出典 : @zenb_japan

サステナブルな食生活を提案。植物を丸ごと味わえる「ZENB」ブランド誕生

食品メーカー「ミツカン」から、環境負荷の少ないサステナブルな食生活のため、自然の恵みを全部ムダなくいただくことが必要であるという想いから誕生した「ZENB」ブランド。本来は捨てている植物の皮や種、芯も可能な限りまるごと使う、新しい技術によって素材本来の味わいを引き出し、人や環境に負荷をかけない商品が開発されました。

ウェルビーイングな食生活を提案する「ZENB」ブランド

2018年、お酢が有名なミツカンは、今後10年、20年後の世界の人々の食生活にどうすれば貢献できるかを考えて「ミツカン未来ビジョン宣言」を発表。

10年先の未来を考えた中で、事業活動そのものが、環境、社会、食生活への貢献につながることを実現するため、様々な分野のプロフェッショナルと共に行う取り組み「ZENB initiative」が始動しました。

ZENB イニシアティブ -「食べる」のぜんぶを、あたらしく

食が取り巻く環境が抱える3つの課題に取り組む「ZENB initiative」

【1】自然環境への負荷を減らす、あたらしい「サステナビリティ」

【2】素材そのもののおいしさを引き出す、あたらしい「おいしさ」

【3】カラダに負荷をかけない食生活への、あたらしい「健康」


地球の未来を考えながら、「食べる」をもう一度、見つめ直していく。そんな想いから、「ZENB initiative」の取り組みはスタートしました。

その想いから生まれたのが、今回ご紹介する、まるごと野菜を使った「ZENB」です。

「食べる」のぜんぶを、あたらしく。「ZENB」誕生

食の環境を見つめたとき、植物の果たす役割はきわめて重要。しかし、その植物もすべてを食べているわけではなく、その一部は食べずに捨ててしまっているのが実態です。

私たちが当たり前のように捨てている部分にも、じつは多くの栄養が含まれているのではないか?

捨てている部分まで、ぜんぶをおいしく食べることができれば、サステナブルな食糧生産に貢献でき、人々の健康にも貢献できるのではないか?


そんなすばらしい想いから「ZENB」は開発されたのだそうです。

植物を、普段捨てている部分まで、可能な限りまるごといただく

ZENBは、植物を、普段利用している部分だけでなく、可能な限りまるごと全部使い、素材まるごとの栄養をおいしく食べることができます。

添加物に頼らない味づくり、動物性原料は一切不使用など、素材そのもののおいしさを大切にしているだけでなく、すべての原料について契約書・保証書で食品衛生法の残留農薬等ポジティブリスト制度に合致していること、担当者が現地に出向き、農地の環境や栽培管理状況をしっかりと確認するなど、原料の安心・安全も大切にしています

「ZENBブランド」商品ラインナップ

ZENB NOODLE

ほのかな豆の旨味に、もちっとした食感。

自然の恵みを無駄なく、素直においしさに変えていきたい。

そんな想いを形にした、豆だけでつくったヌードルが「ZENB NOODLE(ゼンブヌードル) 」。

ごはんやうどんに比べ、豆100%ヌードルは、食物繊維たっぷり、たんぱく質たっぷり、糖質は30%オフ※。さらに、低GIなのがうれしいポイント。

パスタ、和え麺、焼きそば等どんな料理にも自由に使える、新しい主食となり得る麺です!

※喫食時1人前当たりで比較

「ZENB NOODLE」と合わせて楽しめるソースもあります

「ZENB NOODLE」を手軽に味わうなら、ZENB NOODLEとの相性を考え抜いて作ったこだわり野菜ソース「ZENB SAUCE VEGE」との組み合わせがおすすめ。

