小豆島の柑橘・オリーブ農園が東京上野に!「井上誠耕園」松坂屋上野店がオープン

小豆島の柑橘・オリーブ農園が東京上野に!「井上誠耕園」松坂屋上野店がオープン

日本のオリーブ産業発祥の地である香川県の小豆島。国産オリーブオイルのシェアは8割以上でオリーブの島として注目を集めています。そんな小豆島で代々柑橘・オリーブ農園を営んでいる「井上誠耕園」が、今回東京に直営店舗を初出店!早速おうちごはん編集部もオープンしたての店舗に取材に行ってきました。

小豆島のオリーブと柑橘の農園「井上誠耕園」直営店舗が東京にオープン!

通信販売、小豆島・高松の直営店を軸に販売を行ってきた小豆島のオリーブと柑橘の農園「井上誠耕園」がついに東京に初出店。第1号店を松坂屋上野店にオープンしました。

井上耕誠園とは?

古くから海上の要所として栄え、近年はオリーブの島として多くの観光客が訪れる香川県・小豆島。井上誠耕園はここ小豆島で、昭和15年から三代に渡って農業を営んでいます。平成28年にはオリーブ植栽70年を迎え、現在は三代目園主井上智博さんと約160名のスタッフが、柑橘とオリーブの栽培から加工・販売までを一貫体制で行っています。

井上誠耕園の畑では、約4,500本の様々な品種のオリーブを育てています。オリーブ畑の面積は、なんと東京ドーム2.6個分の約38,000坪! オリーブ以外にも、柑橘畑でも年間を通して多品種の柑橘を楽しむことができるんです。

人と人とのつながりを大切にした「地域密着型」の東京第1号店

そんな井上誠耕園が、これまでの長い年月で構築してきた全国のたくさんのお客様とより直接的に接する場を増やしたいという想いから、今回東京に初出店! 東京第1号店となる「井上誠耕園」松坂屋上野店をオープンしました。

早速、おうちごはん編集部もオープンしたばかりの店舗に取材に伺いました。すると、なんと三代目園主である井上社長自らが店頭に立って接客をされているではありませんか! 素敵な笑顔でお客様からも大人気! せっかくなので私も直接お話を伺ってみました。

お店にいくと値段も種類も様々なオリーブオイルがたくさん売られていて、正直何がどう違うのか、どれがいいのかわからないのですが……と、普段感じていることを率直に井上社長にぶつけてみたところ、とても丁寧に答えてくださいました。

井上社長:「オリーブは、全世界で1600以上の品種があると言われていて、品種によって味や香りが異なります。さらに、同じオリーブの品種でも、栽培する土地の風土や気候、作り手が変われば味や香りは変わってくるんです。だからこそ、その食材の向こうにある背景やドラマを知り、料理によって、その日の気分に合わせて好みのオリーブオイルを選んでみるといいですよ。大自然のありがたさを感じながら、ぜひオリーブオイルの奥深い世界を味わってみてください。」

井上耕誠園こだわりの売れ筋商品をご紹介

店舗には、オリーブオイルをはじめとする食品はもちろんのこと、オリーブオイルでできた美容品などの幅広い商品がずらり。気になる売れ筋の商品や、社長おすすめの商品を教えていただきましたので、ピックアップしてご紹介します。

◆エキストラヴァージン完熟オリーブオイル/エキストラヴァージン緑果オリーブオイル

こちらが、井上誠耕園の大人気商品のエキストラヴァージンオリーブオイル。写真左が熟した実を使った「完熟オリーブオイル」で、写真右が熟する前の若い実を使った「緑果オリーブオイル」です。

▲写真左:完熟オリーブオイル(通年販売)/写真右:緑果オリーブオイル(12月~5月【季節限定】)

一番の売れ筋は、「緑果オリーブオイル」。いわゆる「早摘み」や「アーリーハーベスト」といわれるオイルです。

オリーブの果実は熟期になると緑色から赤紫色、黒へと変化していきます。このうち、「緑色から少し紫色がかった緑色」の果実だけを鮮度が良いうちに「コールドプレス(低温圧搾)」で品質を保ちながら果実を粉砕・練り上げ、オイルを搾汁したのが「緑果オリーブオイル」なんです。若草のように青く新鮮な果実の香りと、のどの奥で感じるピリッとした辛みが絶妙なバランスで、オイルとは思えないほどすっきりした後口が楽しめるんだそう。井上社長によると、この緑果オリーブオイルは肉料理との相性が抜群なんだとか! ステーキや牛肉のたたきなどに緑果オリーブオイルと塩をかけると、旨味が増すんだそうです。これはぜひとも試してみたい食べ方ですね!

