出典 : @nao_cafe_ 【映画とごはん】どこにも出掛けなくても大丈夫!GWは映画で旅気分!~東日本編~

【映画とごはん】どこにも出掛けなくても大丈夫!GWは映画で旅気分!~東日本編~

編集部スタッフが今の時期におすすめの映画とごはんを紹介する「映画とごはん」。2018年の1月から12月まで月1で連載されていた本企画が久々に復活!今回は、GWにどこにも出掛けない方でも見ただけで旅気分が味わえちゃう、日本が舞台の映画とご当地めしをピックアップ。東日本編と西日本編の2回に分けてご紹介します!

北海道から神奈川まで!東日本が舞台の映画とご当地めし

今年のGWは10連休! どこかへ旅行したいけど、今から予約するんじゃ遅すぎる……。ならば映画を観て、その土地に行った気分になってみるのはいかが? 

東日本編では、北海道、山形、福島、東京、神奈川が舞台になっている映画をご紹介。北海道や東北の雄大な自然、下町情緒あふれる東京の街並み、そして古都・鎌倉の風景などは見ているだけで心和むはず。

ご当地めしとともに味わえば、さらに気分が盛り上がりますよ。おうちでのんびり、旅気分を楽しんじゃいましょう!

【1】北海道

『しあわせのパン』(2011年/日本)

アミューズソフトエンタテインメント

しあわせのパン [DVD]

4,109円

購入はこちら

北海道・洞爺湖のほとりの小さな町・月浦を舞台に、東京から移り住んでパンカフェ「マーニー」を始めた夫婦と、店を訪れる客たちとの温かい交流を描いたハートウォーミングドラマ。原田知世大泉洋が初共演し、夫婦を好演しています。

「マーニー」を訪れるのは、北海道から出ることができない青年や沖縄旅行をすっぽかされた傷心の女性、口をきかない少女とその父親など、それぞれに事情を抱えた人々。そんな中で、水縞くん(大泉)の焼くパンとりえさん(原田)の淹れるコーヒーが、彼らの心をときほぐしていきます。

「マーニー」は宿泊することもでき、こんなところに泊まれたら最高だろうなぁと妄想が膨らみます。北海道の四季折々の美しい景色も癒やし度満点で、見れば元気をもらえるはず!

北海道名物・ちくわパン

『しあわせのパン』を観ていると、どうしても食べたくなるのがパン。私はDVDを観ている途中でたまらなくなり、近所のパン屋さんまで買いに走ってしまいました。鑑賞の際には、パンとコーヒーを準備しておくことをおすすめします!

北海道の名物パンといえば、パンの中にちくわが入った「ちくわパン」。ちくわの中にはツナサラダが入っていて、これが想像以上においしいのだとか!

「ちくわパン」を生み出したのは札幌市にあるパン屋さん「どんぐり」。なかなかそこまでは買いに行けないので、おうちで作ってみてはいかがでしょう。初めて作ったという @t.s.t.m さんもそのおいしさに「リピ確定」とどハマリしたそうですよ!

どんぐりのちくわパン完全版♪ by 山カズ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが308万品

【2】山形

『スウィングガールズ』(2004年/日本)

東宝

ウィングガールズ [Blu-ray]

4,093円

購入はこちら

東北の高校を舞台に、ジャズの魅力にハマってビッグバンドを組んだ女子高生の成長と奮闘を描いた青春音楽ドラマ。バンドのメンバーを演じた上野樹里らによる吹き替えなしの迫力ある演奏も話題になりました。

夏休みのある日、補習クラスの女子たちは野球部の応援に行った吹奏楽部にお弁当を届けるものの、お弁当が腐ってしまったことで、吹奏楽部は体調を崩してしまいます。そこで、彼女たちが野球部の応援のためにビッグバンドを結成することになるのですが……。

ロケは山形県置賜地方を中心に行なわれ、山形鉄道フラワー長井線米沢市営野球場高畠町役場などが登場します。山形弁を駆使したセリフは温かみがあり、女の子たちの明るく生き生きとした姿も爽やか。難しいことは考えず純粋に楽しめる作品です。

山形の郷土料理・芋煮

里芋や牛肉、こんにゃくなどが入った「芋煮」は、山形に古くから伝わる郷土料理。秋になると河川敷で開催される「芋煮会」が楽しそう&おいしそうですよね。

@nao_cafe_ さんの芋煮もこだわりの素材がたっぷりで、とってもおいしそう! 芋煮が大好きだという @nao_cafe_ さんのおうちでは、寒い季節は芋煮がヘビーローテーションで食卓に登場するそうですよ。

芋煮は地域によって味付けや具材に違いがあるので、いろいろ試してお気に入りを見つけたいですね。

【3】福島

『フラガール』(2006年/日本)

ハピネット・ピクチャーズ

フラガールスタンダード・エディション [DVD]

2,160円

購入はこちら

福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)にまつわる実話を基にしたハートフル・ストーリー。主演の松雪泰子をはじめ、蒼井優南海キャンディーズのしずちゃんらが披露するフラダンスも大きな見どころとなっています。

昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱町を観光産業で救うため、フラダンスショーを目玉とした「常磐ハワイアンセンター」が作られることに。村の少女たちにフラダンスを教えるため、東京からダンサーがやって来るのですが、彼女は教える相手がズブの素人だと知ると完全にやる気を失ってしまい……。

猛特訓の末、少女たちがプロのフラダンサーへと成長していくさまは爽快感があり、そんな彼女たちに心を動かされていくダンサーとの師弟関係も感動的です。

常磐ハワイアンセンターオープン時のシーンはスパリゾートハワイアンズ内で撮影されるなどリアリティーたっぷり。物語にぐいぐい引き込まれ、気づくと涙があふれているはず!