お味は、ミニトマトの濃厚ソース、きのこのベジクリームソース、ミニトマトのアーリオ・オーリオ、きのこのベジラグーソースの全4種。

どれも動物性原材料不使用、添加物に頼らない味づくりで素材本来の旨味や香りが楽しめます。

新主食 豆ヌードル ZENB NOODLE(豆麺・豆パスタ)|ZENB(ゼンブ)公式通販

ZENB PASTE

いつもの食事にほんのひと足しするだけの「ZENB PASTE(ゼンブペースト)」は、まるごと野菜の栄養と彩りを簡単にプラスできる、超濃厚ペーストです。

原材料は、皮や芯、種など普段食べられていないけれど、栄養がつまった部分まで使ったまるごと野菜とオリーブオイルだけ
砂糖や、着色料、保存料も不使用。まるごとなので食物繊維やポリフェノールもたっぷりです。

パンに塗ったり、豆乳に溶かしてスープにしたり、いろんなメニューで手軽にまるごと野菜を楽しめます。

小さなお子さんの離乳食にも大活躍。食材をペーストにするのって結構手間ですから、アレルギー等に気をつけながらぜひ活用してみてください。

我が家の2歳の息子がいますが、トーストのジャムの代わりとしてや、温めた豆乳などに溶いて即席スープとして活用しました。なるべく時短に済ませたいときにサッと使える手軽さが魅力的と感じました。

まるごと野菜の超濃厚ペースト ZENB PASTE(野菜ペースト)|ZENB(ゼンブ)公式通販

ZENB STICK

甘すぎない、自然な甘さにザクザク食感。
“どこでだって野菜をおいしく、楽しく”そんな想いを形にしたのが、自然な味わいを大事にした野菜スティック「ZENB STICK(ゼンブスティック)」。

普段使われていない野菜の皮、芯といった、栄養が含まれている部分もまるごと使用し、 食物繊維たっぷり、ポリフェノールたっぷり。
まるごと野菜に、豆、玄米などを加え、添加物に頼らない自然な甘みに仕上げられています

毎日の朝食、夕飯前の小腹満たしはもちろん、山登りのお供にも便利なサイズです。

まるごと野菜と雑穀、ナッツの食物繊維 ZENB STICK(野菜スティック)|ZENB(ゼンブ)公式通販

ZENB VEGE BITES

ZENB VEGE BITES(ゼンブ ベジ バイツ)」は、野菜不足を感じたとき、罪悪感なくスナック感覚で食べられる一口サイズの野菜です。

普段使われていない皮や種、わたなど可能な限りまるごとの野菜をぎゅっと凝縮。

野菜に合わせてオレンジやカカオニブなどを加え、牛乳、コーヒーやお茶にもあうので、ちょっとした休息時間のお供にぴったりです。

※1袋で1日の野菜目標摂取量350gの1/3を使用。

いつでもどこでも野菜補給 ZENB VEGE BITES|ZENB(ゼンブ)公式通販

おうち時間でのランチやおやつに、より健康的な「ZENB」を取り入れてみませんか?

おうち時間の増加に伴って、食事やおやつに、より健康的なものを取れ入れたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。

野菜不足をサポートしたい方やダイエット中の方、お子さんへの食事やおやつにと、様々なシーンで活躍する「ZENB」のアイテムたち。

公式ホームぺージや公式Instagramでは、ZENBの活用レシピが満載。
ぜひ参考にして、おいしく健康的なおうちごはんに取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめレシピの特集|ZENB(ゼンブ)公式通販
Instagram(@zenb_japan)
新主食 ZENB(ゼンブ)公式通販

関連記事:

話題のスーパーフード!試したくなる「フムス」のアレンジ集
【低GI】おやつにもなる自然派甘味料「アップルソース」で糖質なんて気にしない!
野菜嫌いな方にもおすすめ!話題の新食材「ベジート」をおうちで楽しむアレンジ術
切って干すだけで旨みも栄養価もアップ!ドライベジタブルの作り方のコツと活用法
話題のスーパーフード!インドネシアの発酵食品「テンペ」はおいしくて使いやすい
サステナブルな食生活を提案。植物を丸ごと味わえる「ZENB」ブランド誕生

サステナブルな食生活を提案。植物を丸ごと味わえる「ZENB」ブランド誕生

Share this