対する「完熟オリーブオイル」は、まろやかな味わいと芳醇な香りが特徴。クセのない味わい、フルーティで芳醇な香りは、生食はもちろん加熱料理にも幅広くつかえます。

※「緑果オリーブオイル」は、今年分は既に完売! 今秋からの販売を楽しみにお待ちください!

エキストラヴァージンオリーブオイル | 井上誠耕園

◆ピュアオリーブオイル/ガーリックオリーブオイル/にんにく唐辛子オリーブオイル

▲写真左:ピュアオリーブオイル/写真真ん中:ガーリックオリーブオイル/写真右:にんにく唐辛子オリーブオイル

ピュアオリーブオイル
さまざまなオリーブの実を精製して仕上げた香り控え目のライトなオイルです。クセが無く、素材の味と風味を引き出すので、和食との相性も◎。
精製処理により香り・コクともにおさえられたオイルなので、和食・洋食問わずどのようなお料理にも抵抗なくさっと使うことができます。

ピュアオリーブオイル | 井上誠耕園

ガーリックオリーブオイル
ピュアオリーブオイルにニンニクを入れじっくりと焚きあげた自家製オイル。にんにくの香りが食欲をそそります! 肉料理、パスタ料理などにおすすめです。

ガーリックオリーブオイル | 井上誠耕園

にんにく唐辛子オリーブオイル
ガーリックオイルにさらに唐辛子を加え、スパイシーに仕上げたオイル。にんにくの風味にピリッときいた唐辛子のバランスが絶妙です。
お手軽ペペロンチーノやピリ唐炒飯、きんぴらなどが美味しく作れます。 このオイルを少し加えるだけで大人味の美味しい料理が出来上がります。

にんにく唐辛子オリーブオイル | 井上誠耕園

◆ホワイトオリーブオイル

こちらは、なんと白いオリーブオイル。新鮮で良質なエキストラヴァージンオイルを、どんなお料理にも合うよう、丹念に精製したオリーブオイルです。

丁寧に精製することで、どのオイルよりもさらっとして口当たりが軽く、味や香りが全く気にならないオイルに仕上げているので、味わいが繊細な和食にこそ、使ってほしいオリーブオイルなんだそうです。

和食にオリーブオイル⁉ お話を聞いたときにはびっくりしましたが、その相性を実際に確かめてみたいなと思い、私は早速こちらのホワイトオリーブオイルを購入。
井上社長のアドバイスを受け、ごはんを炊くときに加えてみたり、煮物やみそ汁にも加えてみました。オリーブオイルの香りが、和食に合うのかなと思いつつ使ってみると……食材本来の香りや味を全く邪魔することなく、ごはんはつややかに炊き上がり、煮物やみそ汁は口当たりがまろやかになりました。素材のおいしさが一層引き立つオリーブオイルです。

一般的なピュアオリーブオイルは、二級品質のオリーブオイルを精製加工したものにエキストラヴァージンオリーブオイルを少量加えて仕上げているのに対し、この超精製ホワイトオリーブオイルは、良質なエキストラヴァージンオリーブオイルを贅沢に精製加工し、究極のさらっと食感に仕上げているんだそう。だからこそ、「さらっと透明な味わいなのにコクがある」という独特のおいしさを実現できているんですね。

ホワイトオリーブオイル(オーストラリア農場産) | 井上誠耕園

◆ベジタブルフレーバーオイル10本セット

こちらのベジタブルフレーバーオイルは、ギフトとしてもおすすめ。10種類の味と香りが楽しめるフレーバーオイルのセットです。

農園のみなさんが「本当においしい」と思える良質なオリーブオイルと、オイルとの相性が良い野菜やハーブ類を自家農園の真ん中にある食品工房で丁寧に炊きこんで、食材の風味がそのまま溶け込んだオリーブオイルに仕上げています。

