冷え症でお悩みの方へ。「ハーブのお酒」を使った温活ドリンクのすすめ

冬だけでなく、暖かい季節でもカラダの冷えに悩む方が増えています。そこで今回は養命酒製造株式会社から発売されている「ハーブのお酒」を使って気軽にできる温活をご紹介。簡単に作れる温活ドリンクで、おいしく楽しく温活を始めてみませんか?

「ハーブのお酒」をおいしく飲める!簡単温活ドリンクレシピ

ハーブ料理コンシェルジュ・小早川愛氏がおすすめする「ハーブのお酒」にひと手間加えた簡単レシピをご紹介します。

まだまだ朝晩は冷える時期。お湯割りした「ハーブのお酒」にフルーツやスパイスをプラスし、ホットサングリアのような感覚で楽しめます。

「夜のやすらぎハーブの恵み」× シナモン × オレンジ

シナモンを含むハーブ15種とあんず果汁で仕上げた「夜のやすらぎハーブの恵み」は、お湯と1:1で割ってからオレンジを足すことで、柑橘系の爽やかさが加わり、さらに癒しの香りがアップします。

最後に、お好みでシナモンパウダーやシナモンスティックを加えてどうぞ!

「生姜のお酒」× 生姜 × キウイ × ローズマリー

「生姜のお酒」に配合されているローズマリーにフューチャーしたアレンジ手法。

生姜とローズマリーの組み合わせは地中海スタイルとしても定番なんだとか。
チューブの生姜を少し溶かした後、ビタミンCや食物繊維たっぷりなキウイを加えることで遊び心やヘルシー感が演出されますよ。

「高麗人参酒」× オールスパイス × 柿

甘くて爽やかな香りをもつオールスパイスと、上品でこっくり感のある柿を「高麗人参酒」にプラス。

すっきりスパイシーでいながら「高麗人参酒」ならではの黒糖蜜やリンゴ果汁の甘味とコクを引き立てます。お好みでライムを入れても◎

「はちみつのお酒」× イタリアンパセリ × 柚子

完熟蜂蜜の風味が楽しめる「はちみつのお酒」ですが、はちみつと相性のよい柚子を加えることで、爽やかで落ち着く和テイストな柑橘の香りがプラスオン。

また、ビタミンCたっぷりのイタリアンパセリを加えることで緑色のアクセントと共に、さらにすっきりした印象となります。

「ハーブのお酒」とペアリングを楽しめる鍋レシピ

「夜のやすらぎハーブの恵み」に合わせるとおいしいおすすめ料理レシピをご紹介。

南フランスの定番料理・ブイヤベースをアレンジしたハーブ鍋は、「夜のやすらぎハーブの恵み」と相性抜群です。ぜひ鍋にもハーブを添えて召しあがってみてください!

トマトと魚介のハーブ鍋

材料

・魚介類(たら、海老、あさり、かに等)
・野菜(パプリカ、トマト、白菜、ねぎ、人参、椎茸等)
・鍋料理に適した具材(豆腐等)
・ハーブ(ルッコラ、バジル、パクチー等)
・トマト缶・白ワイン
・水
・にんにく
・オリーブオイル
・塩胡椒

作り方

1. 野菜・魚介類・その他具材は鍋に入れやすい大きさに切る。

2. 鍋にオリーブオイルでにんにくを炒め、白ワイン、水・塩胡椒・トマト缶を入れる。

3. 野菜・魚介類・その他具材を入れ、蓋をする。

4. 具に火が通ったら最後にハーブを入れて出来上がり。

レシピ監修者:ハーブ料理コンシェルジュ 小早川愛さん

『マツコの知らない世界 』 に出演経験のある、ハーブ農場の営業マンであり、お料理にハーブを活用する方法を伝えるハーブ料理コンシェルジュ。

自身のハーブ料理レシピ本『作って、食べて、満たされて私を幸せにするハーブレシピ』は Amazon 電子書籍で発売中。

メディカルハーブコーディネーター、ハーブ&ライフコーディネーター、スパイス&ハーブ検定2級。

Instagram(@ai_kobayakawa)

「ハーブのお酒」でおいしく楽しく温活始めませんか!

これから気温が高くなってきますが、お風呂につかると、意外とカラダは冷えていることに気づきますよね。

暖かい季節でも、温活は大切です。

ハーブのお酒はリラックス効果もありますので、お休み前の一杯にもぴったりです。ぜひハーブのお酒を取り入れて、おいしくカラダを労わってあげましょう。

■情報提供元/使用商品

使用アイテム:ハーブのお酒各種

はちみつのお酒……完熟蜂蜜そのものの味わいを愉しめるよう、人工甘味料や香料はいっさい使わず、ハーブを漬け込んだお酒に、最後に蜂蜜を加える製法で仕上げています。

生姜のお酒……生姜の自然な風味を引き立たせるために、香料はいっさい使わずトウガラシやチンピなど12種類のハーブと蜂蜜を調合。ピリッと効いた辛みと厚みのある風味とコクをお愉しみいただけます。

夜のやすらぎハーブの恵み……ハーブの美味しさをそのままに。香料や着色料は一切使わず、15種類のハーブとあんず果汁を絶妙に調合してお酒に漬け込み生まれた自然の風味は、おやすみ前にぴったりです。

高麗人参酒……「滋養の王様」乾燥高麗人参、蒸し高麗人参、エゾウコギ(シベリア人参)の3つの人参を中心に15種類のハーブをお酒に漬け込みじっくり成分を抽出。高麗人参がしっかりながら、養命酒製造独自の特許製法でクセを抑え、すっきりスパイシーでキレのある味わいに仕上げています。

情報提供元:養命酒製造株式会社

養命酒製造のハーブのお酒|養命酒製造株式会社

関連記事:

ハーブが主役!おかし男子が作る カンタンひんやり爽やかスイーツ4選
自作オイルで料理を楽しもう!あると便利な「ガーリックオイル」と「ハーブオイル」
育てたカモミールでお茶しちゃう?気になる育て方と収穫後の使い方
大人女子のキレイをサポート!養命酒製造から美容にうれしいアイテムが続々登場!
【ニッポンのおいしい、いただきます!】ビールの里・遠野の『ホップシロップ』
冷え症でお悩みの方へ。「ハーブのお酒」を使った温活ドリンクのすすめ

冷え症でお悩みの方へ。「ハーブのお酒」を使った温活ドリンクのすすめ

Share this