福島のご当地ラーメン・喜多方ラーメン

福島の「喜多方ラーメン」は、日本三大ラーメンの一つに数えられるほどポピュラーなもの。あっさりした醤油スープに、もちもちの平打ち縮れ麺が主な特徴です。私も大好物で、近所にある「喜多方ラーメン 坂内」に何度通ったことか!

@kira_pika_smile さんの喜多方ラーメンは、だんなさんのお手製。@kira_pika_smile さんがとっても素敵などんぶりを買って帰ったところ、だんなさんが喜んでチャーシューメンを作ってくれたのだとか。

たっぷり入ったチャーシューもおいしそうですが、トロトロの半熟煮卵も魅力的。トッピングをお好みでアレンジできるのもおうちラーメンの醍醐味ですね!

【4】東京

『3月のライオン』(2017年/日本)

東宝

3月のライオン【前編】 DVD 通常版

3,068円

購入はこちら

羽海野チカの人気コミックを、2部作で実写化。17歳のプロ棋士・桐山零を中心とする人間模様を描いた感動作で、主人公を演じた神木隆之介の再現度の高さにも注目です!

幼少期に交通事故で家族を亡くし、中学生でプロ棋士としてデビューした零。東京の下町で一人暮らしをする彼はある日、近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、一緒に食事をするように。零は彼女たちとの交流を支えに、プロ棋士として、人間として成長していきます。

零が一人暮らししているのは、東京都中央区に位置する佃・月島エリア。本作には、佃川の支流にかかる赤い橋「佃小橋」や墨田川沿いの公園「佃公園」などが登場し、下町散策している気分に。

獅子王戦トーナメントのシーンは、千駄ヶ谷にある「将棋会館」で撮影されていて迫力満点!

東京下町の味・もんじゃ焼き

月島といえば「もんじゃ焼き」。月島にはなんと60店舗以上ものもんじゃ焼き屋さんが点在しているんです。お店で食べるのもいいけれど、映画を観ながらおうちで楽しむもんじゃ焼きもオツなもの。

市販のもんじゃ焼き粉もありますが、小麦粉やウスターソースなどを使ってもおいしく作れます。乾えびやベビースターラーメン(これ、必須ですよね!)など、トッピングもたくさん用意したいところ。

みんなでホットプレートを囲んでジュージュー焼けば、楽しさもおいしさもひとしおです!

【5】神奈川

『海街diary』

ポニーキャニオン

海街diary DVDスタンダード・エディション

3,253円

購入はこちら

鎌倉を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の絆を描く家族の物語。綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すずが4姉妹役で夢の競演を果たしました。

鎌倉に住む3姉妹は、15年前に家を出た父の葬儀で、父とほかの女性の間に生まれた異母妹と対面。長女は身寄りがなくなった彼女に同居を提案し、鎌倉での共同生活が始まるのですが……。

4姉妹が暮らすのは、江ノ島電鉄「極楽寺駅」の近くにある古民家。本作には、極楽寺駅はもちろん、由比ガ浜の海をはじめ、湘南に実在するカフェ・バーや食堂などが登場します。

四季折々の風景も美しく、鎌倉の魅力がいっぱい!

湘南グルメ・生しらす丼

しらすの漁場は全国にありますが、湘南はその代表的な水揚げ地のひとつで、春(4~5月)、夏(7月)、秋(10月)と年に3回のピークを迎えます。中でも「生しらす」は、とろけるようなまろやかな味わいがたまりません!

生しらすをごはんの上にたっぷりのせ、卵黄や生姜をからめて口に運べば、あまりのおいしさにお箸が止まらなくなるはず!

現地では行列必至ですが、生しらすをお取り寄せしておうちでどんぶりにすれば、並ばずに好きなだけ食べられますね。

さて、どの映画にトリップしましょう?

いざ、出掛けるとなると時間がかかりますが、映画なら約2時間で大満足できちゃう! しかも大型連休ならではの特別料金も混雑も関係ありません。

落ち着いたころに実際に訪ねて、ロケ地をめぐってみるのもいいですね。

それでは、どうぞ楽しいGWを!

(text by コノ)

関連記事:

【映画とごはん】大人も子どもも家族みんなで楽しめる。ファミリー映画と家族ごはん
【映画とごはん】どこにも出掛けなくても大丈夫!GWは映画で旅気分!~西日本編~
郷土料理 映画とごはん
記事に関するお問い合わせ