出典 : @shinya_yamaguchi_ Main visual d00bd3a1 5210 4465 b896 1e18542317c0

のせるだけでフォトジェニック!美味しそうな写真を撮るなら卵を使うべし

「フォトジェニックなごはんの写真を撮りたい」と思いつつも、あんまり盛り付けがうまく決まらず、落ち込んだことはありませんか?私は盛り付けが超下手なのでいつも落ち込んでいます(笑)。しかし、そんな悩みとも今日でおさらば。今回は“卵”を使ってフォトジェニックな写真を撮るコツをご紹介します。

フォトジェニックな写真を簡単に撮るには…?

「フォトジェニックな写真を撮りたいけど、なかなか難しい」と悩みを持った人は少なくはないはず。私も味には自信があるのですが、盛り付けがうまくいかず、美味しさが半減してしまうこともしばしば……。しかし、“卵”をうまく使うと誰でも簡単にフォトジェニックな写真を撮ることができますよ。
今回卵を使って上手にフォトジェニックな写真を撮るポイントをご紹介します!

卵をうまく使う、4つのポイント

1. 新鮮な卵を使おう!

生卵で写真を撮るときには、出来る限り新鮮なものを使いましょう。卵は新鮮なものほど、もっこりとして美味しそうに見えます!
とっても新鮮な卵の黄身は、このPicのように持ち上げられるんです。持ち上げられると、美味しそうに見えるだけでなく、なんだかちょっぴりHAPPYな気分になれる気がします(笑)。

2. 色味が偏りがちな料理に使おう!

色味が偏りがちな料理の時には、卵を使うとポイントとなり、より魅力的なごはんに!
牛丼やカレーライス、キムチチゲなど、美味しそうな写真が撮りづらい料理の時にオススメです。

3. 黄身は半熟で!とろーり卵は無敵!

卵の魅力といえば、やはりこの黄身があふれ出てくるところ。
この黄身がトローンとなった瞬間を写真に収めると、フォトジェニックな写真になりやすいですよ。

生卵でもお手のもの。まるでアートのような写真も撮ることができます。
卵があふれ出ていると、食欲も掻き立てますよね。

4. 写真を撮るときは自然光を使おう!

朝か昼の自然光のもとで写真を撮ると、優しい光のおかげでより魅力的に!
さらに朝か昼に栄養バランスのよい卵を摂取すれば、一日のエネルギーをチャージできるので一石二鳥。
フォトジェニックな写真を撮りたいときには、出来る限り午前中の自然光のある時にチャレンジしてみましょう。

卵を使ってフォトジェニックなごはんにチャレンジしてみよう!

いつもの料理に新鮮な卵をトッピングすれば、より魅力的な料理になること間違いなし。
料理がうまく盛り付けられない人や、今日からフォトジェニックな料理の写真を撮りたいあなた、ぜひぜひチャレンジしてみてください。

インスタグラムではこんな魅力的な部活も… #たまごら部

インスタグラムでは、卵大好き人間が集まる部活「#たまごら部」という部活も!
「さすが、卵好き!」と思わざるを得ないフォトジェニックな卵料理がたくさん投稿されています。
フォトジェニックなアイデアをより知りたい!という方はぜひ参考にしてみてください♪

インスタグラムハッシュタグ #たまごら部


「#たまごら部」を紹介したおうちごはん記事もありますよ。ぜひ読んでみてくださいね。

【たまごLOVE】yuukaさんの #たまごら部 から目が離せない!? | おうちごはん

おうちごはんの最新情報はSNSをチェック!

Instagramはこちら
Facebookページはこちら

『おうちごはん』では各種SNSで最新情報や動画を発信中!Facebookではライブ動画も配信しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

たまご 卵かけご飯 卵料理 盛り付け ノウハウ フォトジェニック たまごら部
内容を編集部に報告する