【編集部の思い出づくり】奇跡のミックスホルモン「丸福ホルモン」で今宵も乾杯!

【編集部の思い出づくり】奇跡のミックスホルモン「丸福ホルモン」で今宵も乾杯!

おうちごはん編集部が食べてみたかったものをお取り寄せする「編集部の思い出づくり」企画。編集部の酒担当スタッフのやんが選んだのは、群馬県のマルフクストアーが販売する「丸福ホルモン」。渋川市のご当地B級グルメ決戦で初代チャンピオンにもなった、地元の人に人気のホルモンです。手軽に調理ができ、ビールやご飯がすすむ一品です!

ビールに合うおつまみを年中探しています

雲一つない青空の下でキンキンに冷えたビールをぐびっと飲み干したい。ビール党の私はいつもそう思っています。暑い夏はその気持ちも倍増。

思えば今年の夏、屋外ビールが大好きな私があまりBBQをしていないことに気づきました。ビアガーデンも一度きり。なんてこった。
というわけで、今回のお取り寄せ企画で他のおうちごはん編集部スタッフが続々と甘いものを選ぶ中、空気を読まずに酒のアテを一番に選びました。それはミックスホルモン!

地元の人に愛される人気のB級グルメ「丸福ホルモン」

今回お取り寄せしたのは群馬県渋川市のマルフクストアーが販売する「丸福ホルモン」のしょうゆ味。群馬県渋川市のご当地B級グルメ決戦で初代チャンピオンに輝いたミックスホルモンで、地元の酒飲みの間では“奇跡のミックスホルモン”と話題になり口コミで人気になった商品です。

私が丸福ホルモンを知ったのは数年前。美容室で読んだ雑誌で見かけたことからでした。商品名は覚えていなかったものの、おしゃれな女性誌で群馬のホルモンが紹介されていたというギャップとピンクの文字のパッケージがどうしても忘れられず「群馬 ホルモン お取り寄せ」をキーワードに画像検索して、ようやく巡り合えました! こんにちは!

▲丸福ホルモンしょうゆ味 650円(税込)

丸福ホルモンは、先々代が養豚業を営んでいた経緯から、先代が昭和48年にマルフクストアーを開店し、自家製味付けホルモンを開発・販売スタートされたのがはじまり。
「丸福ホルモン」とは今の代表が命名されたんだそうです。パッケージがなんだかハワイアンなのは代表がハワイ好きだから。ようやく謎が解けました。

裏面ではゆるキャラが代表の夢を代弁してくれています。私も叶ってくれることを願っています!

油をひかずに炒めるだけですぐ食卓に出せる!

早速編集部でも試食してみました。お取り寄せすると冷凍状態で届くので、食べる前日に冷蔵庫に移動させて解凍しておきましょう。

調理はとっても簡単! 油をひかずにフライパンで焦げ目がつくまで炒めるだけ。この手軽さはかなりうれしいです。

ここでいろんな部位が入っていることにお気づきの方もいらっしゃるのでは?
ミックスホルモンという名の通り、白モツ(大腸・小腸・胃・直腸)と赤モツ(タン・ハツ・レバー)の7種類が入っています。

豚さんの命をいただいているのだから、「決して無駄にはしたくない!」「食べれる内臓は全ていただこう!」
このごく当たり前の発想から、丸福ホルモンは出来ています。だから、昔ながらのミックスホルモンなんです!
運命と使命感を感じながら、毎日!丸福ホルモンを製造しています。

出典:http://www.marufukustore.com/contents/history/

加熱して10分ほどでしょうか。部屋中にいいかおりが充満して、ホルモンに焦げ目がついてきたら出来上がりです!

あつあつのうちに、ねぎをたっぷりトッピングしていただきました。

酒好きスタッフの第一声は「ビールください」。ほかのスタッフからも「臭みがなく、やわらかい!」との声が! ホルモンというと「噛み切れない」というイメージがありがちですが、全然そんなことはありませんでした。

ビールはもちろん、ご飯も進む味。もやしやキャベツなどを一緒に炒めていただくのもいいですね。
ちなみに、私はしっかり目に焼いた方が好みでした♪

丸福ホルモンってどこで買えるの?

丸福ホルモンは公式オンラインショップにて購入が可能です。
今回お取り寄せしたしょうゆ味の他に塩味や、塩レバーや塩カシラなどの部位別の商品もあります。

ちなみに、群馬県渋川市でマルフクストアーが運営する店舗『赤城のホルモン屋』では丸福ホルモンの製造直売をしているだけでなく、イートインスペースがあり焼きたてのホルモンが食べられます! お近くに行かれた際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

私は次は、丸福ホルモンの塩味をお取り寄せしてみようと心に決めたのでした。

オンラインショップ | 赤城のホルモン屋|有限会社マルフクストアー

関連記事:

【編集部の思い出づくり】夏が詰まった「夢花火」でおうちで夏祭り気分
【編集部の思い出づくり】夏が終わる前に食べておきたい!鹿児島名物「白熊」
【編集部の思い出づくり】リッチな「生チョコタルト」で頑張った自分にご褒美を
【編集部の思い出づくり】ここにしかない味わい!専門店が作る究極のバターサンド
【編集部の思い出づくり】冷凍なのにふっくら!甘党にはたまらない生クリームサンド
お取り寄せ 肉料理 簡単おつまみ
記事に関するお問い合わせ