【編集部スタッフコラム】レジェンドと巡る、高知食い倒れツアー!後編

【編集部スタッフコラム】レジェンドと巡る、高知食い倒れツアー!後編

11月上旬に『戻り鰹』を食べる目的で、1泊2日の高知弾丸「食い倒れツアー」に行ってきました。今回のスタッフコラムは、そのレポート記事の後編!レジェンドなインフルエンサーさんたちとの夜は、当たり前のように2次会、3次会、4次会へと続きます(笑)。高知の美味しいグルメをたっぷりとご紹介していますので、ぜひご覧ください。

「オトナの遠足in高知」ツアー後編スタート!

Instagramでも人気のインフルエンサー@pepe39さん、@higucciniさん、@cao_lifeさん、@gucci.tckbさんたちと巡る高知ツアーレポート後編です。

ツアーの全行程の紹介を1記事の中におさめることができず……。
前回は、【3軒目】1次会までのレポートをさせていただきました。

「オトナの遠足in高知」ツアー前編はコチラ!

今回は、続編として2次会以降の旅の様子をご紹介します。

【4軒目】これぞ本場の屋台餃子!『安兵衛』

1次会も終わり、ここからは高知にお住まいで、地元の美味しいお店をたくさん知っている@pepe39さんにアテンドしてもらい、高知のディープな夜を楽しみました。

高知に行ったら、必ず行きたいのがここ屋台餃子『安兵衛』さん。

おうちごはんの編集部のオフィスがある東京・恵比寿にも、『安兵衛』さんの姉妹店はあるのですが、いつも人気でなかなかお店に入れないことも。

せっかく高知へ行ったのなら、行くでしょ!
ということで、この日の2次会のごはんは、餃子に決まり。

ここの餃子は割と小ぶりで、揚げ焼きのようなパリっとした皮の中に、熱々ジューシーなお肉が入っていて、その美味しさといったらもうたまりません! 餃子なのにお菓子感覚で食べられちゃうので、全員1人前をペロリ。
さらに、周りのお客さんが食べているラーメンも美味しそうで食べたくなって、2人で1人前ずつオーダー(笑)。

こちらのお店は、駐車場のようなスペースで食べ&飲みできるので、とっても開放的。私たちの席はビールケースが積まれた上に台が置かれた立ち飲みスペースだったのですが、こういう雰囲気がなんともたまりません。

さすがに食べすぎたかなと思ったのに……、お店を出た足でそのまま飲み屋さんが軒を連ねる繁華街へと向かったのでした。

【食べた&飲んだもの】
・屋台餃子 1人前
・らーめん 1/2人前
・瓶ビール 全員で5本くらい?

高知名物屋台餃子「安兵衛~やすべえ~」

『安兵衛』の餃子を再現!@higucciniさんのおうち餃子

餃子大好き@higucciniさんも、絶賛する『安兵衛』さんの餃子。さっそく、おうちに帰って作った餃子を投稿していました。
さすがのクオリティですよね!

【5軒目】3次会はオシャレなアイリッシュバーで小休憩?

箸休めといいますか、胃休めといいますか。
いったん、食べすぎ&飲み過ぎた胃を落ち着かせるために、アイリッシュバーで小休憩。ここでは、クラフトビールとグラスワインをゆっくり味わいました。

【食べた&飲んだもの】
・クラフトビール 1瓶
・グラスワイン 1杯くらい?

▲飲み物の写真がなかったので、お店の前にあった看板と同じ顔をしてくれた@gucci.tckbさんの素敵な写真を(笑)

【6軒目】次回も絶対に食べたい、日本一美味しいジェノベーゼ!

この日最後となるお店(4次会)は、@pepe39さんのお知り合いの方がオーナーをつとめる『バール・バッフォーネ』さん。日本一美味しい(そして、美しい)ジェノベーゼが食べられるお店で、1日目を締めることに。

見てください。これが日本一のジェノベーゼです!
4軒目にして、まだ食べるか!? と思う人がいるかもしれませんが、何軒目だろうと絶対に食べて欲しい! そんな熱い想いを@cao_lifeさんに代弁していただきます。

正直、ジェノベーゼをパスタ屋さんでチョイスすることがほとんどなかった私(青臭さがちょっと苦手で)😓
「日本一という評価が付くジェノベーゼなら、一度は食べておこうか…」
そのくらいの気持ちで行ったのだけれど、一口食べたその瞬間…

土下座なんかじゃ済まない、土下寝しないといけないくらいの美味しさに、度肝を抜かれた😳

違う、全然違う…
チーズ?バジル?それとも?
こんなに違うのは何の違いなの?
感動しすぎて今回の旅のNo.1🥺✨
んんんんんん…うんまーいっ‼️😋

まず、この色‼️
めちゃくちゃ綺麗なグリーン💚
提供された時、「酸化が進むので早めに召し上がってください」の一言が。
その都度作り立てのソースで作るジェノベーゼ。
まず、バジル特有の青臭さが全然無い!
それなのにすごく香りが良い!
そこにパルミジャーノやニンニク、松の実が加わっているのだけれど、材料からいうと普通のジェノベーゼだよね…
何が違ったらこんなに美味しくなるのー??🤔
食いしん坊のみんなで考えたけれど、さっぱりわからず🙃
これは再現できそうにないから、またバッフォーネに食べに来るしかない

