【イタリアマンマのおうちごはん】心も身体もほっこり温まる「ミネストローネ」

年末年始はおいしいものをたくさん食べて、ちょっぴり胃腸がお疲れ気味という方も多いのでは?そんな方にもおすすめ、胃腸にやさしく、心も身体もほっこりと温まるスープレシピを緒方美智子さん(@michiko_ogata_viafrua)に教えていただきました。本場イタリアではお馴染みのアレンジレシピも必見です!

お疲れ気味の胃腸にやさしいスープ

Ciao! !
料理家の緒方美智子(@michiko_ogata_viafrua)です。

先日は初雪も降り、本格的な冬のシーズンとなりましたね。

クリスマス、年末年始と何かと食べる機会が続き少し、胃もお疲れ気味では? 
そんな時におすすめなのが「ミネストローネ」です。

野菜とお豆と塩だけでつくるシンプルなイタリアのミネストローネは、心も身体も温まる、そして胃腸にやさしいひと皿です。

材料は地域や家庭によって様々ですが、玉ねぎ、人参、セロリ、ブロッコリーやカリフラワー、ズッキーニ、キャベツやカーボロネーロと呼ばれる黒キャベツやトマト、豆類などを煮ます。

ミラノの伝統的なミネストローネは、「Lerdo ラルド(豚の背脂を塩漬けし燻製にしたもの)」と「Risoリゾ(お米)」を加えるコクのある仕上がりになります。

イタリア家庭では、大抵乾燥豆を使い、一晩水で戻してから野菜と1時間ぐらい煮込むのですが、今回は手軽にできる水煮の豆を使い、半分の時間で出来上がるミネストローネをご紹介します。

もちろん、コンソメの素などは使わず、調味料は塩だけ。野菜の旨味と甘味、そして煮豆の塩味で手軽においしく出来上がります。

一回で3度楽しむミネストローネ

イタリア人はミネストローネを作ったら、バリエーションを変えて3回楽しみます。

1日目のミネストローネは、おいしいエキストラヴァージンオリーブオイルをかけるのがお約束。パルミジャーノをかけてもとってもおいしい!

2日目は、茹でたショートパスタを加えてボリュームのあるひと皿に。(食べる分だけのミネストローネにパスタを加えます)

3日目は、ミネストローネをブレンダーにかけて「Vellutata ヴェッルタータ」と呼ばれるポタージュのようにして楽しみます。

材料(4人分)

【A】
・じゃがいも……大1個または小2個
・にんじん……1本
・ズッキーニ……1本
・玉ねぎ……1/2個
・セロリ……1/2本
・カリフラワー……1/2個
・ミニトマト……5~6個

・白インゲン豆(水煮)……150g
・塩……小さじ1
・エキストラヴァージンオリーブオイル……大さじ2
・パルミジャーノチーズ……適量
・胡椒……適量

作り方

1. Aの材料をすべて1~1.5cm大に切る。

2. オリーブオイルで玉ねぎを透き通るまで炒めたら、セロリ、にんじん、ズッキーニも加えてさっと1分ほど炒める(弱火~中火)。

3. カリフラワーを加え軽く炒めたら、ミニトマトと白いんげん豆を加えてさっと混ぜる。

4. 野菜がひたひたになる程度に水を加えて塩を入れる。蓋を少しだけずらした状態で約20分弱火で煮る。
※途中、水分が減ったらしっかり蓋をする。

5. 時間が経ったら味見をして調整する。
※パルミジャーノチーズをかける場合は少し薄味でちょうど良い。

6. お好みでエキストラヴァージンオリーブオイルやパルミジャーノ、胡椒、イタリアンパセリのみじん切り(分量外)をかける。

2日目:パスタを加える

材料

・ミネストローネ……適量
・ショートパスタ……30g/人

作り方

1. ショートパスタを塩を加えた湯で表示時間通り茹でる。

2. ミネストローネを温めておく。茹で上がったパスタを加える。パスタの茹で汁もお玉1/2杯分加え少しだけ煮る。

3. 器に盛り、お好みでエキストラヴァージンオリーブオイル、パルミジャーノ、黒胡椒する。

3日目:ヴェッルタータにする

作り方

1. ミネストローネを温めてブレンダーにかけてポタージュ状にする。

2. お好みでエキストラヴァージンオリーブオイルと黒胡椒をかける。

寒い日はおうちでほっこり温まりましょう

野菜は早く煮えるように同じ大きさに切るのがポイント。水煮の豆には塩味が付いているので、塩を加える時は気を付けましょう。

野菜や豆は崩れやすいので炒めすぎないように、また水を加えてからかき混ぜ過ぎないようにし
てくださいね。

フォカッチャやチャバッタやバケットなどと一緒に食べるのもおすすめです。

寒い時はおうちのミネストローネでお腹も気分もほっこり温まりましょう。
ボナペティート♪

緒方美智子(@michiko_ogata_viafrua)| Instagram

「イタリアマンマのおうちごはん」コラムのバックナンバー

【イタリアマンマのおうちごはん】夏に食べたい「トマトのブルスケッタ」
【イタリアマンマのおうちごはん】夏のおもてなしに「ズッキーニのスカペーチェ」
【イタリアマンマのおうちごはん】「栗とプルーンの生ハムボッコンチーニ」
【イタリアマンマのおうちごはん】秋の夜長のチーズのお供に「赤玉ねぎのジャム」
【イタリアンマンマのおうちごはん】「サーモンクリームのタルティーニ」
【イタリアマンマのおうちごはん】心も身体もほっこり温まる「ミネストローネ」

【イタリアマンマのおうちごはん】心も身体もほっこり温まる「ミネストローネ」

Share this