塩分や砂糖など、余計な調味料は一切使わず、香りだけを生かしているのでお料理の邪魔をすることなく、美味しさだけをぐっと引き立てます。

ベジタブルフレーバーオイル10本セット | 井上誠耕園

◆オリーブオイルコンフィ八朔チーズ

大人の味わいの「八朔チーズ」。井上誠耕園で大切に育てられた八朔の皮でマーマレードを作り、クリームチーズと一緒にオリーブオイルに漬けたオリーブオイルコンフィです。
八朔のほろ苦い甘さとチーズの濃厚な旨みが口いっぱいに広がり、ワインのお供にぴったり!

これは絶対食べてみたい! ということで、私もこの「八朔チーズ」を購入。カリっと焼いたバゲットにのせて白ワインと共にいただきましたが、美味しすぎて一瓶あっという間に食べきってしまいました(笑)。

オリーブオイルコンフィ八朔チーズ | 井上誠耕園

オリジナルのレシピカードが嬉しい!

店舗には、ここでは紹介しきれないくらい、他にも様々な商品があります。
そして、店舗に足を運んだからこそゲットできるのが、オリジナルのレシピカード。たくさんの種類があるオリーブオイルそれぞれを使ったおすすめのレシピが紹介されているんです。

こんなにたくさんの商品があると、どのオイルをどんな料理に使ったらよいのか悩んじゃいますよね。商品選びのときの参考になるのはもちろん、オリジナルの素敵なレシピがたくさん紹介されているので、オリーブオイルを使ったレシピのレパートリーも広がります。

オリーブオイル以外にも幅広い商品を展開!

オリーブオイルだけでもかなりの種類があるのですが、それだけにとどまらず、今までは小豆島・香川の直営店でしか手に入らなかった商品もたくさん取り扱っています。

オリーブを練りこんだ手作りパスタ、ドレッシングやソース、ジャムやジュースなど、美味しそうな小豆島の特産品がずらり! 多くのお客さんが商品を手に取り、店内はとても賑わっていました。やはり、実際の商品を手に取って確認でき、店員さんに話を聞けるというのは直店舗ならではの魅力ポイントですね。

【おまけ】美容オリーブオイル

食品ではないのですが、こちらの「美容オリーブオイル」が緑果オリーブオイルと並んで大人気ということで、おまけでご紹介しちゃいます。

天然オリーブ100%で、全身に使える肌にやさしいオリーブオイル。なんと40年以上にわたって改良を重ねて、ようやく理想の美容オリーブオイルとして完成させたオイルなんだそうです。驚くほどサラッとした使い心地。お肌に溶けるようにすっとなじんで、しっとりやさしく潤いを包み、子どもから大人まで家族みんなで使えるピュアな精製オイルです。

美容オリーブオイル | 井上誠耕園

小豆島のオリーブ農園らしさが活きる直営店舗へ

私自身も最近はインターネットでの通信販売で商品を購入することも多く、その便利さを実感してはいるのですが、今回店舗にお邪魔して実際に自分でも買い物をしてみて、井上誠耕園が大切にしている「人と人とのつながり」を感じながらの買い物の楽しさを体感することができました。

実際に商品を目で見て、手に取って、気になったことを店員さんに聞いてみる。今回東京に直営店がオープンしたことで、より多くの方々がこの楽しさを体感しながら、井上誠耕園の商品を購入することができるようになりましたので、お近くにお立ち寄りの際には、ぜひ店舗に足を運んでみてくださいね!

小豆島の自然農園「井上誠耕園」

関連記事:

かけるだけで毎日の食卓がより豊かに!オリーブオイルのちょい足しアイデア
夏期90日間限定販売!旬搾りのフレーバーオイル「新鮮檸檬オリーブオイル」
オリーブオイル 調味料 取材 編集部のキニナル
記事に関するお問い合わせ