出典:@cao_life

こんな熱いコメントを見たら、もう食べないなんて選択肢はないですよね(笑)。本当に美味しくて、私も次回訪れる時は必ず行くと決めています。

【食べた&飲んだもの】
・前菜三種盛り 2人前
・ジェノベーゼパスタ 2人前
・ゴルゴンゾーラのチーズケーキ 2つくらい?
・アルコール入り酢ミカン(ジュレップ) 2杯くらい?
※この時の柑橘は高知の特産品「直七」で。
・ワインボトル 2本くらい?
(みんなでシェア)

バール・バッフォーネ (BAR Baffone) - 蓮池町通/イタリアン [食べログ]

そして、いよいよ「大人の遠足in高知」ツアー2日目

さんざん食べ&飲みしたのに、朝からスッキリお目覚め。前日飲んだ生薬のおかげかも。

2日目、@gucci.tckbさんはご家族と合流し『桂浜水族館』へ。家族想いの素敵なパパですね。

@gucci.tckbさん以外のメンバーは、2日目も@pepe39さんアテンドのもと、朝から色々な場所に連れて行ってもらいました!

朝は健康的に!地元のマーケットへ

朝イチで向かったのは、『~池公園の土曜市~高知オーガニックマーケット』(写真上段)。
地元で採れた野菜のほか、作家さんによるクラフト雑貨、食べ歩きできるパンやおにぎりなどが出品されていました。オーガニックマーケットなので、売られているのは有機農産物や無添加の加工食品、手作り工芸品のみ。緑に囲まれた公園で、気持ちまで清々しくなります。

オーガニックマーケットで軽く朝ごはんを済ませたら、次はコーヒー屋さんです(写真中段)。
スタイリッシュな素敵なお店『Royal Niboshi coffee stand』さんでラテをオーダー。シンプルで落ち着く佇まいのお店で、朝から美味しいコーヒーでリラックス。

Niboshiって何だろう? と思い、マスターさんに名前の由来を伺ったところ、特に深い意味はなく、中学生くらいの時に名前を思いついたと教えてくれました。うーん、やっぱり気になる……。

カラフルなパッケージが目を引く写真は、ナッツ専門店の『DADA NUTS BUTTER』さん。店内でナッツをローストしているので、扉を開けるとふわっとナッツの香りが広がる心地よいお店でした。ここでは、自分のおつまみ用にスパイシーナッツを購入。

〜池公園の土曜市〜高知オーガニックマーケット
Royal Niboshi coffee stand | Facebook
DADA NUTS BUTTER

探検隊気分が味わえる『龍河洞』に潜入

日本三大鍾乳洞の1つでもある『龍河洞』。ここは高知の観光地としても有名&面白いと教えてもらったので、行って来ました。私がこれまで行ったことのある鍾乳洞系(洞窟系)の中では、一番楽しかったです!

今回は時間もそんなになかったので、「観光コース」をチョイス。とはいえ、スタートからゴールまで、30分ちょっとはかかります!
途中、腰をかがめて歩く場所や、光の演出でライトアップされている場所、洞窟の中に流れる滝があったりと、見どころがいっぱいでした。

@higuccini探検隊長を先頭に、真っ暗い通路では声をかけあって注意を促し、疲れたと弱音を吐けばお互いに励ましあい、なんとかゴールまで到着。(これも、ちょっと大げさ……笑)

洞窟の中は寒くて、ひんやりしているはずなのに、出てきたときには汗びっしょり。昨夜の暴飲暴食がすべてマイナスになったのでは? と思う程の運動量でした。
これは、本当に面白かった。

ホームページを見ると、観光コースのほかに着替えをして本格的に探検できるコースもあったので、次回は「冒険コース」を巡ってみたいです。

国指定史蹟天然記念物 龍河洞

冷えたビール&お蕎麦で脱出祝い

『龍河洞』で汗かいた後は、冷えたビール&お蕎麦で樋口隊長とともに無事脱出を祝います。

お腹を満たした後は、お土産がたくさん買える『とさのさと』へ行き、各自調味料や野菜、お菓子など思い思いに買い物タイム。

岡山が生んだ爆買いモンスターこと@cao_lifeさんは、今回も両手がちぎれるんじゃないか? というくらいたくさんのお土産を買っていました。見ていて、気持ちよい買いっぷりです(笑)。

ここで、一緒に旅行を楽しんだメンバーとのお別れ。それぞれが飛行機やバスターミナル、一部@pepe39さんのおうちへと解散になりました。

この写真は、@gucci.tckbさんが土佐の日曜市で購入したお土産を使って作った朝ごはん。その土地の美味しいものを買って、自宅で食べる。なんか、いいですよね。旅の醍醐味です。

乾杯の数だけ”幸せ”になる、最高の遠足になりました!

今回このスタッフコラムを書きながら、「ところで何回乾杯したんだろう?」と考えたのですが、当然思い出せません。確実に、乾杯の数だけ”幸せ”になっていったなって事はハッキリ言えるんですけどね!

この旅で知った食材や、料理など、もっともっと日本の美味しいを見つけたい。
それをもっともっとたくさんの人に発信していきたい。
そして、全国にいるインフルエンサーさんにも会いたい。
と強く思った旅になりました。

ご一緒いただいたみなさん、本当にありがとうございました!
また(絶対)行きましょう~!!

関連記事:

【編集部スタッフコラム】ずぼらで飽き性な私が毎日お弁当を作れる理由
【編集部スタッフコラム】世界を旅して出会ったとっておきごはん・北欧編Part1
【編集部スタッフコラム】レジェンドと巡る、高知食い倒れツアー!前編
ワイン ビール チーズケーキ 餃子 パスタ ラーメン ご当地グルメ
記事に関するお問い合わせ