【編集部レポ】海苔の魅力を再発見!海苔試食会に行ってきました

【編集部レポ】海苔の魅力を再発見!海苔試食会に行ってきました

海苔の老舗「山本海苔店」とフードスタイリストのマロンさんのコラボレーションイベントにおうちごはん編集部として参加してきました。海苔の食べ比べや海苔を使ったアレンジ料理のデモンストレーションなど盛りだくさんの内容で、海苔の魅力を再発見!楽しいイベントの様子と海苔の魅力をレポートします!

山本海苔店×マロン氏 海苔試食会

みなさんは普段から海苔を食べていますか?
私は海苔は好きですが、普段は料理にはあまり使っておらず、おにぎりやトッピングに使う程度でした。今回おうちごはん編集部が取材に伺ったイベントは、嘉永2年創業の海苔の老舗「山本海苔店」とフードスタイリストのマロン氏がコラボレーションし、「インスタ映え」をテーマに開催した海苔の試食会です。海苔を使った料理にわくわくしつつ、マロンさんに会えることを楽しみに取材させていただきました。

海苔に含まれている栄養素のことや海苔の作り方など、今回新たに知ることができた海苔の魅力や情報と共に、イベントの様子をご紹介します。

イベントは山本海苔店専務取締役の山本貴大さんとマロンさんのトークセッションからスター。普段はなかなか知り得ないような海苔の情報を、軽快なトークで盛り上げながら説明してくださいました。

せっかくなのでお話の中で私が知り得た情報の中から、みなさんにもお伝えしたい内容を5つご紹介したいと思います!

【1】山本海苔店は味付け海苔のパイオニア

今や一般的になった味付け海苔ですが、なんとこの味付け海苔を最初に作ったのは山本海苔店なんです。明治2年、明治天皇の京都還幸のお土産のご下命を受けて、悩みに悩んで創案されたのが『味附海苔』。そしてこれをきっかけに、宮内省御用達の栄を賜ったそうです。

【2】海苔には三大うま味成分がすべて含まれている!

海苔の美味しさの秘密は、うま味成分と言われる三大成分がすべて入っていること。昆布のうま味(グルタミン酸)、かつおぶしのうま味(イノシン酸)、しいたけのうま味(グアニル酸)をすべて含んでいる天然食品は、海苔以外にないそうです。ということは……料理に海苔を入れれば、うま味成分が加わって美味しさがアップするということですね。これはもっと積極的に海苔を使わねば!

【3】海苔は葉酸が多く含まれていて造血作用がある!

赤血球の生成を助け、妊婦さんにも良いと言われている「葉酸」。なかなか普段の食事から摂取するのは難しいと思われがちですが、実は海苔にはこの葉酸が多く含まれているんです。この情報は完全に初耳でびっくり! その含有量は、1枚の板海苔で57μg。卵2個分以上にあたるそうですよ。

【4】マロンさんの本名は「のりお」

マロンさんの本名はのりおさんだそうです。だからより一層、海苔には縁を感じていらっしゃるんだとか。海苔のイベントなのでみんなびっくりしていましたが、私はのりおさんというお名前が意外としっくりきました(笑)。

【5】海苔は焼き立てが一番美味しい

イベントでは焼き立ての海苔の美味しさを味わうべく、みんなで海苔を食べ比べ。缶から出した海苔と、焼き立ての海苔を食べ比べました。

見た目ではあまりわからないかもしれないのですが、食べた瞬間から全然違う!
そのままでも十分美味しいのですが、焼き立ての海苔は、パリパリ感と香ばしさがしっかりとあって美味しい! トースターでささっと炙るだけでもいいそうなので、ぜひみなさんもやってみてください。

マロンさん考案のインスタ映えする海苔アレンジレシピ

海苔の知識を得て食べ比べを終えたところで、今回のイベントのメインコンテンツであるマロンさんの料理デモンストレーションがスタート。海苔を使ったアレンジレシピを披露してくださいました!

