出典 : @kakkiy_man 【ハロウィン柿】食べられるジャック・オ・ランタン「ハロウィン柿」を作ってみよう

【ハロウィン柿】食べられるジャック・オ・ランタン「ハロウィン柿」を作ってみよう

今、TVや新聞で話題になっている「ハロウィン柿」をご存知ですか?ハロウィンが近づいてくるこの季節、かぼちゃではなく柿をジャック・オ・ランタンに見立てて作ったのがハロウィン柿。お子さんとも一緒に出来て、ちょっとした思い出になること間違いなし。今年のハロウィンでハロウィン柿を試してみませんか?

そもそも「ハロウィン柿」ってなに?

「ハロウィン柿」とは、岐阜の特産品である富有柿に、ハロウィンの代名詞でもあるジャック・オ・ランタンの顔をモチーフにしたシールを貼った柿のこと。
このハロウィン柿は、関谷英樹(@kakkiy_man)さんの考案で、テーマパークに行った際に大量に飾ってあったジャックオランタンを見た際に「柿もカボチャと同じ色だ!」とひらめいたのが始まりなんだとか!

インスタグラム せっきーファーム Hideki Sekiya (@kakkiy_man)

【期間限定!10/31まで】ハロウィン柿を販売受付中!

関谷さんが運営する「せっきーファーム」では、ハロウィン柿セットを2017年10月31日まで販売されています。岐阜県産の富有柿が入った箱の中に顔シールが同梱されて送られてきますので、届いたら柿にシールを貼って飾るだけ!小さいお子さんも一緒に、簡単に作れますし、飾り終わった後は美味しく食べていただけます。

ハロウィン柿の購入はこちら(せっきーファーム)

ハロウィン柿で復興支援!?

実はこのハロウィン柿、購入することで東日本大震災の復興支援の力になるんです。
ハロウィン柿の売上の一部がハロウィン柿1個に引き換えて 被災地の子供達にプレゼントされます。
美味しい柿を食べて、復興支援も力にもなれるのだからとても素敵なプロジェクトですよね!

柿でハロウィンの飾り付けをしよう!

せっきーファームさんのハロウィン柿の購入が間に合わない!という方は、スーパーなどで手に入る柿を使って、ハロウィン柿を作ってみましょう。

お子さんと一緒に作れば、楽しいハロウィンの思い出になるのでは?
今回はハロウィン柿のオススメの楽しみ方をご紹介します。

シールでさまざまな表情を作ってみる

シールを巧みに使うことで、悲しい顔、嬉しい顔など、さまざまな表情を作ることができます。
作る人によって、それぞれの味のある顔になるのでいろんなシールを組み合わせて作ってみたいですね。

100円ショップの小道具を使ってみる

シールだけでは物足りない、と思っている方は、100円ショップに置いているハロウィンの小道具と組み合わせれば、ゴージャスな雰囲気のハロウィン柿が作ることができますよ!
100円ショップでは、さまざまなハロウィンの小道具が売っているので、ジオラマ風に飾ることも!

上手く顔が決まらないときは……

シールだけでは、思っていた顔にならない……という方には、マジックペンで顔を描いてみるのも良し!
より凝った顔に仕上げてみたり、好きなキャラクター風の顔や自分の似顔絵なんかも面白いですよ。

ハロウィン柿でお手軽ハロウィン♪

ハロウィンの飾りとして使った後は、美味しくいただけるのもハロウィン柿の魅力の一つ!
まだハロウィンの準備を考えてない人や、今年のハロウィンはおうちで過ごそうとしている方は柿を使って手軽にハロウィンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事:

柿酢を仕込んでみませんか?おうちで出来る簡単レシピをチェック
嫌いな人に試してほしい!柿の見分け方から柿アレンジをご紹介!
アレンジ
内容を編集部に報告する