提供:ヤマサ醤油株式会社
【ワークショップ開催レポ】@utoshさん直伝『常備菜』アレンジ&盛り付け体験

【ワークショップ開催レポ】@utoshさん直伝『常備菜』アレンジ&盛り付け体験

2019年5月、令和初となるおうちごはんワークショップを開催!テーマは、ヤマサの「味やわらか絹しょうゆ減塩」を使った、“愛情たっぷりの常備菜&アレンジ料理”。『うちベジ』でもお馴染みの人気インフルエンサー@utoshさんをお迎えし、おうちで簡単に作れる常備菜をはじめ、食卓のコーディネート方法を教えてもらいました。

人生100歳時代だからこそこだわりたい“愛情たっぷり”な常備菜

この日行われたワークショップは、ズバリ“愛情たっぷり”な常備菜がテーマ。
今や、人生100歳時代といわれ、健康で長生きする人が増えてきています。
多くの人が健康を意識したときに気になるのが「塩分」の摂取量。
そこで、今回はヤマサの「味やわらか絹しょうゆ減塩」を使って体にも優しい&美味しい常備菜を作るワークショップを開催しました。

減塩しょうゆと聞くと、「味が薄いんじゃないか」「コクが足りないんじゃないか」と思う方も多いかもしれません。ですが、このヤマサの「味やわらか絹しょうゆ減塩」は、創業1645年(江戸時代!)の伝統をもつヤマサならではの製法によって、減塩だけれども、しっかりとしたコクと深み、香りが感じられるしょうゆなので、普通のしょうゆと変わらず、美味しくいただくことができるのです。

▼創業1645年の伝統。江戸時代からつたわるヤマサ菌 について詳しくはコチラ!

@utoshさんによる、常備菜の作り方から盛り付けワーク!

今回のワークショップで作ったメニュー『小松菜とごぼうのしょうゆマリネ』は、今回講師としてお迎えした@utoshさん考案によるもの。

#とりあえず野菜食の発起人である@utoshさんには、『小松菜とごぼうのしょうゆマリネ』以外にも、野菜の素材そのものの旨味をいかしたメニューをいくつか考案していただきました。

今回は、その中からアレンジとしてパスタが楽しめる料理をピックアップ。

今回のメニューは、本当に簡単に誰でも作れるので、調理のポイントはほぼゼロ。
ただ、細すぎるごぼうだと存在感も薄れてしまうので、太すぎず細すぎずがベストだそうです。

ちょっと難しいので、わかりやすく聞いてみると…、
「お店で3本束で売っているものではなく、2本束くらいのもの」だそうです(笑)。

ごぼうを炒め、香りがたってきたら小松菜を入れ「味やわらか絹しょうゆ減塩」他、マリネに必要な調味料を入れるだけ。
3時間から一晩寝かせたら完成というとってもシンプルなメニュー!
料理初心者でも安心ですね。

事前に25人分の常備菜を仕込んでいただき(@utoshさんありがとうございました!)、アレンジパスタもその場でデモンストレーション。
とはいえ、常備菜と茹でたパスタを軽くフライパンであえるだけなので、こちらも簡単&あっという間に作れちゃいます。
常備菜を作っておくことで、毎日の料理も時短になるからウレシイですよね。

パスタの盛り付けについては、高さ(立体感)が出るように、トングでパスタを取りお皿の中心からねじるように盛り付けることがポイントだそうです。

そしてデモンストレーションも終盤。
最後は、テーブルコーディネートです。

@utoshさんにご持参いただいた、ランチョンマットとカトラリーを使ってレクチャーいただきました。白いテーブルに白い器だと、どうしてもお皿の輪郭がボケてしまうので、そういう場合はお皿の色がパキっと映える色をチョイス。

メインの料理も引き締まって見えます。さらに、実際の料理に使った素材を写り込ませることで、写真の仕上がりもグンとオシャレに♪

今回のワークショップで作ったレシピ以外にも、@utoshさんに考案いただいた常備菜メニューはこちらでチェックできます。

▼人気お料理インスタグラマー@utoshさんの常備菜レシピ♪

参加者による盛り付けワーク&実食!

デモンストレーションで盛り付けをレクチャーしてもらい、さっそく参加者の皆さんも体験。
ポイントは、一度にすべてのパスタをお皿に盛り付けないこと。
まず最初にお皿の中心に一つの塊を盛り付け、その上や周りにパスタを乗せていきます。
そうすることで、ペシャっとせずに高さが出て立体感が作れるそう。

普段あまり意識せずに、お皿にパスタを盛り付けている人も多かったのですが、今回はしっかりと高さが出るよう、バランスを見ながら盛り付けにチャレンジしていました。
皆さん、それぞれランチョンマットを選んで完成パスタを撮影。

「雰囲気が出ていい感じになりました!」
「さっそく自宅で作るときも、実践してみます」

と盛り上がっていました。

そして、お待ちかねの実食タイム。
事前に付け込んでおいた”しょうゆマリネ“の味がしみ込んだ小松菜とごぼうも、しっかり旨味と風味が感じられ、さっぱりとした和風パスタに一同大絶賛!

@utoshさんが事前に仕込んでおいた『小松菜とごぼうのしょうゆマリネ』を使ったパスタということもあり、しょうゆのおいしさに加え、愛情もたっぷり感じられた1品となりました。

今回のワークショップを機に、減塩しょうゆに対して、

「食卓でも使いたくなりました♪」
「イメージが変わりました。」
「減塩なのに、味が薄くなくて美味しかった!」

など、皆さん「しょうゆ」を見直すきっかけにもなったようです。

食は健康に過ごすためにも欠かせないもの。
だからこそ、大切な家族やパートナーが、いつまでも元気で健康に過ごしてもらうためにも、意識していきたいですね。

ヤマサの「味やわらか絹しょうゆ」について詳しくはコチラ!

■提供元/関連リンク

提供元:ヤマサ醤油株式会社

関連記事:

「#よりそい醤油」で楽しむ朝のひととき。「愛情朝ごはんコンテスト」開催!
【5月11日開催】@utoshさん直伝!「常備菜」アレンジ料理ワークショップ
野菜 キャンペーン 常備菜 utosh パスタ 醤油 マリネ ワークショップ 常備菜活用 PR
記事に関するお問い合わせ