トマトをマリネするとこんなにも楽しい。

トマトをマリネするとこんなにも楽しい。

8月はトマトの旬で、トマトの季節。こんなにもトマトがおいしいのは夏限定。トマトは生でも焼いても、煮ても、本当に守備範囲の広い食材。そんな万能野菜なトマトですが、今回はマリネにピックアップ。皆さんもマリネしましょう!

フルーツ感覚で食べられる、トマトマリネの魅力

簡単に作ることができるマリネ。皆さんは普段どんな物をマリネしていますか。いつもしているという人も、したことがないという人も、マリネと言えばトマト!という人も多いはず。今が旬のトマトを使ってぜひぜひトマトマリネを作ってみよう!

#とりあえず野菜食 として、トマトマリネは優秀レシピ

トマトマリネはとりあえず料理としても大変優秀です。第一に作るのが簡単。ハチミツなども加えれば甘くて子どもも食べやすいし、栄養面ではトマトと言えば、やっぱりリコピンがすごい。
抗酸化作用が高いので、生活習慣病全般にオススメで、血管、血液の酸化を予防し、動脈硬化を予防してくれます。ある程度のことはトマトに任せておいて良し、と言っても良いかもしれません。
そして、胃の消化を助ける効果もあるので夏にぴったりの料理でもあります。

基本のトマトマリネは、食卓の副菜として!

ベーシックなトマトのマリネ。上で書いた通り、トマトの栄養をたっぷり食べたいという人に一番便利で簡単なオーソッドックスなレシピ。テーブルに登場する回数もこれがやっぱり一番多いはず。

材料

トマト(ミニトマトでもなんでも可) 2個
酢 大さじ2
オリーブオイル大さじ3
塩 少々
こしょう 少々
ハチミツ 適宜(入れなくても可)※僕は入れない事が多い。

作り方

1. トマトを湯通しして皮をむく。
2. 食べやすい大きさに切る。
3. すべての材料をボウルで合わせ、和える。味を見ながら塩加減を調整する。

トマトマリネに桃を加えて、スイーツ風マリネに!

次は、桃などの旬のフルーツを加えてフルーツマリネに変身させてみましょう。桃の甘さが本当に美味しくて、知らず知らずのうちにトマトも食べてしまいます。トマトが苦手な人や、進んで食べない子どもにも良いかもですね…?

材料

トマト 大1つ 
ミニトマト 5つ
桃 1個
ブルーベリー 少し
酢 大さじ2
オリーブオイル大さじ4
塩 少々
こしょう 少々
クリームチーズ スプーン3杯くらい

作り方

1. トマトと桃を湯通しして皮をむく。
2. 両方とも食べやすい大きさに切る。
3. マリネの材料をボウルで合わせ、トマト、桃、ブルーベリーを加えて和える。味を見ながら塩加減を調整する。
4. 器に盛りつけ、最後にクリームチーズをのせて、バジルを散らす。

冷製トマトパスタにもアレンジ!

最後に冷製パスタにトマトマリネをアレンジ。
基本のトマトマリネに焼いたパプリカや、焼いて皮を剥いたナスなどを入れればそれだけでパスタソースに変わります。(塩加減も変えるけどね!)
今回はあえて普通の太さのパスタで作ってみましたが、エンジェルパスタと呼ばれる細いパスタとの相性の方が冷製パスタは良いと思います。
ぜひぜひ作ってみてくださいね!

材料

トマト(ミニトマトでもなんでも可) 2個
パプリカ 半分
ナス 1本
パスタ 80~100g

酢 大さじ1
オリーブオイル大さじ3
塩 少々
ニンニク 1かけ(チューブなら1.5cm)

作り方

1. トマトを湯通しして皮をむく。
2. パプリカ、ナスを焼き、皮を剥く(パプリカは向かなくても良い)。
3. トマト、パプリカ、ナスをそれぞれ食べやすい大きさに切る。
4. 大きなボウルに酢、オリーブオイル、ニンニク、塩を入れ、トマト、パプリカ、ナスを良く和える。
5. 沢山の水を入れた鍋を沸騰させ、塩を加えてパスタを茹でる。
6. 茹であがったパスタをすぐに冷水でさまして、オリーブオイルを少しかけて馴染ませて、4で作ったマリネに合わせる。
7. お皿に盛りつけて、バジルをのせたら完成。

いかがでしたでしょうか?
色々なアレンジができ、簡単で、健康にも良いトマトマリネ。皆さんもぜひぜひ作ってみてくださいね!

インスタグラム @utosh
レシピ 簡単 とりあえず野菜食 夏野菜 トマト パスタ マリネ
記事に関するお問い合わせ