出典 : @n_stitch 少しの工夫でおしゃれ度アップ、キウイフルーツの食べ方5選

少しの工夫でおしゃれ度アップ、キウイフルーツの食べ方5選

輸入品も合わせると、1年中手軽に食べられるキウイフルーツ。常にストックしているなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなキウイには、緑のキウイだけではなく、黄色いゴールデンキウイ、中が紅いレッドキウイもあるんですよ。今回は、ちょっとした工夫でおしゃれになるキウイの食べ方をご紹介いたします。

黄色いキウイは食卓もパッと華やかに

キウイは果肉が緑色だけではありません。ゴールデンキウイ、さぬきゴールドといった黄色い品種のキウイもあるんですよ。品種による違いは果肉の色だけではなく、味わいも異なります。グリーンキウイは甘みと酸味のバランスがよい味わいですが、ゴールデンキウイはトロピカルな味わいです。こちらは、@ohararaさんのゴールデンキウイを使ったサラダです。ハーブの中にあるゴールデンキウイは、食卓がパッと華やかになりますね。
メニューやその日の気分によって、お好みのキウイで楽しめます。

紅いキウイは、そのまま切ってもおしゃれ!

切ると中央が赤いキウイがあるのをご存知でしょうか?その名も“レッドキウイ”といいます。“レインボーレッド”や“瀬戸内の恵み”とも呼ばれています。このレッドキウイは糖度が高く、キウイ特有の酸味が少ない甘いキウイです。緑と赤のコレボレーションがなんとも美しい!いつものように、輪切りにして並べただけでもおしゃれになりますね。

緑のキウイも!盛りつけ方を工夫するとグンとおしゃれに

クルっとくり抜いて

こちらは、アイスの実ならぬ、“フルーツの実”!くり抜きスプーンでクルっとくり抜いただけです。お皿に並べてもちょこんとかわいく、くり抜いた器に入れてもおしゃれですね!
@magenta0426さんは、ドラゴンフルーツをくり抜いた器に盛りつけたそうですよ。ドラゴンフルーツ以外にも、パイナップルやアボガドでもできそうですね。おもてなしに出てきたら、「すごい!」なんて歓声も上がりそうです。

薄く切ってブーケに

バラの形をしたアボガドやポテトなど、よく見かけるようになりましたね!もちろん、キウイでもできます。キウイを薄くスライスにして交互に巻いていけばバラキウイの完成です。
グリーンキウイだけでも、食べるのがもったいないくらいにおしゃれですが、最初に登場したゴールデンキウイも一緒に盛りつけると、さらに華やかになりますね。
フルーツの盛り合わせにちょっと乗せると、甘いものが苦手な方への誕生日やお祝い事にも喜ばれそうです。

意外?フルーツ以外のキウイの食べ方

実は、キウイはソースにも最適なんですよ。色が鮮やかになったり、特有の酸味がさっぱりとした味わいにしてくれます。それだけではなく、キウイにはもう1つソースに最適な理由があります。それは、お肉を柔らかくジューシーにしてくれること。キウイに含まれている酵素が、お肉のたんぱく質を分解してくれるので、固いお肉でも美味しく食べやすくなります。脂肪分が少ないお肉はさっぱりといただけますが、固くてパサパサしていますが、キウイがあると、さっぱりしながらも美味しくいただけますね。

安い牛ステーキ肉をおいしく食べる方法 by *みぃた* [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが261万品

いつも楽しめるからこそ、試したいキウイ

いかがでしたか?今回は、キウイの品種の紹介と一緒におしゃれな食べ方をご紹介しました。1年を通して食べられるからこそ、食べ方、盛りつけ方、フルーツ以外にお料理として、バリエーション豊富に楽しめますね。ぜひ、いろいろなキウイをお試しくださいね。

盛り付け スタイリング 飾り切り キウイ
記事に関するお問い合わせ