出典 : @mari.asakanon うさぎや卵でいつものごはんがかわいくなる!お手軽イースターパーティーのすすめ

うさぎや卵でいつものごはんがかわいくなる!お手軽イースターパーティーのすすめ

春の訪れを祝うお祭り「イースター」。キリスト教ではイエス・キリストの復活を祝う日で、ごちそうを作ってお祝いします。なかなかそこまで盛大にできないけど、いつものごはんにイースターのシンボルである「卵」と「うさぎ」をモチーフにしたメニューを1品取り入れるだけでも楽しい気分に♪今年は手軽にイースターパーティーをしませんか?

2019年のイースターは4月21日!

イースターは日本語訳で「復活祭」を指し、イエス・キリストの復活を祝う日です。

キリストが十字架にかけられて亡くなったことは有名ですが、実はその3日間後に復活したといわれています。キリストが復活したのが日曜日だったことから、春分の日以降、最初の満月から数えて最初の日曜日がイースターの日。2019年は4月21日(日)です。

イースターには寒い冬が終わって春がきたことをお祝いする意味もあるので、今年は気軽に参加してみませんか?

イースターのシンボルといえばイースターエッグイースターバニー。そこで、おうちごはんからスイーツまで、「卵」と「うさぎ」をモチーフにしたかわいいイースターメニューをご紹介します!

おうちごはんにひと工夫!

イースターといえばデビルエッグ

イースターの定番卵料理といえば、デビルエッグ。これは、ゆで卵を半分にし、くり抜いた黄身をマヨネーズやマスタードなどと和えて白身に詰めたもの。簡単に作れるのに、おいしくて見た目もおしゃれなので、ぜひ作りたいメニューです。

@miharuhiruma さんのデビルエッグもとってもきれいな仕上がり! デビルっぽさを出すため、タバスコでピリッと味付けしているそう。悪魔の誘惑に負けて、お酒がついつい進んじゃいそうです♪

ゆで卵でイースターバニー!

サラダの上には、ゆで卵で作ったうさぎがいっぱい! とってもにぎやかで楽しいですね♪

ゆで卵は縦半分に切ってうさぎの顔に。チーズで耳を作ったら、海苔で目や髭をつけて完成!
サラダだけでなく、カレーライスなどのワンプレートごはんやお弁当などでも活躍してくれそうですね。

ホットプレートでパーティー気分

ホットプレートの上にごはんとミートソース、卵をのせたアツアツのオムライスは、お子さんが間違いなく喜ぶメニュー。のっけるだけで簡単だから、ママにもうれしいですね。

うずらの卵のひよこは、果物ナイフの先でカットしたそう。いつもは、うさぎも作るという @chibiumari さん。今年のイースターメニューには登場するかも!?

つくねがイースターバニーに変身

こちらは、うさぎの形のつくねハンバーグ。鶏ひき肉にお豆腐を入れ、色白に仕上げています。ふわふわ柔らかそうで、愛嬌のある表情にキュンとしますね。

また、うずらの卵のイースターエッグは、ストロー状のもので白身をくり抜き、チーズ、カニカマ、きゅうりを型抜きして埋め込んでいるそう。こちらもマネしたいかわいさです!

いつものカレーライスでも!

@chr_rr6910 さんは、カレーライスのごはんを東京ディズニーシーで人気の「ステラ・ルー」にアレンジ。耳にはブロッコリーのリボンがちょこん。そして反対側の耳には隠れミッキーが!? すてきな遊び心に、思わず笑顔になっちゃいますね。

お弁当で楽しむなら

手作りピックでデコ

こちらのお弁当の主役は、まるで絵本に出てきそうなカラフルなうさぎのおにぎり! 長い耳は、爪楊枝とマスキングテープで手作りしているそう。苺や星の柄がキュートで、おしゃれなアクセントになっていますよね。

まぁるいわっぱ弁当は籠のイメージなのだそう。その中には、たっぷりの緑やお花のウインナーなどもあって春らしさ満載です!

ゆる顔のうさぎがキュート!