お話をしながらもささっと手際よく調理。どんどん料理が仕上がっていきます。
今回のイベントでは、マロンさん考案の海苔をたっぷりと使ったアレンジ料理を3つ紹介してくださいました。

マロン風韓国ピリ辛サラダ

海苔・肉みそ・グリーン野菜・トマト・きゅうりをたっぷり使用した夏向けのピリ辛サラダ。ごま油をかけてあぶった海苔がとても香ばしく、ピリ辛のドレッシングがとても食欲をそそります。
マロンさんがデモンストレーションで手際よくささっと作ってくださったのですが、あぶった海苔と肉みそがなんとも美味しそうでたまらない香りで、思わず「おいしそ~!」の声が漏れてしまいました。お箸が止まらなくなる病みつきの味付けなので、野菜をモリモリ食べられちゃいます。

夏涼み!海苔のカラフル巻き

カラフルな野菜を海苔ときゅうりで巻く一品。きゅうりはピーラーを使って薄くスライスし、海苔・チーズディップ・リコッタチーズ・パプリカ・ディル・しその葉などをくるくると巻くだけでできちゃう手軽さですが、見た目が華やかなのでおもてなし料理としても活躍しそう。チーズディップは、クリームチーズやマヨネーズ、ガーリックパウダーなどが入っており、ちょっぴりスパイシーな味付けでした。チーズと海苔の相性がとっても良いのに加え、しそやディルがアクセントになっていて美味しかったです!

初夏!マロン流海苔スモーガストルタ

海苔とグリーンディップ、ツナのパテを使用したスクエア型のサンドイッチケーキ。今回のイベントで登場した料理の中で、こちらの料理が一番びっくりしました。仕上がりの豪快さや盛り付けなど、全てがマロンさんのクリエイティブな発想から生まれていて、今回のテーマである「インスタ映え」にもぴったり。参加されたみなさんからも歓声が上がっていて、テーブルに並べると一気に華やかさがアップしました。具材をお好みでアレンジしても楽しそうなので、パーティーなどで色々アレンジしながら作ればみんなから喜ばれそうですね!

毎日のごはんに海苔を取り入れよう

出来上がった料理の写真を撮り、試食したところでイベントは終了。

海苔はちょっぴり地味な食品ですが、美味しくて栄養もたっぷり、料理にもアレンジしやすく様々な食材との相性も良いということで、今回のイベントを通して新たな魅力を発見することができました。
マロンさんのアレンジ料理も参考にしながら、みなさんもぜひ毎日のおうちごはんに積極的に海苔を取り入れてみてください!

山本海苔店さん、マロンさん、ありがとうございました。

山本海苔店について

嘉永2年の創業時から「海苔ひとすじ」を守り続け、現在は六代目山本德治郎社長が初代からの意思を受け継ぎながらも海苔の新しい可能性を追求し続けている。

海苔ひとすじ | 株式会社山本海苔店 公式オンラインショップ | TOPページ

フードスタイリスト マロンさん プロフィール

長崎県生まれ佐賀県育ち。大阪あべの辻調理し専門学校を首席で卒業し、調理研究家、インテリアスタイリストのアシスタントを経験後、1983年に日本でのフードスタイリスト第1号として独立。独自の感覚で『魅せる』ハイセンスなスタイリングを武器に雑誌、書籍、テレビ、ラジオなど多くのメディアや全国のイベント・講演会で活躍中。「美味しい料理」「食の楽しさ」「食=健=美」を広く提案し続けている。

現在は新たなビジネスコンテンツとして、「Digital Kitchen」をプロデュース。シェフでも、ただの料理研究家でもない、オンリーワンな食のエンターテイナーとしてダイナミックに躍進中!

プロフィール | マロン オフィシャルサイト
Digital Kitchen - ホーム | Facebook

関連記事:

巻き簾なしで簡単に作れる「コマキンパ」を作ってみない?お弁当にもおすすめ
ワインに合う海苔!?「ハーブ香る海苔 バジル20」が気になる!
湿気った海苔もおいしく消費!毎日使える活用レシピ5選
アレンジ イベント 海苔 レポート 取材
記事に関するお問い合わせ