛乳……50ml
・厚切りベーコン……50g
・へべす(すだちでも代用可)……1個
・柚子胡椒……チューブで2cm程度
・コンソメスープの素……小さじ1
・にんにく……1片
・オリーブオイル……適量
・塩胡椒……適量
・ブラックペッパー……適量

作り方

1. パスタ用の鍋にお湯を沸かし、0.8〜1%の塩を加える(1Lの水の場合8〜10g)。沸騰したお湯にパスタを加え、パスタの袋に表記された時間より1分30秒ほど短めに茹でる。
2. 中火で熱したフライパンにオリーブオイルをしき、みじんぎりにしたにんにくをいれ、香りがたつまで炒める。

3. にんにくの香りがたったら、ベーコンとしめじをフライパンに加え、塩胡椒をして下味をつける。その後、軽く焼き色をつけるように炒める。

4. ある程度焼き色がついたら、牛乳と生クリームを加え、コンソメスープの素、塩胡椒で味を整える。

5. パスタをザルにあげ、4の中にパスタと柚子胡椒を加え、中火で1分30秒ほど火にかける。
このタイミングで味見をして、塩分が足りなければ塩胡椒で整えてください!

6. 器にもりつけ、軽くへべすを絞り、スライスしたへべすをのせ、ブラックペッパーを多めに削り完成。

作る時のコツとポイント!

<その1>アルデンテに茹で上げ、ソースをたっぷりと吸わせ濃厚に!
クリーム系のパスタは、パスタとソースが馴染むまでに時間がかかるので、表記の時間で作ってしまうと、芯のないパスタになってしまいます。
なので今回のレシピでは、パスタを少し早めに茹で上げて その分パスタとソースを馴染ませることでアルデンテに仕上げました。さらにパスタがソースを吸うことで濃厚な味わいに仕上がるので一石二鳥です。

<その2>へべすの酸味とクリームソースが新感覚の絶妙なバランス!
クリーム系のパスタは、途中で味に飽きてきちゃいますよね。へべすを使うことで、クリームパスタの良さを残しつつ、さっぱりとした味わいになるので最後まで美味しくいただけますよ。

<その3>柚子胡椒とクリームソースもとてもマッチします!
今回は隠し味にソースに少量の柚子胡椒を加えてみました! クリームソースの濃厚な味わいにパンチを加わり、より食欲をそそります。

秋の味覚をたっぷり詰め込んだパスタをめしあがれ

へべすが香る、きのことベーコンのクリームパスタ、いかがだったでしょうか?
ぜひ皆さんもチャレンジしてくださいね。

インスタグラム @ouchigohan_ojisan(井口 タクト)

井口 タクトさんの他コラム

新玉ねぎの旨みをパスタに凝縮。迫力たっぷりのナポリタンを召し上がれ!
【ヤミツキ注意】夏食べたい!10分でできる「トマトとツナの冷製カッペリーニ」
夏野菜で栄養満点!! ラタトゥイユを使ったペンネグラタンのレシピ
熱冷が絶妙!新感覚のトマトのっけ冷奴〜中華餡かけスペシャル〜
レシピ アレンジ パスタ きのこ ouchigohan_ojisan
記事に関するお問い合わせ