【食べチョク生産者に聞く!直伝レシピ】ミニトマトのペペロンチーノ風ソテー

夏の食卓には欠かすことのできない野菜「トマト」。今回は夏野菜の王様ともいわれるトマトをおいしく味わうべく、生産者さんおすすめの直伝レシピを教えていただきました。トマトの甘みがぎゅっと引き立つお子さんたちにも大人気のレシピ!大人はおつまみにもおすすめです。食べチョクさんとのコラボでお届けします。

夏野菜の王様「トマト」

今の季節においしい野菜といえば「トマト」
生で食べても、火を通して食べてもおいしく、真っ赤な見た目からも元気をもらえますよね。

今では、一年中スーパーなどで手に入れることができる野菜となりましたが、日本での露地栽培の旬は6月~8月。夏野菜といえばトマト!というイメージを抱く方も多いはず。

本来トマトは高温多湿に向いていないため、実は味的に最もおいしい時期は春から初夏の時期と秋なんだそう。
ということは、今もおいしいトマトたちは、秋になるとますますおいしくなっちゃうということですね! まだまだトマトを楽しめる時期が続くなんて嬉しいなぁ~。

ということで、今回は今まさに旬の時期を迎えているトマトのおいしい味わい方について、生産者さんに直々に教えていただきました。

生産者から直接食材が購入できる産直通販サイト「食べチョク」 さんとのコラボレーションでお届けします。

レシピを教えてくれる生産者さんは

miuトマトの飯田農園

今回ミニトマトのとっておきレシピを教えてくださったのは、有機栽培で日本一おいしいミニトマトを目指す「飯田農園」のみなさん。

愛知県名古屋市と一宮市にて、唯一の有機JAS認証農家として幻のトマトと言われる有機栽培高糖度ミニトマトを栽培しています。

miuトマト 飯田農園

安心安全!ホンモノのオーガニックミニトマト

飯田農園の園主さんが農業を始めたのは2010年。
元々はサラリーマンとしてお勤めでしたが、お子さんが先天性の病気を持って生まれたことがきっかけとなり、お子さんに安心できる野菜を食べさせたいとの思いで脱サラして就農されたんだそうです。

だからこそ、有機栽培には徹底的にこだわり、ホンモノのオーガニックミニトマトを栽培しています。化学農薬、化学肥料を一切使用せず、審査基準の厳しい「有機JAS認証」を取得。安心安全なオーガニックミニトマトのみを大切に育てています。

ちなみに、トマトの栽培を始めたのは、ご自身の大好物だったからだそうです!

袋培地栽培

飯田農園では、大型の袋に有機肥料を混ぜた土を入れて苗を植える「袋培地栽培」と呼ばれる農法でトマトを育てています。

根域を制限することで、成長して伸びた根が袋から出たくても出られないという負荷を与えます。

この根域制限の負荷と厳格な水分量の調整によって、次世代に栄養を残すべく実の方に栄養がしっかりと届くようになり、より甘くおいしい唯一無二のトマトになるんだそうです。

海の恵みを蓄えた真っ赤な高糖度トマト

飯田農園では、化学肥料を一切使用せずにミニトマトを栽培しています。栄養分としては、カツオとコンブが主体の米ぬか肥料を与えているとのこと。

海の幸を肥料にしているので、栽培しているミニトマトの名前は『miu(みう)トマト』。海(うみ)を逆さにして名付けたんだそうですよ。

有機栽培で日本一おいしいミニトマトを目指して、日々大切に育てていらっしゃいます。

【直伝レシピ】ミニトマトのペペロンチーノ風ソテー

さて、そんなミニトマトをおいしくいただくおすすめのレシピとは?

飯田農園さん直伝のレシピは、トマトの甘みが引き立つペペロンチーノ風のソテーです。

こちらのレシピは、昔から飯田農園さんのお客様で、今では飯田農園さんのシェフとしてメニューを開発したり展示会も手伝ったりしているというJuJuさんから教えてもらったレシピなんだそう。

トマトがたくさんあるときに一気に消費できるレシピなので、農家さんとしてもとても助かるレシピだそうです。火を通すことでトマトの甘みが引き立ち、生のトマトよりもお子さんたちもたくさん食べてくれるそうですよ!

もちろん、大人たちのお酒のお供としてもおすすめのおいしさです。

材料(2人分)

・ミニトマト……15~20個前後
・にんにく……1/2片
・鷹の爪……1本
・オリーブオイル……大さじ2
・塩こしょう……少々
・パセリ……適量

作り方

1. 鷹の爪は種を取り除き輪切りに(キッチンハサミを使って)、にんにく、パセリはみじん切りにする。

2. ミニトマトはヘタを取り除き、洗って水気を拭き取る。

3. スキレットまたはフライパンにオリーブ油、ニンニク、鷹の爪を加え火にかける。

4. 香りがしてきたらミニトマトを加えしばらく炒め、塩、こしょうで調味する。

5. 刻みパセリを散らしてできあがり!

トマトの甘さにびっくり!!

一口食べて、トマトの甘さに驚きました。

生で食べても十分甘いトマトですが、加熱することでさらに甘さが増し増しに。口に入れた瞬間にじゅわ~っと熱々のトマトの汁が口の中に広がるのですが、その味わいの濃いさがすごい! にんにくの風味も加わって、やみつきのおいしさでした。

今回のレシピで使ったミニトマトは

飯田農園の『miuトマト』

愛知県でトマト農園を営む飯田農園さんが育てた有機栽培の高糖度ミニトマト『miuトマト』

写真でもトマトの色の鮮やかさがよくわかりますよね! 真っ赤で張りがあって、もう見るからにおいしそうでしょ??

生でそのままいただいてみたら、味が濃くてジューシーで、思わず「旨~~っ!」となりました(笑)。

1年を通して糖度は8.5以上を保証して出荷しているとのこと。

新鮮で甘くて元気になる飯田農園の『miuトマト』。年間を通して味の変化を楽しむのもおすすめとのことなので、トマト好きの方はぜひ一度そのおいしさを体感してみてくださいね!

食べチョク

1番人気★有機栽培で日本一おいしいミニトマトを目指す飯田農園の《秀甘》オーガニック高糖度ミニトマト 幻のmiuトマト1000gパック🍅

価格:2,776円(税込)

※送料別

購入はこちら

▼飯田農園さんのmiuトマトは、食べチョクサイトにて販売中!

miuトマトの飯田農園へのレビュー・商品:愛知県|食べチョク|産地直送(産直)お取り寄せ通販 - 農家・漁師から旬の食材を直送

▼こちらの記事でご紹介したレシピは、食べチョクサイトでも紹介中!

ミニトマトのペペロンチーノ風ソテー【大量消費】|食べチョク|産地直送(産直)お取り寄せ通販 - 農家・漁師から旬の食材を直送

関連記事:

【食べチョク生産者に聞く!直伝レシピ】ケールのポタージュスープ
【食べチョク生産者に聞く!直伝レシピ】水分豊富で甘々な新玉ねぎは生でサラダに!
【食べチョク生産者に聞く!直伝レシピ】アスパラガスのフリッター
【食べチョク生産者に聞く!直伝レシピ】ほうれん草とポテチのツナサラダ
【食べチョク生産者に聞く!直伝レシピ】ミニトマトのペペロンチーノ風ソテー

【食べチョク生産者に聞く!直伝レシピ】ミニトマトのペペロンチーノ風ソテー

Share this