“ゆる顔デコ”でおなじみの @mari.asakanon さんのイースター弁当は、チキンライスの上にのったうさぎとイースターエッグがポイント。

こちらは卵液をラップでくるんでボイルして、卵型に成形したもの。うさぎの顔はもちろん、ゴマと海苔で作ったゆる顔です♪

その後ろにある小さなコロッケ=小ロッケもとってもキュート。ながめているだけでも楽しい気分になりますね。

水玉オムライスに挑戦!

おしゃれな見た目の水玉オムライスもイースターメニューにぴったり。これ自体が大きなイースターエッグのようにも見えますね。水玉オムライスは、難しそうに見えて実は簡単。まだ作ったことがない方は、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

さらに、うずらの卵のイースターエッグやウインナーで作ったうさぎなどを添えれば、とってもにぎやかな雰囲気に!

サンドイッチでも大丈夫!

イースター弁当はごはんだけではなく、サンドイッチなどのパンでも大丈夫!

@tomomi_sora さんはわんぱくサンド弁当に、うずらの卵でイースターらしさをプラス。もうこのイースターエッグが入るだけで、十分、気分が盛り上がりますよね。

ハムやチーズをサンドしたボリュームのあるわんぱくサンドに加え、フライドポテトやいちごも入って、彩りもおいしさもバッチリです!

甘~いスイーツでお祝い!

うさぎがかわいい!いちごパフェ

グラスの中からうさぎがひょっこり顔を出した、キュート過ぎるいちごパフェ。ふわっふわの毛並みはホワイトチョコを削ったコポーを振りかけています。そして耳はマシュマロでできているんですよ。グラスからちょこんと出たかわいい手もたまりません!

難しそうに見えますが、意外と簡単にできるそう。詳しい作り方は、 @mariii1520 さんの動画をチェックしてみてくださいね。

Fu Mariさん(@mariii1520)がシェアした投稿 -

ゆるい表情にほっこり。ひよこシュークリーム

こんがり焼きあがったシュー生地の中に、クリームたっぷり詰まったシュークリームは、子どもから大人までみんな大好きなスイーツ。卵黄をたっぷり使った濃厚なカスタードクリームがおいしいですよね。

@yukitakao0202 さんは、とろ~りとしたカスタードクリームにひよこの顔をデコレーション。ちょっとゆるい表情がかわいくて、ほっこりしちゃいます。手作りする時間がなければ、市販のシュークリームにデコレーションしてもよさそうです。

春らしさ満載♪レモンケーキ

イースターエッグに見立てた、カラフルでかわいいレモンケーキ。やさしいカラーが春にぴったりですね。さわやかなレモン風味と、コーティングしたチョコレートとの相性も抜群ですよ。

チョコペンやマーブルチョコなどで自由にデコっても楽しそうです!

イースターを代表するお菓子、シムネルケーキ

シムネルケーキはイースターを代表するイギリスのケーキで、中にはドライフルーツがたっぷり。表面にはマジパン(アーモンドと砂糖が原料のペースト状のもの)で作った丸いボールを11個のせるのも特徴で、これはキリストの12使徒のうち、ユダを除いた11人の弟子の数とされているんです。

本場のシムネルケーキはスパイスを効かせたものが多め。このケーキを焼いた @_.koko_suzi さんも焼き上がりは、ミックススパイスのいい香りが家中に漂ったそう。

マジパンやスパイスはちょっとハードルが高いな……という方は、デコレーションだけでもマネしてみてもいいかもしれません!

おうちでも、外でも気軽に楽しもう!

日本でも年々盛り上がりを見せているイースター。あらたまってパーティーをするほどではないけど、春の訪れはお祝いしたい! そんなときは、いつものおうちごはんやお弁当にちょこっと取り入れるのがおすすめです。今年は家族や友達と手軽にイースターパーティーを楽しんじゃいましょう!

関連記事:

イースターを手軽に!食卓を盛り上げるデコレーションアイデア5選
2019年は4月21日がイースター!卵料理でイースターを楽しんでみよう
たまご キャラ弁 スイーツ イースター 弁当 デザート 盛り付け イベント キャラごはん デコ弁
記事に関するお問い合わせ