提供:キッコーマン株式会社
出典 : @mk_happy4 料理の幅は無限大!濃いだし本つゆで「楽ちゃんごはん」を作ろう!

料理の幅は無限大!濃いだし本つゆで「楽ちゃんごはん」を作ろう!

子育て中のご家庭は毎日忙しく料理をじっくり作る余裕がないこともしばしば。そんなご家庭の強い味方が「濃いだし本つゆ」です。濃縮4倍のつゆだから、これ1本で味がしっかり決まります。今回はこの「濃いだし本つゆ」を使い、“楽だけどちゃんとしたごはん”「楽ちゃんごはん」を作るキャンペーンを開催。その中から素敵な投稿を紹介します!

楽だけどちゃんとしたごはん「楽ちゃんごはん」とは?

「楽ちゃんごはん」とは、キッコーマン「濃いだし本つゆ」1本でできる簡単料理。だけどちゃんとしたごはんのこと。
小さいお子様がいたり、共働きで忙しいご家庭では、なかなか料理に時間をかけられませんよね。
でも、やっぱりごはんはおいしく食べたい! 毎日のことだから家族の健康にも気をつけたいし、手抜きには思われたくない……。
濃いだし本つゆを使って作る「楽ちゃんごはん」は、そんな悩みに応えるごはんです。

濃いだし本つゆのだし原料は国産100%。かつお節、宗田かつお節、いわし節、まぐろ節、真昆布を使用しただしは風味豊か。だしの香りを引き出す独自製法で、麺料理はもちろん、煮物や炒め物、つけかけ料理まで、どんな料理の味付けもこれ1本でしっかりと決まります。
さらに濃縮4倍だからたっぷり使えてお得! お財布にもやさしい1本です。

麺、丼、おかず、パスタにも使える!いろいろアレンジ楽ちゃんごはん!

おうちごはんでは、このたび「#楽ちゃんごはん」投稿キャンペーンを開催。
魚の煮付けなど定番のおかずから、麺や丼、パスタまで、さまざまにアレンジされた投稿が上がってきました。
今回は特別に、伝説の家政婦 志麻さんから素敵な投稿にコメントをいただきましたので、ご紹介します!

志麻さんのプロフィール

有名フランス料理店で15年勤務。その後、フリーランスの家政婦となる。冷蔵庫にある食材で作り上げる料理が評判を呼び、「予約が取れない伝説の家政婦」と呼ばれる。

炊き込みご飯の味付けもこれ一本!の楽ちゃんごはん

「栄養バランスが良く、食べ応えがあって彩りもきれいですね。炊き込みご飯に入っている塩昆布がアクセントになって、簡単だけれど工夫されていてとてもおいしそうです。本つゆを炊き込みご飯と鶏肉のグリル、二通りの使い方をされている点も素晴らしいです。」

温泉卵との相性も◎!ボリュームたっぷり豚丼の楽ちゃんごはん

「一皿で野菜とお肉をたっぷり食べられて、しかも簡単! 温泉卵がとてもきれいですし、食べるとしっとりと全体をまとめてくれそうですね。ナスやパプリカ以外でもいろんな野菜で応用もできますね。」

和風パスタの味付けもお任せ!の楽ちゃんごはん


「お肉に野菜、キノコもたくさん入っていて食べ応えのある一品! 私も時間がない時によく本つゆを使って和風パスタを作りますが、こんな風にたっぷり具材を入れて作ると、さっとできて満足感のあるごはんになりますね。パスタの太さと具のバランスもgood。」

野菜の旨みを移してさらにおいしい!冷麦の楽ちゃんごはん

「暑くて食欲のない日でも食べたくなるような一皿です。つゆにオクラとトマトをつけておくというアイデアが素晴らしいです。柔らかく火が通ったナスと、オクラのねばねば、トマトの酸味、大葉やネギ、ゴマの風味など一皿でいろんな要素が楽しめるお料理だと思います!」

濃いだしにおいしい香りをプラス!ご飯が進む楽ちゃんごはん

「まさにご飯が進みそうな一品ですね!にんにくの芽やごま油などを使うことで本つゆ一本でガツンと食べ応えのあるお料理に変わっています。ワンプレートでご飯と野菜がたっぷりのせてある点もいいですね。」

淡白なお豆腐もごちそうに!豆腐ステーキの楽ちゃんごはん

「アツアツのフライパンからジューっという音が聞こえてきそうです。淡白なお豆腐ですが、味付けも盛り付けも工夫されていて、華やかでとってもおいしそうな仕上がりに。しかも本つゆ一本で味が決まるなんて嬉しいですね。」

忙しくてもちゃんとしたごはんが食べたい!そんなときは楽ちゃんごはん!

忙しい毎日の強い味方、濃いだし本つゆで作る「#楽ちゃんごはん」。
作ってみたいアイデアはありましたか?
和食にも洋食にもいろいろ使うことができるうえに、濃いだしの香りと旨みが広がり、味が決まります。
「#楽ちゃんごはん」ハッシュタグ一覧にはさまざまなアイデアメニューが集まっているのでぜひチェックして、みなさんも作ってみてくださいね!

「#楽ちゃんごはん」ハッシュタグ一覧はこちら

■提供元/関連リンク

キッコーマン株式会社

濃いだし本つゆ オフィシャルサイトはこちら
キャンペーン だし 時短 調味料 めんつゆ 和風 PR
記事に関するお問い合わせ